DRIES VAN NOTEN(ドリス ヴァン ノッテン)が、南青山のフラッグシップショップ10周年を記念し、特別なエキシビション「INTERPRETATIONS, TOKYOー17世紀絵画が誘う現代の表現」を開催。原美術館にて、2019年3月29日(金)〜31日(日)の3日間限定で、日本の若手アーティストとコラボレーションした作品が展示されました。

DRIES VAN NOTEN(ドリス ヴァン ノッテン)の唯一無二のエキシビションが開催!

『A dispute between Achilles and Agamemnon(アキレスとアガメムノンの口論)』

このエキシビションでは、ドリス ヴァン ノッテン青山店1階に飾られている、17世紀に画家、エラルート・デ・ライレッセによって描かれた2枚の絵画と、10年前の青山店オープンの際に、日本を代表するアーティスト、蜷川実花氏と堂本右美氏がこれら17世紀の絵画を解釈し制作した、青山店2階に飾られている作品が展示されます。

デザイナー自身が選考した「3名の日本人アーティスト」が自由に描く

さらに、10年の時を経て、新たに日本の若手アーティスト、安野谷昌穂氏、石井七歩氏、佐藤 允氏の3名がライレッセの絵画を自由に解釈し表現した作品も展示。若手アーティスト3名によって、新たに制作された解釈作品は4月から10年間、ドリス ヴァン ノッテン青山店に飾られることが決まっています。

『Paris and Apollo kill Achilles, hitting him with an arrow in his heel(パリスとアポロが、アキレスの踵に矢を向け命を狙う)』

すべての作品をゆっくりと堪能することができる、貴重なこの機会をお見逃しなく!

エキシビション詳細

  • 場所/原美術館
    期間/2019年3月29日(金)〜31日(日) ※終了
    時間/11:00〜17:00(日曜日のみ〜20:00)
  • TEL: 03-3445-0651
  • 住所/東京都品川区北品川4-7-25

 

問い合わせ先

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。