お仕事ルックの大本命とも呼べそうなパンツスーツですが、実はドレッシーにも着こなせます。オフィシャルな舞台に身を置く機会の多い王妃や王女の装いは、これ以上ないお手本。凛々しさと艶やかさを兼ね備えたスタイリングは見惚れてしまうばかりです。

なかでもスウェーデン王室のVictoria(ヴィクトリア)王女は、パンツスーツ使いの達人。色選びやトップス合わせ、小物使いなどでスーツルックを華やかにするテクニックを見習えば、ハンサム美人になれそうです。

ヴィクトリア王女流!「ハンサム美人になれる」パンツスーツの着こなしテクニック5選

■1:ピンク編 「ワントーンコーデ」で落ち着きと華やぎを両立

ピンクのパンツスーツを着こなすVictoria(ヴィクトリア)王女
ピンクベージュのパンプスで足元にも統一感

パンツスーツにはかしこまった印象がありますが、ソフトな色を選べば、穏やかなイメージで着こなせます。

ヴィクトリア王女はミュージアムの開館式に、落ち着いたサーモンピンクのパンツスーツで登場。フリル付きのブラウスがエレガントな表情を添えて、さらに優しいムードに。ワントーンで統一することによって、艶やかさをまといながらも、品格を感じさせることができます。公の場やパーティーなどのコーデに、取り入れてみる価値がありそうです。

■2:ブルー編 「レインボーカラー」をポジティブな差し色に投入

ブルーのパンツスーツを着こなすVictoria(ヴィクトリア)王女
ボディーラインを程よく引き締める「濃いブルー」という賢い選択

ノーブルな色を選んで、スーツ姿に一段と落ち着きをもたらすスタイリングも。

国際機関の会合に向かうこの日は、品格を帯びた濃いブルーのパンツスーツをセレクト。ロイヤルな佇いにまとめました。

ダブルブレストのジャケットは共布ベルトで大きな結び目をこしらえ、フェミニンにウエストマーク。ダンディーとレディーを交わらせました。レインボーカラーのニットカットソーがポジティブなムードを添えて、程よいスパイスに。スーツの場合、このようにインナーでちょっと遊ぶのも効果的な手です。

■3:ダークグリーン編 「細身パンツ」でクール&シャープにスタイルアップ

ダークグリーンのパンツスーツを着こなすVictoria(ヴィクトリア)王女
ジャケットからフリルブラウスをのぞかせ、ダンディーとロマンティックをミックス

もともとマニッシュなイメージの強いパンツスーツですが、細身パンツを選ぶと、いっそうクールな見え具合に仕上がります。

ノーベル賞関連の催しに出席する際には、スリムパンツでシャープなレッグラインをアピール。ヒールのショートブーツで足先まですっきりした見え具合に整えています。パンツスーツの色はミリタリーにも通じるダークグリーンを選択。それ以外は黒で引き締めつつ、プリント柄のフリルブラウスでコーデ。シックなエレガンスを呼び込んだテイストミックスは、今の気分にマッチしています。

■4:アイシーブルー編 「ベルト」で引き出すメリハリボディー

アイシーブルーのパンツスーツを着こなすVictoria(ヴィクトリア)王女
バッグと靴の色もスーツのパステルトーンとマッチング

ベルトを上手に使うと、パンツスーツに細感を忍び込ませることができます。

彼女はジャケットの上から太めのベルトを巻いて、しっかりウエストマークするアレンジがお気に入りのよう。涼やかなアイシーブルーのパンツスーツにも、共布の太ベルトをオン。ウエストをシェイプしているので、ワイドパンツとのメリハリが際立っています。清潔感の漂う真っ白なトップスを添えて、爽やかなトーンでまとめ上げた、完成度の高いコーディネートです。

■5:ホワイト編 「クリーンなムード」で第一印象をUP!

ホワイトのパンツスーツを着こなすVictoria(ヴィクトリア)王女
すっきりしたシングルジャケットとスキニーなパンツが着やせ効果を発揮

すっきりした着映えの品格コーデに仕上げるうえで、白のパンツスーツは最上の選択となります。

中東のヨルダンを公式訪問したこの日は、砂漠のサンドカラーともなじむ白のパンツスーツをまといました。ストレッチパンツのおかげで、スレンダーな脚線美が際立っています。

白はクリーンな雰囲気や、誠実さ、高潔などのイメージを併せ持つ色だけに、第一印象を重んじる場面では効果が期待できそう。ジャケットのインナーは清楚な花柄のブラウスで、優しさを薫らせたのも、親近感を生むテクニックとして参考になります。


オフィスコーデのお約束的なイメージのあるパンツスーツですが、色や小物使いを工夫すれば、もっと表情を引き出せます。本格仕立てのテーラードがトレンドの柱になるなか、スーツにあらためて「おしゃれアイテム」として光が当たっているので、この春夏はスーツの印象を変える新パンツコーデは試しがいがあります。

関連記事

この記事の執筆者
多彩なメディアでランウェイリポートやトレンド情報、着こなし解説などを発信。バイヤー、プレスなど業界での豊富な経験を生かした解説が好評。自らのTV通版ブランドもプロデュース。TVやセミナー・イベント出演も多い。著書に『おしゃれの近道』『もっとおしゃれの近道』(学研パブリッシング)がある。
PHOTO :
AFLO
WRITING :
宮田理江
EDIT :
石原あや乃