革新に満ちたスタイルで女性を輝かせ続ける「ディオール」から、新しい時代に呼応する名品バッグが誕生しました。『ディオール カロ』と命名された、可能性を秘めたショルダーバッグは、メゾンに伝わるシグネチャーの「カナージュ」柄が美しく刻まれ、立体的な「CD」のクラスプがモダンな輝きを放ちます。

唯一無二の存在感をもちながらも、日常のさまざまなシーンで彩りを添える『ディオール カロ』で、新たなエレガンスを呼び覚まして!

バッグ_1
しなやかなレザーとゴールドの輝きが美しいハーモニーを奏でる。都会的であり優しさも宿した「ディオール」を象徴するグレーは、成熟した女性にこそ似合う。バッグ『ディオール カロ』[SMALL/縦12×横20×マチ7cm]¥390,000(クリスチャン ディオール〈ディオール〉)

■1:凛と、美しく…意志ある女性に共鳴する最愛を携えて 

バッグ_2,ジャケット_1,シャツ_1,スカート_1,ネックレス_1,指輪_1
「ディオール」のバッグ『ディオール カロ』[SMALL/縦12×横20×マチ7cm]¥390,000・ストラップ/別売¥120,000・ジャケット¥460,000・シャツ¥140,000・スカート¥330,000・「ディオール ファイン ジュエリー」のネックレス[短]¥420,000・[長]¥672,000・リング¥790,000(クリスチャン ディオール)

強く美しい、漆黒の艶が女性を美しく照らす

圧倒的な存在感を放つ黒の『ディオール カロ』が凛とした美しさをたたえる。ゴールドのチェーンストラップを外して、キャンバス素材のストラップへとアレンジすることで、王道のジャケットスタイルが軽やかに。

商品の詳細はこちら

■2:感性を刺激する魅惑的な色が新しい可能性へ扉を開く

バッグ_3,ジャケット_2,コート_1,シャツ_2,ワイドパンツ_1,ピアス_1,指輪_2
「ディオール」のバッグ『ディオール カロ』[SMALL/縦12×横20×マチ7cm]¥390,000・コート¥420,000・シャツ¥140,000・パンツ¥220,000・靴¥118,000・「ディオール ファイン ジュエリー」のピアス¥380,000・リング[右手]¥325,000・[左手]¥660,000(クリスチャン ディオール)

モダンかつ清新なブルーで旬の輝きを手に入れる

透明感さえ感じる、淡いブルーのバッグを携えれば、たたずまいまで凛と美しく。しなやかなチェーンストラップが施された『ディオール カロ』はショルダーやクロスボディとしてはもちろん、さらりと手にするだけでも小粋な表情を生み出す。

商品の詳細はこちら

■3:色香さえも漂う神秘的なグリーンが感性を刺激

バッグ_4,ジャケット_3,ワンピース_1,ピアス_2
「ディオール」のバッグ『ディオール カロ』[SMALL/縦12×横20×マチ7cm]¥390,000・ジャケット¥650,000・ドレス¥1,900,000・「ディオール ファイン ジュエリー」のピアス/片耳用¥235,000(クリスチャン ディオール)

やわらかなカーフレザーに、丁寧に施された「カナージュ」柄が美しく浮かぶ。タイムレスな美を貫きながらも、瑞々しいミントグリーンの『ディオール カロ』は、特別なシーンにもふさわしい、ときめきを運んでくれる。

商品の詳細はこちら


スペシャルな素材で軽やかに!遊び心が光る『ディオール カロ』で新境地へ

チアフルなデザインがおしゃれ心を呼び覚ます

バッグ_5
バッグ『ディオール カロ』[SMALL/縦12×横20×マチ7cm]上/¥390,000・下/¥370,000(クリスチャン ディオール〈ディオール〉)

『ディオール カロ』のコレクションには、カーフレザーのほかに、チャーミングな素材もお目見え。写真上の「タイ&ディオール」と名付けられたタイダイ柄は、デニム素材に特殊な加工が施されたもの。写真下のデニムには、「カナージュ」柄が際立つように、グラデーションが施されて。

自由な感性と意外性という遊び心で躍動的な表情に

バッグ_6,トップス_1,シャツ_3,スカート_2,ピアス_3,指輪_3
「ディオール」のバッグ『ディオール カロ』[LARGE/縦17×横28×マチ9cm]¥550,000・ジレ¥420,000・トップス¥360,000・シャツ¥145,000・スカート¥480,000・「ディオール ファイン ジュエリー」のピアス¥153,000・リング[人さし指]¥325,000・[中指]¥660,000(クリスチャン ディオール)

愛らしいシアリングで装いに奥行きをもたらして

なめらかなキャメルスエードと、ふんわりとしたホワイトウールが調和した『ディオール カロ』で、この季節ならではのリッチ感を。

商品の詳細はこちら


印象を強く残す、アイコニックなバッグが登場!美意識が香る『ディオール カロ』の魅力

キャリアシーンから華やかな場面まで、女性の24時間に寄り添う新アイコンバッグ『ディオール カロ』。メゾンが誇る上質な素材や熟練の職人による矜持が宿るバッグの魅力を細部にわたってご紹介します。

バッグ_7
クラフツマンシップが細部まで息づいて
左/立体的な「カナージュ」モチーフと、艶めくゴールドの「CD」が品格を宿す、まさに「ディオール」の真骨頂。バッグ『ディオール カロ』[LARGE/縦17×横28×マチ9cm]¥480,000(クリスチャン ディオール〈ディオール〉)
右/オートクチュールメゾンとしての輝かしい歴史をもつ「ディオール」にとって、「神聖な場所」とされるアトリエに脈々と引き継がれる、熟練の職人による技巧こそ宝。『ディオール カロ』は、パリでデザインされたスケッチを基に、イタリアのアトリエでいくつもの工程を経て製作される。カーフレザーをカッティングした後、「カナージュ」柄のキルティングが施されて。シグネチャーである「CD」のクラスプやチェーンも職人により、丁寧に取り付けられる。PHOTO ©POL BARIL

上質な素材とモダンな感性が新たな魅力を生み出す

歴史を大切にしながらも、新たな感性で時代を牽引する「ディオール」。トップメゾンとしての矜持と、アーティスティック ディレクターのマリア・グラツィア・キウリの瑞々しい感性が調和した、新たな名品バッグ『ディオール カロ』が誕生! いつの時代でも変わることなく、女性の美しさを引き出すという「美意識」が根底に流れています。

チェーンストラップが優美な『ディオール カロ』は、キャリアを重ねた女性にこそふさわしい逸品。しなやかなレザーに浮かぶ、特徴的な格子柄の「カナージュ」は、ムッシュ ディオールが愛した椅子のモチーフから着想を得た、メゾンに脈々と続くシグネチャーのひとつ。「カナージュ」の精巧な幾何学模様を再現するために、キルティングの工程だけで約18,000針ものステッチが施され、時間をかけて、丁寧につくり上げる流儀が芸術的な逸品を生み出すのです。

1946年にパリのアヴェニューモンテーニュ30番地から、歴史を刻み始めた「ディオール」。時代を象徴する「ニュールック」や「バー」ジャケットといった名品を数々生み出し、エレガンスという美意識で女性の魅力を引き出してきました。そして、2021年に満を持して登場した新名品バッグ『ディオール カロ』が、新たな価値観をもち、しなやかに生きる女性を美しく照らします。

細部まで美しく、機能的!

バッグ_8
背面にもシグネチャーが
ムッシュ ディオールが最初にブティックを開いた住所へのトリビュートでもある「30 MONTAIGNE」が背面に刻まれて。カードなどが収まるポケットも備わる。
「CD」チェーンが優美煌く「CD」チェーンと長さ調整が可能なレザーストラップとの組み合わせで、多彩な持ち方を楽しむことができる。別売りのストラップにつけ替えることも可能。
「CD」チェーンが優美
煌く「CD」チェーンと長さ調整が可能なレザーストラップとの組み合わせで、多彩な持ち方を楽しむことができる。別売りのストラップにつけ替えることも可能。
バッグ_9
整理整頓しやすいつくり
肩にかけて収まりがいいサイズ感ながらも、大切なものがきちんと収納できる。内側にはジップポケット付きで、整理整頓しやすく、機能美を備えているのも魅力。

商品の詳細はこちら

※掲載した商品はすべて税抜です。 

問い合わせ先

クリスチャン ディオール

TEL:0120-02-1947

この記事の執筆者
TEXT :
Precious編集部 
BY :
『Precious2月号』小学館、2021年
美しいものこそ贅沢。新しい時代のラグジュアリー・ファッションマガジン『Precious』の編集部アカウントです。雑誌制作の過程で見つけた美しいもの、楽しいことをご紹介します。
PHOTO :
長山一樹(S-14/人物・ロケ静物)、唐澤光也(RED POINT/静物)
STYLIST :
長澤実香
HAIR MAKE :
西村浩一(angle/ヘア)、川原文洋(UM/メイク)
MODEL :
大政 絢(Precious専属)
EDIT :
川口夏希、池永裕子(Precious)