ベーシックアイテムをこよなく愛し、ピリッとしたスパイスの効かせ方がいつもかっこいいヴィクトリア・ベッカム。最新のSNAP写真では大半がパンツルックということから、今回はそのスタイルに注目してみました。

靴が見え隠れするほどのフルレングスのパンツを、身長163cmとは思えないほどすらりと脚長に仕上げた美しい姿は圧巻です。クールさが際立つ黒と白、インパクト十分なレッド、クラシカルなツイードと、さまざまな4パターンのパンツの着こなしを見てみましょう。

ベーシックでも迫力十分!ヴィクトリア・ベッカムの脚長パンツスタイル4選

■1:ショート丈ニットで上半身をコンパクトにまとめ、黒パンツをさらに脚長に

フルレングスの黒パンツのモード感に合わせて、インに着たドット柄のブラウスもエッジィなデザインをセレクト。個性的な襟のデザインが、顔回りりをセンスよく彩って。
フルレングスの黒パンツのモード感に合わせて、インに着たドット柄のブラウスもエッジィなデザインをセレクト。個性的な襟のデザインが、顔回りりをセンスよく彩って。

自身がデザイナーを務めるブランドの秋冬コレクションを発表した2019年2月18日の着こなし。コレクションでも発表したリング柄のショート丈ニットを合わせて、黒パンツをハンサムにコーディネートしていました。

ニットの短さがウエスト位置を高く見せ、自然と脚長効果を発揮。袖からドット柄のブラウスをのぞかせて、抜け感をアピールしたアレンジもバランス良好です。

■2:ビビッドレッドの迫力に負けないスネーク柄シャツで、辛口フェミニンに

ヘアスタイルは女性らしくアップに。服にインパクトがある分、ヘアはコンパクトにまとめてすっきりさせたい。
ヘアスタイルは女性らしくアップに。服にインパクトがある分、ヘアはコンパクトにまとめてすっきりさせたい。

パンツだと敬遠しがちな鮮やかカラーのパンツですが、ベーシックカラーをコーディネートすれば意外にすんなりと着こなせます。

ヴィクトリアは、ビビッドな赤をセレクトして華やいだ雰囲気に。パンツのインパクトに合わせて、スネーク柄のブラウスで上下のバランスをとっています。アウターはベーシックな黒のチェスターコートにしてさらにかっこよさを加速させていました。

■3:重たいツイード素材のセットアップには、淡い色味のブラウスで軽やかさを強調

セットアップをかしこまった表情に見せないのはサングラスのおかげ。スタイリングにこなれたクールさが光ります。
セットアップをかしこまった表情に見せないのはサングラスのおかげ。スタイリングにこなれたクールさが光ります。

ハンサムなツイード素材のセットアップを着こなすのもお得意。ただ上下とも重たく見えるツイード素材だから、ブラウスには淡いピンクを合わせて女性らしく軽やかに。

もちろん白シャツでもマッチしますが、おしゃれっぽさが際立つのは断然淡いトーン。さらに襟にフリルがあるデザインなので、セットアップと甘×辛のテイストミックスになって、新鮮さが光ります。

■4:ベルトとバッグに赤を効かせて、モノトーンの着こなしをセンスよく引き締めて

シャツのボタンをちょっと下まで開けて、そこにロングネックレスを加える技ありのテクニックも、こなれた印象を高めています。
シャツのボタンをちょっと下まで開けて、そこにロングネックレスを加える技ありのテクニックも、こなれた印象を高めています。

シャツとパンツを白でまとめたときには、ベルトで引き締め効果を狙うのがおすすめ。この日、白パンツを着たヴィクトリアは、ベルトに赤をコーディネート。これでモノトーンの着こなしが一瞬にして華やかにグレードアップします。

ベルトだけだと赤の分量が少ないので、バッグにも赤を投入するとちょうどいいアクセントに。もちろんヴィクトリアを見習って、ネイルも赤で統一すればパーフェクトです。


パンツをかっこよく着こなすヴィクトリア・ベッカムは、トップスとのバランス、甘辛ミックスの色合わせ、アクセントになる小物使いなど、脚長スタイルをつくり上げる見逃せないポイントが詰まっていました。

ぜひ今後のおしゃれに取り入れて、センスのよいパンツスタイルを楽しんでください!

この記事の執筆者
TEXT :
Precious.jp編集部 
2019.2.26 更新
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
PHOTO :
AFLO
EDIT&WRITING :
佐野有紀