【目次】

大人の毛穴悩みは「たるみ」が原因!


\美容皮膚科タカミクリニック 医師 本田えりさんに聞きました/

本田えりさん
美容皮膚科タカミクリニック 医師
(ほんだ えり)スキンケア指導も含めた診察が人気。

ー30~40代では特に、どのような毛穴悩みが多いのでしょうか?

「いちばんは、毛穴のたるみですね。30~40代は、若い頃に比べて皮膚の新陳代謝が低下し、角質層の生成がうまくいかずに毛穴が開きっぱなしになりがちです。それが進行して、たるみになってくるんです。鼻に特化すると、黒ずみと開きがミックスしたお悩みが多いですね。これまでにどのようなスキンケアをしてきたかということが、肌の変化となって如実に現れてくるのが40代前後です。加えて、たるみやシワといったエイジングのお悩み重ねってきますね」

ーなるほど。これまでの積み重ねなんですね。

「そうなんです。無意識的にこするようなお手入れや、ベリベリっと剥がすシートタイプのものは、やはり刺激となるので影響が出てきますね。あとは紫外線をどれだけ浴びてきたか、ということも毛穴の開きにつながってきます」

あなたの毛穴ケアは大丈夫?専門医に学ぶ「正しいスキンケア」

ハリのある肌を導く正しい「洗顔方法」とポイント


正しく洗って正しく潤しましょう!

\自ら潤う肌に鍛える、「拭き取りクレンジング」/

汚れと共にクリームを一気に洗い流すほうが簡単ではあるけれど、ぬるま湯を含ませたコットンで拭き取る方法を選ぶのは、肌に美容成分と潤いを押し込めるのが狙いです。拭くことで余分な角質も取り去ることができ、温感作用により肌は見違えるほどふっくらと復活。このクレンジング法は、いうなれば代謝を促すための「フィットネス」のようなもの。動きだした肌は自ら潤う力を獲得し、冬に負けない肌へと育っていくのです。

\摩擦で肌が荒れないよう、使う量は適量よりも少し多めに/

少し多めの分量で、手と肌の間にクッションをclass=main-image protect
少し多めの分量で、手と肌の間にクッションを

例えば、適量がアーモンド大だとしたら、その1.5倍は使いたいもの。マッサージを兼ねたクレンジング法だからこそ、手と肌の間でクッションとなる少し多めの量が必要なのです。

\落とし忘れやすい小鼻や生え際は、クリームを継ぎ足してたっぷりと/

汚れが残りやすい部分には、重点的にクリームを補給してclass=main-image protect
汚れが残りやすい部分には、重点的にクリームを補給して

肌が乾ききっていると、マッサージの間にクリームが吸収されてしまうことも。そこで必要となるのは、途中でのクリームの補給です。特に、汚れが残りやすい小鼻や生え際は、重点的に継ぎ足していきましょう。

\両手を使って、ぬるま湯を含ませたコットンで優しく拭き取る/

ぬるま湯を含ませたコットンで、クリームをそっと拭き取っていく class=main-image protect
ぬるま湯を含ませたコットンで、クリームをそっと拭き取っていく

大判のコットン2枚にぬるま湯を含ませたら、それを両手に持ち、左右同時に拭き取っていきます。圧をかけすぎて、肌を引っ張らないように注意して。目周りのデリケートなゾーンは、片方のコットンで肌を軽く押さえながら、もう片方でそっと拭き取りましょう。

\大人の洗顔は「角質ケア」がポイント/

TゾーンからUゾーンまで「角質ケア」を忘れずにclass=main-image protect
TゾーンからUゾーンまで「角質ケア」を忘れずに

Tゾーン(写真の青線部分)をしっかり洗うクセはついていても、ほかは適当、という人が少なくないのでは? しかし、大人肌は、角質が全体に溜まりがち。それだけでは不十分なんです。ゴシゴシと擦る必要はありませんが、頬やUゾーンもきちんと意識して洗いましょう。たるみ始めた大人の毛穴は、額は下へ、それ以外の場所は斜め下に向いているので、たっぷりの泡を下から上へ行き渡らせることがポイントです。

大人のための毛穴対策!「洗顔」と「スキンケア」のポイント

洗顔後のケアに取り入れたい。毛穴を引き締める「美容液」の使い方


年齢を重ねるほどに毛穴が目立ってくる理由は、肌が伸びてたるみ、もれなく毛穴も開いてくるから。40代、50代女性の毛穴には、 引き締めるだけのスキンケアでは、続けていても効果がないのです。 必要なのは、たるみに効くパワフルな美容液を使った、毛穴対策のためのリフトアップ。今回は、美容液のリフトアップ効果を倍増させるための、ふたつのポイントをご紹介します。

美容液はとにかくケチってはダメ!メーカー推奨量「+1プッシュ」を

美容液はたっぷりと class=main-image protect
美容液はたっぷりと

美容液は、メーカー推奨量+1プッシュをたっぷりと手に取りましょう。まずは顔に丹念に、そして顔の肌につながるあご下から首やデコルテ、耳のうしろから首筋を通り肩までしっかりとなじませます。ここまでやることを考えると、メーカー推奨量ではまったく足りないからです。美容液のリフトアップ効果を倍増させるためには、とにかく「ケチってはダメ」だということを、忘れないでください。

指の腹全体を使い、ひたすら下から上へとなじませる

指の腹を使って下から上へ class=main-image protect
指の腹を使って下から上へ

顔の肌は、鼻筋から顎関節へ向けて斜め下に毛穴が開いています。しかし、顔の深部は、頭頂からあご先に向けてゆるんで下がっていくのです。毛穴対策のためのリフトアップを目指すなら、圧を加えながら頭頂へ押し上げるようにして、美容液をつけていきましょう。ポイントは、指の腹全体を使って下から上へとなじませていくことです。

毛穴を改善、「美容液の効果」を倍増させるポイント

プロ直伝の「スペシャルケア」で毛穴汚れを一掃


ヘア&メイクアップアーティスト小田切ヒロさん直伝。40歳からの「毛穴一掃スキンケア」

小田切ヒロさん
ヘア&メイクアップアーティスト
ラ・ドンナ所属。確かなメイクアップテクニックと豊富な美容知識をベースに、独特かつ卓越したセンスを生かして幅広いジャンルで活躍中。

ご自身もツルツルの毛穴レス美肌である小田切さんがおすすめする、40歳からの「毛穴一掃スキンケア」をご紹介します!

1:洗顔ブラシで毛穴の奥までクリアに

洗顔ブラシで洗い上げ、毛穴の詰まりをしっかり取り除く。class=main-image protect
洗顔ブラシで洗い上げ、毛穴の詰まりをしっかり取り除く。

「肌が乾燥するから朝は洗顔をしない、という方がよくいらっしゃいますが、詰まった毛穴は引き締まりませんから、洗顔で毛穴汚れをきちんと落としましょう。洗顔ブラシを使い、素早く的確に洗い上げて」(小田切さん)

肌の細かな凹凸にピタリと寄り添う3Dソニックモーションとイオンクレンジングの合わせ技で、肌を傷つけたり毛穴を広げることなく、汚れをしっかりかき出してくれる。MTG リファクリア ¥24,800 class=main-image protect
肌の細かな凹凸にピタリと寄り添う3Dソニックモーションとイオンクレンジングの合わせ技で、肌を傷つけたり毛穴を広げることなく、汚れをしっかりかき出してくれる。MTG リファクリア ¥27,280 

「手では洗いきれない毛穴汚れをスピーディにオフし、ザラつきや黒ずみのないメイク映えする肌に導く洗顔ブラシは、ぜひ取り入れてほしいアイテム。リファは熊野筆を採用したブラシで、肌当たりも機能性も最高級」(小田切さん)

2:炭酸パックで肌の新陳代謝をアップ

高濃度炭酸パックでエイジングによるたるみ毛穴をケア。 class=main-image protect
高濃度炭酸パックでエイジングによるたるみ毛穴をケア。

「頬などのエイジングによるたるみ毛穴は、肌の代謝を高めてあげることがポイント。高濃度炭酸パックなど、洗顔の流れで簡単に取り入れられるアイテムがおすすめです」 (小田切さん)

皮膚科医など医療関係者が監修した、天然炭酸温配合の高濃度炭酸パック。東洋炭酸研究所 ソーダスパフォームプレミアム10,000 130g ¥3,500 class=main-image protect
皮膚科医など医療関係者が監修した、天然炭酸温配合の高濃度炭酸パック。東洋炭酸研究所 ソーダスパフォームプレミアム10,000 130g ¥3,850

「顔やボディ、頭皮にまで使えて、肌がジワジワと温まってくる実感が。そしてすすいだあとの肌のつややかさ、潤い感がすごい。これは本当におすすめです!」(小田切さん)

3:拭き取り美容液で角質ケアを

角質ケアは美肌作りの基本。class=main-image protect
角質ケアは美肌作りの基本。

「不要な角質をオフせずして美肌はなし! 拭き取り美容液をコットンにたっぷりとって、顔の内から外へ優しくすべらせて。特にザラつきや詰まりが気になる小鼻まわりは念入りに」(小田切さん)

4:化粧水パックで肌の隅々まで潤いを注入

大人のコットンパックは顔の隅々まで、が鉄則。class=main-image protect
大人のコットンパックは顔の隅々まで、が鉄則。

「コットンパックは頬などの広い面だけにのせて済ませてしまう方がいますが、大人は顔全体、隅々までちゃんとパックを! コットン全体がヒタヒタになるまでたっぷり化粧水を浸したら、コットンを3~4枚くらいに割いて、肌にピターッと密着させるように貼りつけていき、5分程度パックします。その間に頭皮マッサージなどをする手も」(小田切さん)

毛穴のたるみも黒ずみも感じさせない美肌へ。40歳からの「毛穴一掃スキンケア」4ステップ

美容家・小林ひろ美さん直伝。美容液の○×づけ

小林ひろ美さん
美容家
(こばやし ひろみ)「美・ファイン研究所」主宰。わかりやすい理論とオリジナルのテクニックが大人気。講演や雑誌、TV出演などでおなじみ。著書に『小林ひろ美の1日中どこでも24時間美容』など多数。

「たるみ毛穴には2種類の美容液が必須です。ひとつは毛穴の表面をキュッと引き締めるビタミンC美容液。もうひとつはたるみを引き上げるリフトアップ美容液です。また、たるんだ毛穴は、一定方向を向いていないため、なんとなく美容液をつけてもちゃんと美容液が届いていない可能性が! くるくると○を描いたり、×を描くようにしてつけたりすると美容液の効果がより実感できるように」(小林さん)

\たるみ毛穴が目立つ頬は「○づけ」/

頬は「○づけ」class=main-image protect
頬は「○づけ」

こめかみを軽く押さえて少し引っ張り上げて毛穴を元の位置に戻した状態で、○を描くように美容液を塗っていきます。いろんな方向からマッサージするように塗り込むと効果的です。

\小鼻の毛穴には美容液を「×づけ」/

小鼻は「×づけ」class=main-image protect
小鼻は「×づけ」

こめかみを軽く押さえた状態で、小さく×を描くようにして、小鼻の周りの毛穴が開きやすい部分に美容液を塗り込みましょう。

肌老化ストップ!ファンデ で隠しきれない「たるみ毛穴」を解消するお手入れ習慣

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。