カルチャー

「カルチャー」に関する記事一覧ページです。世界各国の文化を学び、知的好奇心を満たすことは、ファッション・ライフスタイル・モノにこだわる男性にとって、大きな楽しみのひとつだ。ブランドが持つ歴史や世界観が生まれた背景はもとより、ジェントルマンの今昔を知ることも、豊かなる人生を送らんとする男性の必須科目である。

CULTURE2018.8.25

バブル時代よもう一度! 何度でも読みたい…

漫画を読んだことはなくても、その絵柄を知らない人は少ない。80年代を象徴する漫画家であり、…

TEXT :
MEN'S Precious編集部
LIFE STYLE2018.8.12

国家のプライドをかけた歴史的判決を見逃す…

レバノン全土を震撼させる騒動と発展させた法廷を舞台にした映画。裁判の中で繰り広げられる論…

TEXT :
林 信朗
TAGS :
映画映画は大人の学校だ
CULTURE2018.8.11

「バミューダの濡れた砂」ジャクリーン・ビ…

まだインターネットなどない昭和の時代、男は海外の映画で、大人の世界を学んだ。男らしさ、優…

TEXT :
櫻井 香
TAGS :
映画淑女蒼き時代の女神たち
LIFE STYLE2018.8.8

正直羨ましい。男をもオトス俳優の鋭い眼差…

映画好きにとって誰しもが「観たい俳優リスト」を頭の中で考えているだろう。アニメや小説の実…

TEXT :
林 信朗
TAGS :
映画映画は大人の学校だ
LIFE STYLE2018.8.5

狙いは1億5000万ドルの宝石! あの犯罪スペ…

世間を騒がせた犯罪集団「オーシャズ」がスクリーンに帰ってきた! アン・ハサウェイ、ケイト…

TEXT :
林 信朗
TAGS :
映画映画は大人の学校だ
CULTURE2018.7.30

不屈、孤独、愉楽。成功者チャーチルに学ぶ…

チャーチルのような大物は、われわれ凡人にとって「近づき難い」「遠い」印象があるかもしれな…

TEXT :
林 信朗
TAGS :
伊達男イギリス文化
CULTURE2018.7.26

昭和のすごい偉人! 北大路魯山人

何かを得るためには何かが犠牲になる。この犠牲という代償が重く、受け入れがたいため、ひとは…

TEXT :
林 信朗
TAGS :
伊達男日本文化ダンディズム烈伝
CULTURE2018.7.13

cero(セロ)が生み出す、ミクスチャー感あ…

フェスなどでのライヴ活動でその名が知れ渡るバンド、cero(セロ)。4作目のアルバムでは、幅…

TEXT :
菅原幸裕
TAGS :
音楽音楽とダンディズムの深い関係
CULTURE2018.7.4

パレルモ、答え合わせの旅

毎年6月はメンズのファッションウィークが行われる季節ですが、僕が考えるにヨーロッパが1年…

TEXT :
山下英介
TAGS :
ECCENTRIC DANDY
LIFE STYLE2018.6.30

W杯の熱がさめやらぬうちに観てほしい! イ…

2006年に発表された、デイヴィッド・ピアースの小説”The Damned Utd”を基に製作された作品『…

TEXT :
林 信朗
TAGS :
映画伊達男映画は大人の学校だ
CULTURE2018.6.24

【2018年下半期】占星術で読み解く男の運勢

本物のラグジュアリーを追求する、こだわりを持った男性のための2018年下半期(7月~12月)の1…

TEXT :
MEN'S Precious編集部
CULTURE2018.6.6

わたせせいぞう・ワンダーカクテル vol.3…

第三回は、灯台跡にあるジェシィズバーが舞台。バーで出会った女性がピアノへの想いを語り出し…

TEXT :
わたせせいぞう
TAGS :
ワンダーカクテル
CULTURE2018.5.31

西城秀樹の歌声は、シティ・ポップとして現…

先日急逝した西城秀樹。ファンではなくてもその死に大きな喪失感を覚える人は多いに違いない。…

TEXT :
菅原幸裕
TAGS :
音楽音楽とダンディズムの深い関係
CULTURE2018.5.31

ブロードウェイにも「#MeToo」の風!! 女優…

ニューヨーク演劇界最大のイベント「トニー賞授賞式」が現地時間の6月10日夜に開催される。日…

TEXT :
水口正裕
TAGS :
音楽オペラミュージカルN.Y.ならミュージカル劇場へ行こう!
CULTURE2018.5.29

昭和の銀幕スターの洒脱な着こなしテクニッ…

現在私たちは英国やイタリアの背広をあたりまえに着用するが、果たしてそれは自分たちにとって…

TEXT :
MEN'S Precious編集部
TAGS :
日本文化スーツ伊達男
MAGAZINE

LATEST ISSUE |

伝説のプリンシンプルとお洒落極意

「白洲次郎」

RECOMMEND ARTICLE