仕事から普段使い、さらには週末の旅にも対応するのがGTだ。アウディ『e-tron』シリーズに加わった4ドアクーペのGTは、先進技術がもたらす刺激と快適性に満ちている。そのうえ、時代の一歩先をいくスタイリッシュなEVであるところが新しい。

安心して長距離を走れる設計が上質な旅を約束

サステイナブルウールを使ったジャケットを軸にした、グレージュ系コーディネート。丈夫で長く使えるアルミニウム製トロリーも、サステイナブル・ラグジュアリーに欠かせないアイテムだ。ジャケット¥59,400(三喜商事〈Tジャケット〉)、セッテフィーリカシミアのニット¥40,700・ジーティーアーのパンツ¥36,300(伊勢丹新宿店)、ストール¥52,800(ボーダレス〈ベグ アンド コー〉)、ドライビングシューズ¥39,600(エスディーアイ〈フェランテヴィアッジョ〉)、トロリー¥181,500・トートバッグ¥146,300(リモワ クライアントサービス)
サステイナブルウールを使ったジャケットを軸にした、グレージュ系コーディネート。丈夫で長く使えるアルミニウム製トロリーも、サステイナブル・ラグジュアリーに欠かせないアイテムだ。ジャケット¥59,400(三喜商事〈Tジャケット〉)、セッテフィーリカシミアのニット¥40,700・ジーティーアーのパンツ¥36,300(伊勢丹新宿店)、ストール¥52,800(ボーダレス〈ベグ アンド コー〉)、ドライビングシューズ¥39,600(エスディーアイ〈フェランテヴィアッジョ〉)、トロリー¥181,500・トートバッグ¥146,300(リモワ クライアントサービス)

欧州では昔から、成熟した大人が乗るクルマとしてクーペタイプのGTが好まれてきた。スポーティな乗り味と美しいスタイリング、そして大陸を駆け巡るグランツーリスモ=GTとしての実用性を兼ね備えた、贅沢な一台として。アウディの新しいフラッグシップ、『e-tron GT』は、さまざまな経験を経て人生の目利きとなった成熟世代の大人に合う、スタイリッシュな電動クーペだ。

乗るたびに豊かな未来を感じられるレザーフリーの心地よさ

シックなシートの生地は、リサイクル素材から抽出したポリエステル繊維を使用したもの。『e-tron GT』には、この再生素材と人工皮革をセンターコンソールトリムやフロアマットなどにも用いた、サステイナブルなレザーフリーパッケージがオプション設定されている。サングラス¥23,980(ルックスオティカジャパン カスタマーサービス〈レイバン〉)、バッグ¥36,300(エスディーアイ〈キングスレー ウォルターズ スタジオ〉)
シックなシートの生地は、リサイクル素材から抽出したポリエステル繊維を使用したもの。『e-tron GT』には、この再生素材と人工皮革をセンターコンソールトリムやフロアマットなどにも用いた、サステイナブルなレザーフリーパッケージがオプション設定されている。サングラス¥23,980(ルックスオティカジャパン カスタマーサービス〈レイバン〉)、バッグ¥36,300(エスディーアイ〈キングスレー ウォルターズ スタジオ〉)
メーターパネルや大画面モニター、各種操作系を配置したダッシュボードがドライバーを包み込むようにデザインされ、着座位置は低め。プレミアムでスポーティなコックピットだ。ステアリングのパドルシフトで回生ブレーキの強さを調節でき、日常的な走行中の減速時における回生エネルギーの大部分を補うことができる。つまり、スマートで丁寧な運転操作がエネルギー効率を高め、結果として環境にも優しいということ。アウディの電動化技術は、ドライブという行為そのものを成熟させる意味でも、大いに効果を発揮するといえるだろう。
メーターパネルや大画面モニター、各種操作系を配置したダッシュボードがドライバーを包み込むようにデザインされ、着座位置は低め。プレミアムでスポーティなコックピットだ。ステアリングのパドルシフトで回生ブレーキの強さを調節でき、日常的な走行中の減速時における回生エネルギーの大部分を補うことができる。つまり、スマートで丁寧な運転操作がエネルギー効率を高め、結果として環境にも優しいということ。アウディの電動化技術は、ドライブという行為そのものを成熟させる意味でも、大いに効果を発揮するといえるだろう。

ルーフからボディ後端にかけての柔らかなライン、そして左右に張り出したグラマラスなフェンダーが、『e-tron GT』のエレガントかつ力強い特性を表している。前軸と後軸にそれぞれ高出力モーターを搭載し、右足のわずかな動きに俊敏に反応しながら静かに躍動する、斬新な感覚。しかも、前後のトルク配分を走行状況に応じて0〜100%の間で制御する4輪制御システム「quattro」の安定感抜群の走りで、ロングドライブも疲れ知らず。満充電で500km以上という航続距離の長さも、上質な旅への思いを募らせる。

積極的に再生素材を使用し、クリーンに走る『e-tron GT』には、身につける服や、前後の大容量のトランクに積み込むラゲッジ類も、環境に配慮した素材や製造工程で形作られた名品が合う。サステイナブル・ラグジュアリーという、大人のスタイルを、楽しもう。

Audi e-tron GT quattro

Audi e-tron GT quattro
Audi e-tron GT quattro

●ボディサイズ:全長4,990×全幅1,965×全高1,415mm
●車両重量:2,280kg
●モーター最高出力:390kW(ブーストモード時)
●モーター最大トルク:640Nm
●駆動方式:quattro(4WD)
●航続可能距離:534km(WLTCモード)
車両本体価格:¥13,990,000~
※写真は欧州仕様車

※掲載商品の価格は、すべて税込みです。

問い合わせ先

アウディコミュニケーションセンター

TEL:0120-598-106

この記事の執筆者
TEXT :
MEN'S Precious編集部 
BY :
MEN'S Precious2021年秋冬号より
名品の魅力を伝える「モノ語りマガジン」を手がける編集者集団です。メンズ・ラグジュアリーのモノ・コト・知識情報、服装のHow toや選ぶべきクルマ、味わうべき美食などの情報を提供します。
Faceboook へのリンク
Twitter へのリンク
PHOTO :
前田 晃(MAETTICO)
STYLIST :
土屋大樹
HAIR MAKE :
MASAYUKI(the VOICE)
MODEL :
Trayco
EDIT :
櫻井 香
TAGS: