この秋、真っ先に取り入れたい芸術的なスカーフと多様性に富んだアイコンバッグをご紹介。受け継がれる美意識と時代を先行く感性が 現代に生きる女性に輝きをもたらします。

【秋の最愛アイテム1】HOMEとOFFICEをシームレスにつなぐ優美な   「シルクスカーフ」

スカーフ_1
1967年に考案されたアイコニックな「ディオール オブリーク」柄を、片面はグレー、反対面をネイビーで仕上げて、リバーシブルで楽しめるデザインに。スカーフ『Diortwin』[縦90×横90cm]¥73,700(クリスチャン ディオール〈ディオール〉)

自在に形を変えることもでき、ジュエリーのように彩りを添えるスカーフが装いにドラマをもたらします。

サヴォワールフェールが感動的な一枚を可能に

「スカーフをどう結ぶかは女性の個性を表します」とムッシュ ディオールが自著『ファッション小辞典』に残したように、スカーフは昔も今も変わらず、おしゃれの可能性を無限に広げてくれるもの。そして“ディオール”では、創設から実に70年以上もの間、新作を発表し続けています。

今季は、メゾンを象徴するモチーフや幸運の象徴「ラッキー スター」、星座を描いた夢物語が美しく描かれたスカーフが新たに登場し、心にときめきをもたらして。

季節の変わり目に、新しい絵柄のスカーフを新調するのは素敵なこと。首元に巻いたり、カチューシャのようにしたり、バッグにアレンジしたりと楽しみ方にルールはなく、直感で選んだ美しい一枚がおしゃれの楽しさを再認識させてくれます。

精緻な作業の積み重ねで、一枚のスカーフは完成する。まずは、絵画のように、万年筆でデザインが描かれ図版に。 (c) POL BARIL
精緻な作業の積み重ねで、一枚のスカーフは完成する。まずは、絵画のように、万年筆でデザインが描かれ図版に。 (c) POL BARIL
その後、イタリアのアトリエにて、シルクにプリントを施し、蒸気に何度も潜らせ、なめらかな感触になるまで洗浄。 (c) POL BARIL
その後、イタリアのアトリエにて、シルクにプリントを施し、蒸気に何度も潜らせ、なめらかな感触になるまで洗浄。 (c) POL BARIL
そして、スカーフの肝となる、ロールエッジは職人による手作業で縫い上げられて。洗練の極みを表現する「アール ドゥ デタイユ(細部へのこだわり)」が芸術的な一枚を生む。 (c) POL BARIL
そして、スカーフの肝となる、ロールエッジは職人による手作業で縫い上げられて。洗練の極みを表現する「アール ドゥ デタイユ(細部へのこだわり)」が芸術的な一枚を生む。 (c) POL BARIL

風に舞うスカーフが物語を紡いで…

大人コーデ_1,秋コーデ_1,スカーフ_2,スカート_1,シャツ_1,大政 絢_1
スカートに巻いたスカーフ『Dior Around The World』[縦90×横90cm]各¥57,200・シャツ¥203,500・スカート¥539,000・ピアス¥77,000・付け襟ネックレス¥627,000・ベルトポーチ¥203,500・靴/参考商品(クリスチャン ディオール〈ディオール〉)

スカーフがあれば、おしゃれの可能性は無限大に広がるもの。ミディ丈のスカートに、色違いの2枚のスカーフを巻いてアレンジを。

見る人を虜にするスカーフは、世界地図や星が描かれたロマン溢れる絵柄。

スカーフとの出合いがおしゃれの好奇心を刺激して

大人コーデ_2,秋コーデ_2,スカーフ_3,スカート_2,ニット_1,バッグ_1,大政 絢_2
スカーフ『Diortwin』[縦70×横70cm] ¥60,500・ニット¥165,000・スカート¥363,000・ピアス ¥84,700・バッグ¥594,000・靴/参考商品(クリスチャン ディオール〈ディオール〉)

スカーフのアレンジを楽しみ、型にはまらない黒の装いへ

伝統的な「ディオール オブリーク」柄のスカーフは、色や素材、サイズのバリエーションがさまざまで、好みに合わせて選べるのも魅力。

カチューシャのように頭に巻いたスカーフは、端に施された細かなフリンジが軽やかなムードを演出。黒タートルとフレアシルエットのキルティングスカートが導く、レディライクなスタイルに、スカーフをひと巻きするだけで、こなれ感が加速する。

繊細な絵柄でオンタイムに個性を添えて|@OFFICE

大人コーデ_3,秋コーデ_3,スカーフ_4,ジャケット_1,パンツ_1
“ディオール”のスカーフ『Dior Around The World』[縦55×横55cm]¥33,000・ジャケット¥473,000・パンツ¥297,000・バッグ¥451,000・“ディオール ファイン ジュエリー”のピアス/片耳用¥139,700・“ディオール タイムピーシズ”の時計¥625,900(クリスチャン ディオール)

タイ巻きしたスカーフで、しなやかで凛とした印象に

コンパクトな55cmサイズのスカーフを、タイのように巻いて、小粋なスタイルに。

スカーフは、ブティック1号店の壁を飾った「トワル ドゥ ジュイ」に、幸運のシンボルである「ラッキー スター」や世界地図が描かれて。トラッドが香る、リブニット仕立ての「バー」ジャケットは、赤のサイドラインや ゴールドボタンが新鮮な表情。

スカーフ_5
“ディオール”のスカーフ『Dior Around The World』[縦55×横55cm]¥33,000

家で過ごす時間こそ美意識を磨いて|@HOME

大人コーデ_4,秋コーデ_4,スカーフ_6,シャツ_2,パンツ_2
“ディオール”のスカーフ『Dior Zodiac』[縦90×横90cm]¥57,200・シャツ¥220,000・パンツ¥198,000・“ディオール ファイン ジュエリー”のピアス¥231,000・ネックレス¥257,400・ブレスレット¥114,400・“ディオール タイムピーシズ”の時計¥740,300(クリスチャン ディオール)

アートな感性が紡ぐ一枚が、優美な時間へと誘う

部屋時間の充実が一層大切になった今、さらりと肩に掛けるだけで気分が一新するスカーフを味方に。

スカーフの柄は、イタリア人アーティスト、ピエトロ・ルッフォによるデザインで、夜空にまたたく星座と十二宮のモチーフをカラフルに描いた芸術的な一枚。肌にするりと伝うシルク素材のラウンジウエア、「ディオール シェモワ」も星座柄のデザインで揃えて。

スカーフ_7
“ディオール”のスカーフ『Dior Zodiac』[縦90×横90cm]¥57,200

スカーフの詳細はこちら

【秋の最愛アイテム2】ライフスタイルに寄り添い多様化を遂げた「バッグ」

生き方も働き方も多種多様になった、ニューノーマル時代を彩る、個性豊かなバッグをご紹介します。

時代性を反映した豊かなデザインが魅力

新たに登場したマイクロサイズのアイコンバッグは、心ときめくキュートなフォルムで、バッグの概念を覆して。

また、不動の人気を誇る『レディ ディオール』や新時代の必需品となった『ディオール ブックトート』も秋にふさわしい色やデザインでお目見え。どんなシーンでもセンスのよさを印象づけ、女性に自信をもたらします。

● MICRO BAG|カードケースに近しいマイクロサイズが可憐

アイコンバッグの存在感はそのままに、手のひらに乗るほどのマイクロサイズに仕上げたバッグが新登場! プレイフルなデザインが秋の着こなしに旋風を起こします。

バッグ_2
バッグ【上】「カナージュ」ステッチが施されたラムレザーはパフィな質感も愛らしい。『レディ ディオール マイクロバッグ』[縦10×横12×マチ5cm/ストラップ付き]¥396,000・【中右】馬の鞍から着想を得た曲線も忠実に表現。『サドル マイクロバッグ』[縦11×横14×マチ4.5cm]¥291,500・【中左】ゴールドの「CD」チェーンは着こなしのスパイスにも。『ディオール カロ マイクロバッグ』[縦8×横13×マチ4cm]¥291,500・【下】カードケースやリップが収まるサイズのショルダーバッグは、香水ボトルの栓からデザインされた「CD」クラスプが光る。『30 モンテーニュ マイクロバッグ』[縦11×横15×マチ4cm] ¥291,500・カードケース[縦7.5×横10cm]¥43,450(クリスチャン ディオール〈ディオール〉)
マイクロサイズのバッグは、ステッチからチャームまで、すべてオリジナルバッグをそのまま縮小して再現。 (c)VALENTIN-HENNEQUIN
マイクロサイズのバッグは、ステッチからチャームまで、すべてオリジナルバッグをそのまま縮小して再現。 (c)VALENTIN-HENNEQUIN
レザーのカッティングや組み立て、金具の装着は、それぞれのパーツが小さいため、従来にも増してより精巧な技術が要される。 (c)VALENTIN-HENNEQUIN
レザーのカッティングや組み立て、金具の装着は、それぞれのパーツが小さいため、従来にも増してより精巧な技術が要される。 (c)VALENTIN-HENNEQUIN

● LADY DIOR|タイムレスな逸品が装いに品格をもたらす

メゾンのコードでもある「カナージュ」ステッチや、可憐に揺れるチャームは永遠に愛されるアイコン。名品バッグをカスタマイズできるサービスも人気!

バッグ_3,スカーフ_8
バッグ【上】チャームまでボディと同系色のエナメル素材でアレンジされたバッグは、秋の景色にふさわしい新色。バッジをカスタマイズしてストラップにあしらうことも可能。『レディ ディオール』[縦16.5×横20×マチ8cm/ストラップ付き]¥561,000・バッグにつけたスカーフ¥38,500・【中】バッグの「カナージュ」ステッチがハート柄になった愛らしいバッグはアクセントカラーになるチャームもポイントに。『レディ ディオール』[縦16.5×横20×マチ8cm]¥594,000・【下】艶やかなパテントのブルーはオンタイムから華やかなシーンまで活躍。『レディ ディオール』[縦16.5×横20×マチ8cm/ストラップ付き]¥528,000(クリスチャン ディオール〈ディオール〉)

● DIOR BOOKTOTE|神秘的な美しさを宿した絵柄でおしゃれに革新を

女性の必需品を収納できるサイズ感や、キャンバス素材のリラックス感が今の気分に寄り添う。職人技が光る美しい絵柄も芸術的。

バッグ_4
バッグ【上】イタリア人アーティストのピエトロ・ルッフォが描いた星座の世界「ディオール コンステレーション」の刺繍を全面にあしらった贅沢な逸品。『ディオール ブックトート』[縦35×横41.5×マチ18cm]¥440,000・【中】ムッシュ ディオールの絶対的なミューズ、ミッツァ・ブリカールが好んだレオパードが着想源に。落ち着いたグレートーンは、着こなしを選ばず汎用性も高い。『ディオール ブックトート』[縦35×横41.5×マチ18cm]¥429,000・【下】モノトーンの星座モチーフに、シグネチャーのロゴ刺繍が映える。『ディオール ブックトート』[縦28×横36.5×マチ17.5cm]¥429,000(クリスチャン ディオール〈ディオール〉)

バッグの詳細はこちら

問い合わせ先

クリスチャン ディオール

TEL:0120-02-1947

PHOTO :
長山一樹(S-14/人物)、佐藤 彩(静物)
STYLIST :
長澤実香
HAIR MAKE :
西村浩一(VOW-VOW/ヘア)、村松朋広(関川事務所)
MODEL :
大政 絢(Precious専属)
EDIT :
川口夏希、池永裕子(Precious)