黒い財布→茶靴に合わない

茶色い財布→黒靴に合わない

地味色の財布→財布の中で探せない

ゴツい財布→洋服のポケットに入れられない

そんな消極的理由から二つ折りタイプの

真っ赤な財布を使っていたのですが、

たまたま風水のサイトを見ていたら

「赤い財布=貧乏財布」

「今の財だけでなく

 持って生まれた財をも燃やし尽くす」

「一瞬でも持たない方がよい」

と、散々な言われよう!!

いい大人としてはそろそろ長財布がほしいな、、、

と思っていたこともあり、ついに買っちゃいましたよ!

「浪費じゃないよ、風水的にアレだから・・・」と

心の中で言い訳して!!

選んだのはこちら。

DIGAWEL

という中目黒にショップを構える

ドメスティックブランドの長財布です。

こちら、洋服類の展開も多いのですが、

大人の皆様にぜひ注目してもらいたいのが

ブライドルレザーを使った革小物類。

ご覧のとおり、近年のなんちゃってブライドルとは

わけが違うこの照り! 上物です。

ブライドルレザーといえばもちろん「英国」なのですが、

こちらの魅力はちょいと洒落たアレンジにあります。

ホワイトのコーティングを施したリリ社のジップに、

これまたホワイトのテープ!

このコーティングが剥げてくると、またいいんだな〜!

そして結論、やっぱり長財布はいいですね!

財布の中身が一目瞭然ゆえ、

会計の際にもたもたすることはありません!

ネイビーってのも風水的には微妙なんですけどね・・・。

ちなみに買い替える前の赤財布はこちら。

ハイ、こちらもDIGAWELのものです。

本当に素敵な味わいに育ってくれました。

買い替えの際にショップの店員さんが、

「こんなにいい味出ているのに・・・」と、

ちょっと不本意そうな表情だったのが微笑ましかったです。

そうあるべきですよね、いいブランドって!!

この記事の執筆者
MEN'S Preciousファッションディレクター。幼少期からの洋服好き、雑誌好きが高じてファッション編集者の道へ。男性ファッション誌編集部員、フリーエディターを経て、現在は『MEN'S Precious』にてファッションディレクターを務める。趣味は買い物と昭和な喫茶店めぐり。
TAGS: