Precious会員とは、Preciousのサービスをお得に便利にご利用いただけるPreciousグループ共通のIDです。
Precious会員に登録すると、定期的に開催されるキャンペーンや読者プレゼントに応募する権利が与えられるなど、様々な特典を受けることができます。

MENSPrecious
FOLLOW US
INSTAGRAM
FACEBOOK
TWITTER
YOUTUBE
LINE
PR

革新的なダイヤモンドジュエラーとして世界中に夢と驚きを与えてきた「ティファニー」。
類いまれなる創造の歴史を、開催中の展覧会のハイライトと共に紹介します!

新たな扉が開かれる──
「ティファニー」187年の軌跡

豊富なコレクションと、映像技術を融合させた話題の展覧会『「ティファニー ワンダー」技と創造の187年』。
トップジュエラーとしての功績、そして現在も変わらないブランドの真髄に、改めて向き合います。


展覧会のハイライトのひとつが、ジャン・シュランバージェが「ティファニー」に参画して初めて製作した、ブドウの葉をモチーフにしたネックレス。庭の格子垣に絡みつく蔓の様子を、有機的に描いている。

『トレリスとリーフネックレス』[ゴールド×プラチナ×ダイヤモンド]ジャン・シュランバージェ for Tiffany&Co. 1956年

ブランドを象徴する
イエロー ダイヤモンドの
豊かな輝き

「ティファニー」を語るうえで外せないイエロー ダイヤモンド。1878年に手に入れた世界最大級のイエロー ダイヤモンド、通称『ザ ティファニー ダイヤモンド』は、映画『ティファニーで朝食を』のプロモーションで、オードリー・ヘップバーンが着用し、その黄金の煌めきを世に広めることとなった(展覧会ではかつて『ザ ティファニー ダイヤモンド』がセットされた『バード オン ア ロック』に着想を得た、最新のデザインとなって展示)。

人差し指『ティファニー ソレスト イエロー ダイヤモンド リング』[プラチナ×イエロー ダイヤモンド1.35ct×パヴェ ダイヤモンド]¥5,500,000・中指『同』[プラチナ×イエロー ダイヤモンド1.70ct×パヴェ ダイヤモンド]¥6,875,000(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク) ジャケット/私物

真の輝きを放つ
ダイヤモンドが
大人の魅力を後押し

「ティファニー」は現在、ダイヤモンドの最高品質基準が維持できるよう、0.18カラット以上のダイヤモンドに鑑定書が付き、すべての加工工程を記録する体制を整備。ピュアで美しい輝きは、きちんとした裏付けのもと生まれている。精巧なカットが際立つピアスとネックレスで、ダイヤモンドの煌めきそのものを堪能して。

『ティファニー ビクトリア™ グラジュエイテッド ライン ネックレス』[プラチナ×ダイヤモンド計15.42ct]¥18,535,000・『クラスター ピアス』[プラチナ×ダイヤモンド計10.18ct]¥31,130,000(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク) ブラウス/私物

Diamond
ダイヤモンドジュエラー
としての比類なき功績

地球上に存在する、希少なダイヤモンドやジュエリーを入手した功績が認められ「ティファニー」が「ダイヤモンド キング」と称されるようになったのは1869年のこと。また1887年にはオークションに出品されたフランス戴冠宝器の3分の1近くを入手したことは有名なエピソードとして、広く認知されています。展覧会では、そのアーカイブも数多く展示。フランスの宝石職人・バプスト兄弟の傑作など、歴史的財産となるダイヤモンド作品の保存はジュエリー界の発展へ、大きな貢献をもたらしたことの表れ。またブランドのクリエイティブルーツである、自然主義の影響もアーカイブから窺い知ることができます。

植物の瑞々しい姿を
巧みな技で具象化

1855年にフランスの宮廷宝飾職人だったバプスト兄弟が、ウジェニー皇后のために制作したブローチ。今回展示されているものは、同年のパリ万国博覧会で皇后が着用した、スグリの葉のブローチの一部。このように創業者チャールズ・ルイス・ティファニーが、貴族の所有する由緒ある宝石を初めてアメリカにもたらしたことも、「ダイヤモンド キング」と名付けられるきっかけになった。

ブローチ[ゴールド×スターリングシルバー×ダイヤモンド]バプスト兄弟 1855年

レースのように
可憐なネックレス

アメリカ・クリーブランド生まれの金融家であり慈善家、ジェフタ・ホーマー・ウェード2世が、妻に贈ったガーランド様式のネックレス。彼は、希少な宝石に夢中なコレクターであり、「ティファニー」の熱心な顧客でもあったという。ネックレスの中央部分はブローチに、チェーンはブレスレットとしても着用が可能。瀟洒な佇まい、緻密なつくりに、ため息がこぼれる。

ネックレス[ゴールド×プラチナ×ダイヤモンド] 1900年

世界でも希少性の高いダイヤモンドジュエリーを展示している部屋。ブランドの創造性の源となる、アール ヌーヴォーからベル エポック、アール デコといった、さまざまな時代の美術様式がわかるアーカイブピースを「ティファニー ワンダー」展では鑑賞することができる。

素敵な思い出が
紡がれるごとに
手元のリングも重ねて

自由な感覚でレイヤード。

左手/人差し指(指先から)『ティファニー ハーモニー™ バンド リング』[プラチナ×パヴェ ダイヤモンド]¥467,500・『ティファニーT トゥルー ワイド リング』[18Kローズゴールド×パヴェ ダイヤモンド]¥1,254,000・薬指『ティファニー トゥルー エンゲージメント リング』[プラチナ×センターダイヤモンド1.70ct×パヴェ ダイヤモンド]¥5,809,100・右手/薬指(指先から)『ティファニー ソレスト ハーフ エタニティ リング』 [プラチナ×ダイヤモンド]¥462,000・『ティファニー® セッティング エンゲージメント リング』[プラチナ×センターダイヤモンド1.58ct]¥5,535,200・リング『ティファニー ソレスト V リング』[プラチナ×パヴェ ダイヤモンド]¥462,000(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク) ブラウス/私物

Celebration
いつの時代も、祝福の場は
「ティファニー」とともに

エンゲージメント リングがそうであるように、常に、人生の喜びの瞬間に携わっている「ティファニー」。ジュエリーとエンターテインメントの融合も、ブランドのテーマのひとつ。さまざまな名作映画にジュエリーが登場し、公の場でトップアーティストがハイジュエリーを纏う姿を目にします。また「ティファニー」が、創業時に銀製品を手掛けていた背景から、多くのスポーツ分野において職人がトロフィーを制作してきたという歴史も。展覧会では実際のトロフィーが飾られており、「ティファニー」が、いかに幸福のジュエラーであるかを、実感することができます。

誕生130年を超えるアイコンデザイン

まるで、ダイヤモンドを浮き上がらせるかのように、6本の立て爪が支える『ティファニー® セッティング』。ラウンド ブリリアントカット ダイヤモンドが周囲の光を取り込み、最大限の煌めきを放つ、ブランドのシンボル的存在。パヴェタイプは、初代のデザイン誕生130周年を記念した際につくられた。

『パヴェ ティファニー® セッティング エンゲージメント リング』[プラチナ×センターダイヤモンド1.54ct×パヴェ ダイヤモンド] ¥6,175,400(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)

 

英国アカデミー賞2022において、レディー・ガガが登場した際に身につけた、計24カラット以上のダイヤモンドと計13カラット以上のエメラルドのネックレスも展示。1999年の『ブルー ブック』のために制作された作品。

ネックレス[ゴールド×プラチナ×ダイヤモンド×エメラルド]1999年

華やかな桜の映像が映し出された、臨場感あふれる展示ルーム。中央には、ブルーのケースに入った『ティファニー® セッティング』のリングが飾られている。

Creation
伝説のデザイナーが
繰り広げる圧巻の創造性

「ティファニー」が、ジュエリー界にもたらしたもうひとつの偉業が、天才デザイナーたちによる、創造性に満ちたデザインの数々です。それらは、今やアートピース!なかでも最も重要なデザイナーのひとり、ジャン・シュランバージェは、自然界から着想を得た独創的なデザインを制作。職人の高度な技術を用いながら夢のようなジュエリーを数多く生み出したことはブランドの歴史において、大きな変革を呼び起こしました。有名な『バード オン ア ロック』をはじめ、躍動感溢れる『ドルフィン ブローチ』や前衛的な『ソーンズ ブローチ』などが展覧会には登場。多彩な素材を取り入れながら描く、豊かで幻想的な世界は、ジュエリーを身につける高揚感を、体現するかのようです。

モダンにして優美な
棘のブローチ

放射状に伸びるイエローゴールドの棘が、50カラットのモルガナイトを囲む。ゴールドに命を吹き込むように表現する手法は、ジャン・シュランバージェの真骨頂。ちなみにモルガナイトは20世紀初頭に、「ティファニー」が世界にその存在と価値を広めた。

『ソーンズ ブローチ』[ゴールド×プラチナ×ダイヤモンド×カラーダイヤモンド×モルガナイト]ジャン・シュランバージェ 1947年 出所/ミリセント・ロジャース(1902~1953年)

いきいきと海を泳ぐ
魅惑のドルフィン

ジャン・シュランバージェの代表作のひとつ『ドルフィン ブローチ』は、女優エリザベス・テイラーの夫、リチャード・バートンが彼女に贈ったという逸話が(展示品は、テイラー所蔵作品以前に制作されたもの)。

『ドルフィン ブローチ』[ゴールド×プラチナ×ダイヤモンド×エメラルド×サファイヤ]ジャン・シュランバージェ for Tiffany&Co. 1962年(デザイン)提供/ジェニファー・ティリー

壁に『バード オン ア ロック』の映像が流れる、ジャン・シュランバージェの世界観に入り込むような展示ルーム。自然を愛し、写実的でもあり奇想的でもある彼の作品は、現在においても世界中のセレブリティを魅了している。

昔も今も愛される
大胆な色彩の
エナメル ブレスレット

ジャクリーン・ケネディが愛用していたことから"ジャッキー ブレスレット"との愛称も。モダンで存在感のある佇まいは、ジャン・シュランバージェの作品が、今なお色あせないことを証明するかのよう。

指先側から『ジャン・シュランバージェ エナメル ブレスレット』[18Kイエローゴールド×レッド エナメル]¥13,090,000・『ジャン・シュランバージェ エナメル ブレスレット』[18Kイエローゴールド×ライトブルー エナメル×ダイヤモンド]¥27,115,000(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク) ブラウス/私物

世界初公開のジュエリー180点を含む、
約500点もの貴重な作品を展示
「ティファニー ワンダー」
技と創造の187年

開催期間:2024年6月23日(日)まで
開催場所:虎ノ門ヒルズ ステーションタワー45階 TOKYO NODE(東京都港区虎ノ門2-6-2)
営業時間:9:00〜20:00 ※19:00最終入場
チケット情報:一般:2,000円、高校生・大学生・専門学校生:1,700円、シニア(65歳以上):1,700円、小学生・中学生:800円
※日時指定のチケットが必要
※チケットはティファニー公式アプリ または、チケットぴあ、イープラスにて購入可能
※学生、シニアは当日要身分証明書

詳細はこちら
Staff

撮影/生田昌士(hannah/モデル分、リング『ティファニー® セッティング』分)
スタイリスト/三好 彩
ヘア/TETSUYA YAMAKATA(SIGNO)
メイク/AKIKO SAKAMOTO(SIGNO)
ネイリスト/石間千織(uka)
モデル/大塚まゆか
構成/湯口かおり、池永裕子(Precious)
WEB制作/ネクスト

  • 掲載商品の価格は、すべて税込みです。