この春は、プリーツスカートが流行の兆しですね。
編集部でも素敵に着こなしている女性がいて、
トライしてみたいなと思っていました。
ただ、布をふんだんに使ったプリーツは、
小柄だと難しいイメージもあって買いあぐねていたところ、
サラサラと落ち感のいい素材のスカートを試着したら、
広がることもなく、意外にすっきり見えることを発見!
ようやく手にすることができた次第です。

カットソーはインで着て、ショート丈のブルゾンで上半身をコンパクトに。ブルゾン/セリーヌ カットソー/アリクアム スカート/AERON ピアス/サイモン アルカンタラ バッグ/DRAGON 靴/PELLICO

柄物なのも一見、難しい印象でしたが、
ベースになっている白をトップスに合わせれば、
これまたすっきり見えている模様。
春めいた温かい日和ではありましたが、
朝晩はやはり冷えるので、
白のレザーブルゾンを重ねてみました。
プリントのなかに黒やベージュも配されているので、
トップスも白以外でも楽しめそうで、
今のお気に入りのボトムになりました。

ほのかにピンク味を帯びたベージュが、地黒の私の肌色とは相性がよく、ひざ下に一体感をもたせてくれます。靴/PELLICO

プリーツといい、プリントといい、
気に入って買ったこのスカートですが、
実は難しかったのが着丈。
マキシ丈のほうが、かえってパンツ感覚で着られて、
身長が低くても、バランスよく見えるものですが、
ふくらはぎの中央で切れる、いわゆるミモレ丈が、
足を分断して、下半身を短く見せてしまうようです。

そこでスカート下からのぞく脚を
少しでも長く見せられるように、
肌色とほぼ同色のベージュの靴を
合わせてみることにしました。

このピンクベージュの靴はフラットヒールですが、
脚からつま先までが一体化して見えることで、
スカート下の脚が伸びたかのような錯覚を覚えます。
これでなんとか難度の高いミモレ丈も、
攻略できたかな? と思っているところです。

(写真/エディターH&J 文/エディターJ)

【身長152㎝の着こなし】シリーズはこちら