うねって広がりやすくなるのに、頭頂部がペタ~ッとなりやすい大人の髪。そんな髪には「ボブベースのスタイルが向いています」とnatura Aolaniのスタイリスト、玉山智士さん。「顔まわりに動きが出るようにレイヤーを入れておけば、普段のスタイリングは頭頂部はカーラーで根元を立ち上げるだけなので、ご自身でも扱いやすくなると思います」(玉山さん)

【お悩み】ペタッとなる頭頂部をふんわりさせたい!

ボブ代表:友澤朝美さん(44歳/会社員)のお悩みを解消するには…

■髪型:表面にはあまりレイヤーを入れず、毛量は耳の後ろで調節

完成
サイド
バック

友澤さんのHAIR CHART

  1. やわらかさ(柔→硬)★★★
  2. ボリューム(少→多)★★
  3. 髪の太さ (細→太)★★★
  4. うるおい (乾→潤)★★
  5. 白髪の量 (多→少)★★

毛量も太さも十分にあるものの、頭頂部だけペタッとしてしまう友澤さんの髪。「耳の後ろあたりの襟足部分の毛量が多く、膨らみやすいので、内側からすいて量を調節しています。表面にレイヤーを入れすぎると扱いづらくなると同時に、ちょっと古くさいスタイルになってしまうので、おすすめしないですね」(玉山さん)

■スタイリング:太めのカーラーで頭頂部を巻いて立ち上がりをつくる!

「直径3~5㎝くらいのカーラーで根元を立ち上げるように毛束を持ち上げて、毛先から巻いていくのがポイントです。なるべく長い時間、巻いていたいのでスタイリングの最初に巻いておいてください」(玉山さん)

スタイリング前

■1:最初に頭頂部、次に後頭部、最後に前髪の毛束をカーラーで巻く

毛束を頭皮に対して垂直に引き上げた状態で毛先からカーラーに巻き付ける。中央と後頭部のカーラーは後頭部方向に、前髪は顔方向に巻き付ける。

■2:160度のストレートアイロンで髪の中間部から毛先に向かって通す

毛先はカールを付けたい方向に手首を返すだけで、カールアイロンを使ったようなカール感に。

<老け見えをくい止めるポイント3か条>

  1. ■多すぎる毛量は表面ではなく内側で調節
  2. ■表面にレイヤーを入れ過ぎない
  3. ■スタイリングの仕上げにアイロンを使ってツヤをプラス

うねったりクセが出てくるとツヤがなくなって見た目も老けてしまうもの。「サロンでのトリートメントを習慣にすると、髪質が改善されるので扱いやすくなります。友澤さんの髪もヴィーナスケア トリートメントでツヤ感が上がりました」(玉山さん)

natura Aolani スタイリスト・玉山智士さん。ジムで体を鍛えるようになってから食事にも気を遣うように。「野菜をたくさん摂るようになりました」

問い合わせ先

natura Aolani
住所/東京都港区北青山3-5-8 青山OKビル9F
TEL:03-6721-1072
営業時間:火・土10:00~20:00 水・金12:00~22:00 木11:00~21:00 日祝10:00~19:00
定休日:月曜・第3火曜(月曜が祝日の場合は火曜に振り替え)

ハワイ語で「心地よく流れる雲」という意味のAolani。まさに言葉通りのゆったりとした時間が流れるサロン。
この記事の執筆者
美しいものこそ贅沢。新しい時代のラグジュアリー・ファッションマガジン『Precious』の編集部アカウントです。雑誌制作の過程で見つけた美しいもの、楽しいことをご紹介します。
PHOTO :
古谷利幸〈F-REXon〉
WRITING :
中島祐美
DIRECTION :
青木 笑