化粧品は日々進化し、その勢いを最も実感し感動するのが若返り成分を多く配合しやすい形状である「エイジングケアクリーム」なのです。そのことを熟知している賢者たちは、「1品使いよりも2品使いするのが常識」。

なぜなら、有効成分の肌へのアプローチが複数になり、効き目に幅が出て、シワ、たるみ解消効果が2倍にも3倍にもはね上がるからです。

そこで、今回はエイジングケアクリームは、なぜ2個必要? どれを選ぶべき? その理由を美容愛好家・野毛まゆりさんが教えてくれました。

朝はキメ補正効果が高く、軽い感触のクリームで武装を。劣化が止まらない、エイジングの悪循環を断つ2品!

エイジングケアクリームは一瞬にしてキメをシュッと整え、均一感を生む…。これは美容液や乳液では実感できない効果。朝はメイクがくずれそうだからクリームは使わないという人もいると思いますが、それはかなりもったいないのです。ファンデーションのノリが劇的によくなり、夕方までリタッチ不要の肌に。

私も朝からべたつくのは避けたいので、愛用しているのはドゥ・ラ・メール『ザ・モイスチャライジング クール ジェルクリーム』。ひんやりスルッとなじんだあと、もっちり。表面はさらりと快適という理想テクスチャーなのです。夜は、ダメージのリセット力が高いゲラン『オーキデ アンペリアル ザ クリーム』を。年齢は若さを奪うものではなく、新しい美しさを積み上げていくものということを初めて実感させてくれた名品。第4世代になり進化し続けているのも魅力です。(談・野毛まゆり)

野毛まゆりさんセレクトの「エイジングケアクリーム」2選

左/肌細胞の低酸素症を阻止。活力を取り戻し、輝く若肌に。ゲラン オーキデ アンペリアル ザ クリーム 50ml  ¥54,600  右/炎症肌をスッと落ち着かせ、なめらかなハリ肌を形成。ドゥ・ラ・メール ザ・モイスチャライジング クール ジェルクリーム 60ml  ¥36,000

■1:朝に使用する、ドゥ・ラ・メール「ザ・モイスチャライジング クール ジェルクリーム」

このブランド自慢の美肌成分ミラクル ブロス™などをケルプジェルのカプセルに閉じ込めることで、快適なジェルクリームの感触に。さっぱりしながら美肌成分はたっぷりなのが優秀です。

■2:夜に使用する、ゲラン「オーキデ アンペリアル ザ クリーム」

このラインの要であるオーキッドのパワーで肌の低酸素症を改善することでエネルギー生成が高まり、若々しい細胞の長寿、生成が実現。強いハリが生まれ、輪郭が引き締まります。

\エイジングケア効果を高めるひと手間/

ゲラン オーキデ アンペリアル ザ アイ&リップ 15ml  ¥23,500 

ラインでそろえれば相乗効果が高まる、という計算のもと開発しているもの。なので加齢が目立つ目元のケアには、クリームと同じ最高峰ラインでそろえて、スピーディーに若返りを計りましょう。

※掲載した商品はすべて税抜です。

問い合わせ先

この記事の執筆者
1961年生まれ。外資系化粧品会社の販売・教育トレーナー・広報PRを経て独立。美容業界30余年、現在は女性誌・テレビ・ラジオにて美容コメンテーター、また企業の研修会や講演会にて、美容・接客・販売の講師も務める。著書に『美しいものを売るために大切なこと』(WAVE出版)がある。 好きなもの:フレディ・マーキュリー(12歳のころから超超激愛、当時から来日時は“追っかけ”してました)、初期の『SEX and the CITY』、中原淳一、オーブリー・ビアズリー、古い日本映画、グスタフ・クリムト、野天風呂、芥川龍之介、アクリル絵の具、百貨店の化粧品売り場、谷崎潤一郎、美容室、矢沢永吉、タイのホアヒン、西伊豆土肥の夕日、冷房の効いた夏の部屋、化粧品、秋と冬、楳図かずお、日本茶
PHOTO :
戸田嘉昭・池田 敦(パイルドライバー)
EDIT :
荒川千佳子、長田和歌子、五十嵐享子・佐藤友貴絵(Precious)