太って見える、顔の大きさが目立つなど、デメリットばかりが注目される丸顔。そんな丸顔をカバーできるショートヘアのポイントをPEEK-A-BOO AVEDAアトレ恵比寿店・トップスタイリストの須賀真之介さんに伺うと、「頭頂部に高さを出す」「もみあげと襟足の長さを残す」ことだと断言します。

「頭頂部に高さを出すことで丸かったシルエットを縦長に。もみあげでフェイスラインを隠すと、より理想的な卵型に近づけることができます。襟足を長めに残すことも大切。襟足があることで、大人の首元がすらっと美しい印象になります」(須賀さん)

それらの条件を踏まえて、今回須賀さんが提案してくれたのが、大人もチャレンジしやすい「ショートウルフ」。動きのある頭頂部に、長めの襟足が特長的なレイヤースタイルです。どのような髪型なのか、詳しく紹介します。

■髪型:トップのボリュームとしなやかな毛流れでハチの張りも気にならない!

丸顔のショートヘア代表:三ヶ尻恵理さん(47歳/会社役員)の場合

完成
サイド
バック

三ヶ尻さんのHAIR CHART

  1. やわらかさ(柔→硬)★★★★
  2. ボリューム(少→多)★★★★★
  3. 髪の太さ(細→太)★★★
  4. うるおい(乾→潤)★★★
  5. 白髪の量(多→少)★★★

毛量が多く、ハチの張りも気になるという三ヶ尻さん。

「ハチが目立つと丸顔を強調することになるので、グラデーションカットで丸みをつけて、ハチが目立たないようにカットしています。後頭部はふわっと立体的に、襟足にかけてくびれをつくり、もたつかないように調整。何もしなくても綺麗にまとまるようカットしています」(須賀さん)

■スタイリング:前髪の割れは地肌をこするように乾かすことで解消!

「前髪が割れてしまうと台無しなので、分け目ができないようにドライヤーでしっかりと乾かして。つむじから前に向けて熱風を当てながら、指のひらで地肌をこするように乾かすと、根元が立ち上がり分け目ができにくくなります」(須賀さん)

スタイリング前

■1:分け目をつくらないようにドライヤーで乾かす

つむじからフロントへ向けて熱風を当てる。指の腹で地肌をこするように左右へ髪を振る。

■2:前髪を流したい方向へ整える

ドライヤーを当てながら前髪を手ぐしで整える。

■3:ワックスを手のひらに伸ばして握るようにつける

ワックスは親指の爪くらいの量を手のひらに伸ばす。握ることで束感が生まれ、毛流れも整う。

■4: ハチを抑える

残ったワックスで目立ちやすいハチを抑えれば完成。

〈丸顔ショートヘア スタイリングのコツ3か条〉

  1. 前髪が割れないように頭頂部から前に乾かす
  2. ワックスは握るように揉み込む
  3. 仕上げにハチを抑える!

「毛量が多く、広がりやすい髪質の方は、ワックスにオイルを少し混ぜると、ボリュームダウンできるのでオススメです。オイルだけだと乾いたときにスタイルがキープできないので、ワックスを混ぜることでキープ力を高める効果も」(須賀さん)

PEEK-A-BOO AVEDAアトレ恵比寿店・トップスタイリストの須賀真之介さん。国内旅行が趣味だという須賀さん。「最近行ったのは山口県や和歌山県。ドライブが好きでいつも東京から車で行きます。今までで一番楽しかったのは青森!」

お問い合わせ

PEEK-A-BOO AVEDAアトレ恵比寿
住所:東京都渋谷区恵比寿南1-6-1 アトレ恵比寿西館7F 
TEL:03-5773-5595 
営業時間:10:00~21:00(カット最終受付~19:30) 
定休日:不定休(アトレ恵比寿の休館日のみ)

AVEDAとコラボした店舗。確かな技術と自然は由来の製品で、オリジナリティのある健康的な髪へとトータルデザインしてくれる。

 

 

 

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
PHOTO :
古谷利幸〈F-REXon〉
EDIT&WRITING :
青木 笑