アカデミー賞の授賞式で、レディー・ガガがティファニー(Tiffany&Co.)の伝説的ジュエリー「ティファニー ダイヤモンド」を着用!

「ティファニー ダイヤモンド」をまとったレディー・ガガ

第91回アカデミー賞授賞式で『アリー / スター誕生』でアカデミー賞主演女優賞と優秀歌曲賞にノミネートされたレディー・ガガが、「世界最大級のティファニー ダイヤモンド」をまとい登場したことが世界的な話題となっています。

それもそのはず、実はこの大きなイエローダイヤモンドが印象的なネックレス、かの有名な映画『ティファニーで朝食を』の宣伝写真撮影でオードリー・ヘプバーンが着用して以降、公の場で着用されるのは“初”! 映画ファンのみならず、この歴史的な”事件”に注目が集まっているのです。

伝説の「ティファニー ダイヤモンド」とは?

伝説の「ティファニー ダイヤモンド」

1877年に南アフリカのキンバリー鉱山で発掘されたティファニーの「ティファニー ダイヤモンド」は、19世紀に発見されたジェムストーンのなかで最も価値が高いダイヤモンド。

翌年に創設者であるチャールズ・ルイス・ティファニーがその原石を購入し、名声を得たことはあまりにも有名なストーリーですが、「黄色いダイヤモンドはダメだ」とされていたその時代の定義を覆したのも、このダイヤモンドの登場がきっかけでした。

レディー・ガガの担当スタイリストがコメント!

レッドカーペットを沸かせたレディー・ガガ

82面を超えるファセットをもつ128.54カラットの華麗な「ティファニー ダイヤモンド」。その輝きをまとったレディー・ガガがレッドカーペット上に現れた瞬間、歓声が湧き上がりました!

彼女の担当スタイリストであるSandra Amador(サンドラ・アマドール)とTom Eerebout(トム・ エレバウト)は、「このような素晴らしいデザインと歴史を持つジュエリーをスタイリングすることができ、今夜まさに夢が叶ったようです。世界には美しいジュエリーが沢山ありますが、128カラットを超える輝かしいティファニー ダイヤモンドは格別な美しさを放っており、まさにレディー・ガガこそが身に着けるべきジュエリーだと思います」とコメント。

メゾンの新たな歴史が刻まれた瞬間は、世界中で注目の的です。レディー・ガガはまさに今、ジュエリーの「歴史」に名を残す存在となったのです。このダイヤモンドを次に着用する方は、いったい何年後に現れるのでしょうか? 期待せずにいられません!

問い合わせ先

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
EDIT&WRITING :
石原あや乃