時計としての真価であるムーブメントをすべて自社一貫生産している稀有なマニュファクチュールとして、高いステイタスと存在感を誇る「ゼニス」。年々、エレガンスを加速させている、その美しき機械式時計は、着こなしの洗練度を高めると同時に、しなやかで強いマインドで前へと進んでいく勇気とパワーを授けてくれます。

クール感と女性らしさ、カジュアルとエレガンス、絶妙なバランスが洗練へと導く

洒脱なトープカラーのストラップと、グラデーションを描くインダイヤル。ラグにあしらわれたダイヤモンドの輝きと共に、まさに旬の「ラグジュアリースポーツウォッチ」を体現するクロノグラフは、どんな着こなしにもクールなインパクトを添える最高のスパイスに。時計『クロノマスター オリジナル ダイヤモンド』[SS×ダイヤモンド、ケース径38mm、カーフストラップ、自動巻き]¥1,408,000(LVMHウォッチ・ジュエリー ジャパン ゼニス〈ゼニス〉) ニット¥271,700(三喜商事〈アニオナ〉) リング¥1,039,500(フレッド カスタマーサービス〈フレッド〉)
洒脱なトープカラーのストラップと、グラデーションを描くインダイヤル。ラグにあしらわれたダイヤモンドの輝きと共に、まさに旬の「ラグジュアリースポーツウォッチ」を体現するクロノグラフは、どんな着こなしにもクールなインパクトを添える最高のスパイスに。時計『クロノマスター オリジナル ダイヤモンド』[SS×ダイヤモンド、ケース径38mm、カーフストラップ、自動巻き]¥1,408,000(LVMHウォッチ・ジュエリー ジャパン ゼニス〈ゼニス〉) ニット¥271,700(三喜商事〈アニオナ〉) リング¥1,039,500(フレッド カスタマーサービス〈フレッド〉)

今や当たり前となった、ジェンダーニュートラルなラグジュアリーウォッチの楽しみ方を、いち早く提案してきた「ゼニス」。少し大ぶりの時計を女性がまとうことによって生まれる、逆説的なフェミニンさ、そして洗練のバランスは、高品質な自社製ムーブメントを宿す「ゼニス」の真骨頂です。

その「ゼニス」が、「Time to Reach Your Star(最も高い、あなたの星をつかむために)」というブランドモットーを掲げ、女性にスポットを当てた新たな展開をスタートさせたのは、2020年のこと。女性にフォーカスしたプロジェクト「Dream hers(ドリーム ハーズ)」が始動し、畠山愛理さんが「ゼニス」の「グローバル フレンド オブ ブランド」日本代表として選ばれました。

東京2020期間中は連日テレビに出演し、元アスリートならではの、的確かつ温かなコメントで注目を集めた畠山さん。その手元には、いつも「ゼニス」の時計が寄り添っていました。

「『ゼニス』の時計には不思議なパワーがあって、つけると気持ちが前向きになり、自信を授けてくれるんです」

実は畠山さんがプライベートで、初めて買った時計も「ゼニス」。今では公私で時間を共に刻む、パートナーのような存在になったそう。

CHRONOMASTER ORIGINAL/クロノマスター オリジナル

インダイヤルと呼ばれるカウンターが端正に配された正統派クロノグラフの顔つき。これは1969年に、世界初の自動巻きクロノグラフとして発表された伝説の名品のデザインを忠実に再現したもので、そこには「ゼニス」の歴史と矜恃が宿っています。2021年は、カラーやダイヤモンド使いで、スタイリッシュさとリッチ感を漂わせるレディスモデルが誕生! 直径38mmという絶妙なボリュームと名品オーラが、着こなしに至高のこなれ感を添えてくれます。

繊細な色彩で彩られた名品クロノグラフに映し出されるのは凛と、前を向いて生きる女性像

時計_1,高級時計_1
クロノグラフの持ち味であるスポーティさに、瀟洒な色使いが上品に溶け合い、ハッと目を引くほど印象的な手元へと導く。上/ブルーのグラデーションが美しいインダイヤルと、メインダイヤルのマザー・オブ・パールの輝きは、見惚れるほど。ラグとインデックスにセッティングされたダイヤモンドとストラップのクールなコントラストも粋。『クロノマスター オリジナルダイヤモンド』[SS×ダイヤモンド、ケース径38mm、カーフストラップ、自動巻き]¥1,507,000・下/艶やかなローズゴールドとストラップのブラウンがまろやかに響き合い、より優美な表情に。『クロノマスター オリジナル』[RG、ケース径38mm、カーフストラップ、自動巻き]¥2,200,000(LVMHウォッチ・ジュエリー ジャパン ゼニス〈ゼニス〉)

「クロノマスター オリジナル」をもっと見る

昨年、「グローバル フレンド オブ ブランド」に選出される前から、「ゼニス」を愛用してきた畠山さん。ただ単に「ビジネス」として身につけるアンバサダーとは異なり、実際に使い続けていなくては感じえない、深淵な魅力を知るにつれ、愛情はさらに深まっているそう。

「『デファイ ミッドナイト』は昨年から、今年の新作の『クロノマスター オリジナル ダイヤモンド』はこの夏から使っていますが、どちらも『いい時計しているね』とおほめいただくことが多いんです。時計のことをよくご存じな方からはもちろん、単純に『かわいい!』って反応してくださる女性も多く、存在感がある時計なんだと改めて感じました」

現役を引退してから、約5年。2年前には広島東洋カープの鈴木誠也選手と結婚し、畠山さんを取り巻く環境はドラスティックに変化していった。

「結婚してからしばらくは、アスリートの妻としても、ひとりの仕事人としても気負いすぎていたみたいで。いろいろ考えたり、悩んだりすることもありました。だけど今は、少しだけ、肩の力を抜くことができたのでしょうか。ポジティブな気持ちで、主人を全力でサポートしながら、私も自分自身の意志をもって自己表現を続けていきたいと思っています」

知的なダイヤモンド使いと本格時計ならではのオーラで、ワンランク上のシンプルに

時計_2,高級時計_2
まるで星空を閉じ込めたような、美麗なブルーのグラデーションの文字盤。メゾンの象徴である「ゼニススター」と、透明感のあるダイヤモンドの強い輝きが、コーディネートに華やぎを添えると同時に、気持ちまで明るく照らして。時計『デファイ ミッドナイト』[SS×ダイヤモンド、ケース径36mm、SSブレスレット、自動巻き ※付け替え可能なストラップ3本が付属]¥1,265,000(LVMHウォッチ・ジュエリージャパン ゼニス〈ゼニス〉) ブラウス¥55,000(ストラスブルゴ〈ストラスブルゴ〉) ピアス¥572,000・リング¥649,000(フレッド カスタマーサービス〈フレッド〉) 眼鏡¥53,350(グローブスペックスエージェント〈ロバート・マーク NYC〉)

DEFY MIDNIGHT/デファイ ミッドナイト

時計としての本質を追求し続けるマニュファクチュールとしての信条と真摯さ。それによってかつては、男性的なイメージが強かった「ゼニス」ですが、近年はデザインやディテールの洗練度を高め、「ラグジュアリースポーツウォッチ」の代表格としてその存在感を増しています。そんな「ゼニス」の「現在」を象徴するのが、女性にフォーカスを当てた2020年発表の『デファイ ミッドナイト』。このモデルのために新開発された36mm径のケースや、インターチェンジャブルストラップによって、フェミニンに、スタイリッシュに、装いを楽しむ、本格機械式時計の新たな魅力を開花させました。

ダイヤモンド煌めく星空のような艶やかで表情豊かなダイヤル。自在にチェンジできるストラップで、自分らしいコーディネートを楽しんで

時計_3,高級時計_3
星空をイメージしたシャイニーな文字盤は、グレー、ブルー、そして光の角度によって表情を変えるマザー・オブ・パールの3種類での展開。2021年には替えストラップの新色も発売され、手元コーディネートの可能性がますます広がって。時計『デファイ ミッドナイト』写真上・中央[SS×ダイヤモンド、ケース径36mm、SSブレスレット、自動巻き ※付け替え可能なストラップ3本が付属]¥1,265,000・別売りカラーストラップ 各¥41,800・写真下[SS、ケース径36mm、SSブレスレット、自動巻き ※付け替え可能なストラップ3本が付属]¥1,034,000・別売りカラーストラップ ¥41,800(LVMHウォッチ・ジュエリー ジャパン ゼニス〈ゼニス〉)

「デファイ ミッドナイト」をもっと見る

畠山愛理さん
テレビパーソナリティ・キャスター
1994年、東京都生まれ。6歳で新体操を始め、2009年、フェアリージャパンオーディションに合格し、新体操日本ナショナル選抜団体チームに入団。2012年、ロンドンオリンピック代表に選出され、2013年から2014年まで主将を務める。2016年、リオデジャネイロオリンピック代表となり出場後、現役を引退。現在はテレビパーソナリティやキャスターなど、幅広く活躍している。

※掲載商品の価格は、すべて税込みです。※文中の表記は、RG=ローズゴールド、SS=ステンレススティールの略です。

問い合わせ先

LVMHウォッチ・ジュエリー ジャパン ゼニス

TEL:03-3575-5861

この記事の執筆者
美しいものこそ贅沢。新しい時代のラグジュアリー・ファッションマガジン『Precious』の編集部アカウントです。雑誌制作の過程で見つけた美しいもの、楽しいことをご紹介します。
PHOTO :
石倉和夫(人物)、池田 敦(パイルドライバー/静物)
STYLIST :
髙橋リタ
HAIR MAKE :
三澤公幸
NAIL :
石川万莉(uka)
MODEL :
畠山愛理
EDIT :
岡村佳代、安村 徹(Precious)