大きな話題を集めそうなホテルがまた新たにオープンしました。2019年4月4日(木)にオープンした「MUJI HOTEL GINZA」は無印良品の思想を体現したホテルで、MUJI HOTELとしては中国に続く世界3店舗目。国内では初となります。そんな注目のホテルの中身を早速、チェックしてきました。

ホテルのフロントは無印良品 銀座の建物の6階。客室は7階から10階の4フロア。

「MUJI HOTEL GINZA」のコンセプトは、「アンチゴージャス、アンチチープ」がコンセプト。旅先であっても、いつもの生活の延長の感覚で心地よく過ごせる空間としてのホテル。客室に備えられているフロアライトやアロマディフューザーなどの備品の多くは無印良品の商品で、気に入ったものがあれば無印良品の店舗ですぐに買って帰ることができます。一部ソファーやテーブルなど、ホテル仕様にするため実際には商品化されていないものもありますが、評判によっては今後の販売が検討されるものもあるそうです。

畳の小部屋に無印のケースのようなバスタブがつくる、シンプルリュクスな空間

このホテルには9タイプ、全79室の部屋があり、最上級クラスの部屋となる「TYPE I」の部屋がこちら。広さは52㎡、ツインベッドで、リビングスペースのほかに奥には畳のスペースがあって備え付けの本を読むなどしてくつろげるようになっています。本は「花鳥風月」をテーマにセレクト。こちらの部屋で、1泊2名で¥55,900~。

ホテルの宿泊予約は公式サイトからのみ受付けています。

天井高があるので、一般的なホテルよりも開放感があります。
少し狭い感じが、ホテルの中ですが日本の住宅のような気分を味わえそうです。
無印良品の世界を体現したバスルーム
バスタブはこちらの部屋のみヒバの木を使用したもの。
TYPE Gは最大3名宿泊可能な2段ベッド。

日本各地の風土を味わえるレストラン「WA」を併設

ホテルのフロントを抜けた先にあるのが、こちらのレストラン「WA」。南北に長い日本では、地域によって異なる気候や風土で育まれ、食べ繋がれてきた味があります。WAでは定期的に日本各地を訪れ、それぞれの地域の暮らしとともにある味を見つけて、3か月に1度地域を変えながら提供するスタイルをとっています。初回は6月末まで大分県のメニューを提供します。

朝食はビュッフェスタイルで「和食と洋食おすきなものをお好きなだけ」¥1,800、ランチは「お魚またはお肉のおぜん」が¥1,600、ごまだしうどんセット¥1,000、ディナーはとり天¥1,000、和牛すきやき¥2,420などをラインナップ。日本全国の風土を銀座で味わえるって幸せですね。

壁面には古い船の鉄板を切り出して再利用しています。
「大分のおぜん」¥1,200
「春の恵み卵とじ」¥940
「とり天」¥1,050
「りゅうきゅう」¥1,540

レストラン「WA」
営業時間/朝食 7:00〜10:00(9:30 L.O.)、昼食 11:30~15:30(15:00 L.O.)、夕食 17:30~22:30(22:00 L.O.)
席数/51席

問い合わせ先

 

この記事の執筆者
TEXT :
Precious.jp編集部 
2019.5.8 更新
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
WRITING :
北本祐子