ポロシャツの顔といえば何と言っても「ロゴ」である。どのブランドも必ずと言っていいほどロゴを採用しているが、そのロゴを見てどのブランドなのか推測するユーモアすら感じる。実は大概のブランドがプリントではなく刺繍でロゴを表現しているのをご存知だろうか。意外にも手の込んだ一着なのである。

ワンポイントロゴが夏らしさを感じさせるポロシャツ

誰もがわかるワニのロゴ「ラコステ」のポロシャツ

ポロシャツ各¥13,000(ラコステお客様センター)

フランス出身のプロテニスプレイヤーだったルネ・ラコステが現役引退後に創業させたブランド。言わずと知れたポロシャツ界の王様だ。様々なシルエットに豊富なカラーバリエーションなど幅広いラインナップはあらゆる世代、そしてあらゆるファッションシーンで取り入れられるまさにキング・オブ・ポロシャツだ。

さり気ないブランドロゴの「ギ ローバー」なら、ビジネスシーンでも使いやすい

ポロシャツ各¥16,600(シップス 銀座店〈ギ ローバー〉)

胸元でなく裾に施された控えめなブランドロゴの刺繍がなんとも可愛らしい、ギ ローバーのポロシャツは、普段使いはもちろんのことノータイを意識したクールビズスタイルにもピッタリ。シャツブランドとして名高いイタリアを代表するギ ローバーがつくる圧倒的クオリティを誇るボタンダウンのポロシャツは、襟を高めに設定することで立体的かつ首回りを美しく見せることが可能。ノータイスタイルでも凛とした男らしい装いを演出できる。

哀愁漂う男がロゴの「ポール・スチュアート」のポロシャツ

ポロシャツ各¥9,800(SANYO SHOKAI カスタマーサポート〈ポール・スチュアート〉)

塀の上に座るエレガントな装いの男性がモチーフ、通称「マン・オブ・ザ・フェンス」のロゴが繊細かつ丁寧に刺繍されたポール・スチュアートのポロシャツは、写真以外にも、イエローやブルー、グリーン、オレンジなど鮮やかな色も合わせ全12色展開とバリエーション豊富だ。ポロシャツ一枚で着ても良いし、ジャケットなどと合わせ夏らしいカラーコーディネートを楽しむのも良い。

以上、ロゴポロシャツを紹介した。アイコニックなロゴが刺繍されたポロシャツは、それだけで気分が上がるアイテムだ。これからの暑くなる季節に重宝するポロシャツをぜひこの機会に抑えていただきたい。

※価格はすべて税抜きです。

問い合わせ先

この記事の執筆者
名品の魅力を伝える「モノ語りマガジン」を手がける編集者集団です。メンズ・ラグジュアリーのモノ・コト・知識情報、服装のHow toや選ぶべきクルマ、味わうべき美食などの情報を提供します。
Faceboook へのリンク
Twitter へのリンク
PHOTO :
島本一男
STYLIST :
河又雅俊
EDIT&WRITING :
河又雅俊