Precious会員とは、Preciousのサービスをお得に便利にご利用いただけるPreciousグループ共通のIDです。
Precious会員に登録すると、定期的に開催されるキャンペーンや読者プレゼントに応募する権利が与えられるなど、様々な特典を受けることができます。

MENSPrecious
FOLLOW US
INSTAGRAM
FACEBOOK
TWITTER
YOUTUBE
LINE
PR
鈴木保奈美×Cartier
鈴木保奈美×Cartier
鈴木保奈美×Cartier
鈴木保奈美×Cartier
鈴木保奈美×Cartier
鈴木保奈美×Cartier

パンテール
パンテール

Discours」=ディスクールとはフランス語で、
言葉で表現する、という意味。
この連載では、女優・鈴木保奈美さんが
“カルティエ”というメゾンの奥深き世界へと
毎回旅をし、感じたこと、発見したことを、
自らの文章で綴ります。

第1回は、ジャンヌ・トゥーサン。強い意志と
類いまれなるセンスをもち合わせた伝説の女性は、
保奈美さんの目にどう映ったのか…。

パンテール
パンテール

vol.1 「“パンテール”と呼ばれた女」 文・文字/鈴木保奈美

鈴木保奈美×Cartier
鈴木保奈美×Cartier

ざらりとした獣の毛がふくらはぎを掠めた気がして、現実に引き戻された。いつの間にか微睡んでいたのだ。床の上に何冊も積み上げられた、分厚い書物の隙間に横たわって。
カルティエの資料をいく日もかけて読み込んでいる。金色でタイトルが型押しされた、ずっしりと重い深紅の布貼りの背表紙。すべすべの紙に印刷された鮮やかなカラー写真。メゾンの華やかな歴史や、王侯貴族の逸話。宝飾技術の発展。価値観。芸術性。企業としての、社会的な取り組み。途方に暮れそうな膨大な資料の山に決死の覚悟で分け入っていくと、やがて、アラジンのランプを擦ったときのようにふうわりと薄紫色の煙が立ち上り、一人の女性の姿が現れる。小柄でショートカットで、微かな笑みをたたえている。足元に、しなやかな獣を従えている。あなたは誰?
彼女に関する評伝は驚くほど少ない。いや、驚くことではないのだろう。歴史上の女性の人生は、常に関わった男たちとの関係性でしか語られない。誰の娘として生まれ、誰の妻となり、誰の母となったか。そのかわり、波間にぽっこりと顔を出した時の記録しかないのだから、水面下の物語を、こちらは自由に想像することができる。彼女の面影に取り憑かれたわたしは、散らばった情報をかき集め、どこにも書かれていない物語で点と点をつないでいこうと試みる。

手書きメモ
手書きメモ
鈴木保奈美×Cartier
鈴木保奈美×Cartier

1914年から始めよう。サラエヴォ事件が起きて第一次世界大戦が始まった年。宝塚少女歌劇団が第一回公演を行い、東京駅が開業した年。ココ・シャネルがドーヴィルで新しいタイプの婦人服を売りまくっていた年。この年のパリに、ふたつの「ラ・パンテール」が存在した。
ひとつは、文字盤の周りを「スポッツ モチーフ」、つまり豹柄で装飾した腕時計。豹柄ったって、大阪のおばちゃんを想像しちゃあいけない。ダイヤモンドとオニキスでできているのだから。この時計はカルティエがネコ科の動物をモチーフにした最初の作品だといわれている。
アフリカの植民地へ豪勢な狩猟に出かけた貴族たちの戦利品である毛皮や牙や、いっそ生きた獣そのものを、博覧会で庶民が見られるようになった時代。エキゾチックで物珍しくて好奇心と征服欲を満たす、最新流行だったのだろう。いつの世紀もイケイケなご時世には、人はネコ科の野性に惹かれるものなのだ。
そしてもうひとつが、あの女性だ。ベルギーの、レース職人の娘。名はジャンヌ・トゥーサンという。恋人とパリにやってきた。友人たちは彼女を、「ラ・パンテール」と呼んでいた。

鈴木保奈美×Cartier
鈴木保奈美×Cartier

予感は、あった。爵位のあるこの恋人とは結婚はできないだろう。身分の違いを若さと情熱で乗り越えられるほど、貴族社会は甘くはないと、わたしは知っている。そんなこと誰でも知っている。アムールと結婚は別のものだ。それより、この街を見てよ。人間が、経済が、芸術が、ものすごい勢いで変化している。その真っ只中でわたしたちは、最新のモードに身を包み、オペラや展覧会に出かけ、最高のレストランで最高の知性と会話をし、ありとあらゆるセンスを磨いた。若くて利発で美しくて、無敵な二人だった。そうして彼の興味が新しい女性に移り、ひとつの恋愛が終わった。それだけのことだ。男の経済的な支えを失ったら自分の生活がどうなるか、そんなことを気にするのは流儀じゃない。そうね、ユトリロを産んだシュザンヌ・ヴァラドンのように、画家のモデルをするか洗濯女にでもなるか。その時はその時だ。わたしはなんとでもやっていける。

手書きメモ
手書きメモ
鈴木保奈美×Cartier
鈴木保奈美×Cartier

けれどそんなふうに潔くしなやかな「ラ・パンテール」を、男たちが放っておくはずもない。ルイ・カルティエもその一人だった。それが1914年のこと。

フランス語の名詞には男性名詞と女性名詞がある。テーブルも本も林檎も、パソコンでさえ、男性のle、あるいは女性のlaという冠詞を振り分けられる。動物を表す言葉にも同じことが起こる。ネコ科の動物はたいてい男性名詞だ。le lion(ライオン)、le tigre (トラ)、le jaguar(ジャガー)といった具合に。そのなかで、ただパンテールだけが、la panthère という女性名詞として表される。なぜ? 何か法則か謂れがあるの?とフランス語の教師に問うても、ううん、知らないわ、なんとなくじゃないかしらね?と苦笑するばかりだ。
カルティエが用いるネコ科パターンは、必ずしも豹の毛皮の柄というわけではない。トラの縞に近いものもあるし、これはどちらかというとチーターなのでは?と思わせる模様もある。にもかかわらず、フェリン(これはネコ科の動物の総称であるが)をモチーフにしたデザインを、la panthèreと呼ぶことにした。それがたとえ男性用の時計だったとしても、腕に巻き付くのは女性名詞のラ・パンテールだというわけだ。フランス人て、本当に粋なことを思い付く。

鈴木保奈美×Cartier
鈴木保奈美×Cartier

わたしが先か、あなたが先だったのか。たぶん同時だったのだと思うことにしている。この時代にこの街に、存在するべくして存在した二頭のパンテールが出会うのは、あまりにも必然だ。なにか面白いことが起きる気がする。わたしの予感は当たる。野心などない。ただ、美しいものを、新しいものを創って人々を驚かせたい。装うことの悦びを、アール・ド・ヴィーヴルを人々に届けたい。思いのままに生きたいだけなのだ。

手書きメモ
手書きメモ
鈴木保奈美×Cartier
鈴木保奈美×Cartier

予感の通り、ジャンヌ・トゥーサンとルイ・カルティエが結婚することはなかった。アムールと結婚は別物なのだ。けれど二人は最強のパートナーとなり、ルイはジャンヌをカルティエのハイジュエリー最高責任者に指名した。1933年、フランスの女性が参政権を手にするより10年以上前のことだ。このセンセーショナルな人事に、世間は、男たちは否定的な見方をしただろうか? どうやらそうではなかったようだ。なぜならジャンヌは誰もが称賛する美意識の持ち主で、先見の明とウィットに満ち、率直で陽気な愛すべき女性だったから。ついでに少々ワーカホリックでもあった。そうして彼女は誰かの妻や誰かの母として語られるのではなく、ジャンヌ・トゥーサンの物語を生きた。

どんな声で笑っていたのだろう。どんなスピードで歩いていたのだろう?聞きたいことが、教えてほしいことがたくさんあるのに。気づけば窓の外では陽が傾き、栖へ帰る鳥たちのシルエットが流れる。翳りを帯びた部屋のどこかに、わたしはさっきの獣の気配を探す。

今回使用したのは、リング『パンテール ドゥ カルティエ』[WG×エメラルド×オニキス×ダイヤモンド]¥7,458,000・ネックレス『パンテール ドゥカルティエ』[PT×エメラルド×オニキス×ダイヤモンド]¥33,660,000・時計『パンテール ソンジューズ』[WG×ダイヤモンド×エメラルド×オニキス×サファイア、クオーツ]¥27,192,000※すべて参考価格(カルティエ)ドレス¥322,300(ラルフローレン〈ラルフ ローレン コレクション〉) 靴/私物

SNS
Instagram LINE
Staff
撮影/浅井佳代子
スタイリスト/犬走比佐乃
ヘア&メイク/福沢京子
構成/喜多容子(Precious)
WEB制作/イクシアネクスト
  • 文中の表記は、PT=プラチナ、WG=ホワイトゴールドを表します。
  • 掲載商品の価格は、すべて税込みです。

© Cartier
Vincent Wulveryck, Collection Cartier © Cartier
Cartier Documentation Paris © Cartier
Vincent Wulverick © Cartier 2014