フィリピンの次なるビーチ・ディストネーションとして、注目を集めているノーザン・パラワン(パラワン諸島)。なかでもユニークな形をした石灰岩の島々が点在するエルニドは、無垢の自然がたっぷりと残り、旅行サイト『トリップアドバイザー』などのビーチランキングで上位にランクインしています。

エルニドのリオ空港へはマニラから国内線で約1時間15分、セブ島やボラカイ島からも国内線が毎日飛んでいます。空港近くの桟橋からボートで移動すること約25分。“太陽の島”というニックネームで呼ばれる、1島1リゾートのパングラシアン島が見えてきます。

サンライズとサンセット、どちらも1日のハイライト

白い砂浜に面したビーチバー
白い砂浜に面したビーチバー。波打ち際のすぐ近くに豊かなマリンライフが

南を向いた東西に細長い島は、背後に熱帯雨林の小高い丘を抱き、この周辺では貴重な750メートルもの白砂ビーチがのびています。波打ち際から少し泳げば、リーフフィッシュが群れる、豊穣の海。敷地内を散歩していると、草むらから尾っぽを隠し忘れたオオトカゲや、遊びに来たサルと出会うことも。そして、この島ではサンライズとサンセット、両方を拝めるのもポイントです。

島の面積は約4.85ヘクタールとそれほど大きくはなく、ヴィラ数も42棟と、ちょうどいいサイズ。パーソナルサービスの評判も高く、スモール ラクシャリー ホテルズ オブ ザ ワールドの一員でもあります。

42棟のヴィラは窓から緑の息吹が伝わる開放的なデザイン

大きなガラス窓が両サイドに開いたビーチヴィラ
大きなガラス窓が両サイドに開いたビーチヴィラ

クゴンという草で屋根を葺いたヴィラは、コンテンポラリーなフィリピン・スタイル。窓を大きくとった65平方メートルの室内と、15平方メートルのバルコニーの、ゆとりある間取りで、自然がすぐそばに感じられます。室内には、滞在中に利用できるストローハットの用意も。ヴィラはほぼ同じ造りながら、ロケーションにより4タイプに分かれます。

ヴィラに用意された3タイプのハット
各ヴィラには3タイプのハットが用意されています
プライベートプール付きのプールヴィラ
プライベートプール付きのプールヴィラ。ビーチヴィラよりもやや内陸側に位置

高さ15~18メートルの「キャノピーヴィラ」は、2012年の開業から木々が成長し、緑の中に埋もれるよう。木々で海は見えないものの、波音が聞こえ、セミの声に包まれます。唯一バスタブがあるのも、こちら。「ビーチヴィラ」は直接ビーチへ降りることができ、「プールヴィラ」はプライベートプール付き。島の西のはずれにあるひっそりとした入江に築かれた「カラウ・ヴィラ」は、このリゾートの最上位クラス。ラッププールやガゼボを4棟のヴィラでシェアでき、グループやファミリーで貸し切って利用するのも一案です。

ヴィラエリアの近くにあるリゾートセンター
ヴィラエリアの近くにあるリゾートセンター。インフィニティプールとレストラン&バーがあります
海の眺めを楽しみながら、朝食がいただけるアミアナンレストラン
海の眺めを楽しみながら、朝食がいただけるアミアナンレストラン

メインエリアにはレストランやバー、ラウンジなどがゆったりと配置され、さらにヴィラエリアには、インフィニティプールやグリルレストランなどを置く「リゾートセンター」もあります。ゲストはそれぞれ気に入りの場所でくつろぎ、島全体がしっとりとした静けさに包まれています。

フィリピンに伝わる“ヒロット”マッサージもメニューに並ぶスパ
フィリピンに伝わる“ヒロット”マッサージもメニューに並ぶスパ

豊富な無料アクティビティーでストレスフリーに遊べる

リゾートのコンセプトは"エコ・ラグジュアリー"。贅沢であるだけでなく、自然に触れ、土地の文化を知り、環境への興味を抱かせるきっかけがちりばめられています。例えば、島に常駐しているエンバイロメント・オフィサーというスタッフが自然や環境への興味を喚起させ、「スハイラウンジ」(エコセンター)では地域の暮らしの知恵や昔の慣習などが展示されています。

自然や環境、島について知識が深められる「スハイラウンジ(エコセンター)」
自然や環境、島について知識が深められる「スハイラウンジ(エコセンター)」

リゾートでは無料で体験できるアクティビティーもたくさん。カヤックやパドルボードなどのマリンスポーツから、早朝のサンライズハイクやハウスリーフでのスノーケリング、アイランドホッピング、丘の上のビューデッキへのサンセットハイクまで、朝から晩まで豊かな自然と触れ合えます。贅沢さとは、あるがままの自然であると、感じられるはずです。

問い合わせ先

この記事の執筆者
ダイビング雑誌の編集者を経てフリーに。海外旅行専門誌でもビーチを担当。月に1~2回、海外を中心に国内外のビーチリゾートへ通うこと、かれこれ四半世紀以上になる。女性誌の旅記事、ライフスタイル誌の連載、ウェブの連載ほか、共著に『奇跡のリゾート 星のや竹富島』など。世界のビーチガイド「World Beach Guide(http://www.world-beach-guide.com ) 」主催 好きなもの:海でボーッとすること、ボディボード、ダイビング、ビーチパーティー、Jazztronik、H Zettrio、渋谷Room
公式サイト:古関千恵子ホームぺージ
Twitter へのリンク
Instagram へのリンク
WRITING :
古関千恵子
EDIT :
安念美和子