コロンとした手のひらサイズで、バターの香りとほんのりした甘みを感じる生地が特徴のロールパン。そのままでも、バターやジャムを塗るだけでもおいしいですが、真ん中を切ってお肉や野菜などの具材を挟めばボリュームも出て満足度の高い食事になるのもうれしいですよね。そんな使い勝手のいいロールパンを、さらに悪魔的においしく食べる方法をご紹介します。

ロールパンのおいしい食べ方

ネットで話題の「悪魔的においしいロールパンの食べ方」5選

■1:ガーリックトースト

ロールパンが余ったときにおすすめなのが、ガーリックトーストにしてしまうというアレンジ! バター、チューブのにんにく、オリーブオイルに、塩やパセリを混ぜたものを、スライスしたロールパンに塗って、トースターで焼くだけ。ロールパンにはもともとバターが練り込まれているので、ガーリックトーストにして食べたときのジュワッと感がより強く感じられますよ。「簡単なのにおいしい!」「おもてなしにも◎」と絶賛のレシピです。

■2:パンキッシュ

ロールパンでつくる小さなパンキッシュは、パーティー映え抜群。ロールパンの中身をくりぬいて、中にホワイトソースや炒めたほうれん草、ツナ缶などを混ぜたものを入れてチーズをたっぷりと乗せて(その上からさらにマヨネーズをかけても)、オーブンで焼いたらできあがり。見た目も可愛くお腹にもたまるので、おもてなしにもおすすめの一品です。

■3:フレンチトースト

ロールパンのフレンチトースト

ロールパンでフレンチトーストをつくると、卵液のしみ込みも早く、おいしくできあがるとか。つくり方は普通のフレンチトーストと同様で、スライスしたロールパンを卵液に浸し、バターをひいたフライパンで両面弱火で焼きます。少し膨らんだら火が入った証拠なので、お皿に移して完成です。

お好みで粉砂糖を振りかけたり、メイプルシロップをかけてもおいしいです。外側サクッ、中身はジュワッとおいしいフレンチトーストは、やはり余ったロールパンの消費レシピとして最適。ネット上でも「食パンでつくるフレンチトーストよりもおいしい!」と評判です。

■4:メロンパン風

メロンパン風ロールパン

メロンパンというと難しそうですが、こちらはロールパンにクッキー生地を乗せて焼くだけなので簡単です。クッキー生地は、常温でやわらかくしたバターに砂糖を混ぜ、卵を数回に分けて入れながらまた混ぜ合わせ、ふるった薄力粉、ベーキングパウダーをふるい入れてさらに混ぜたらできあがり。何等分かに分けて手のひらで薄く延ばし、ロールパンに乗せて包みます。グラニュー糖をまぶして、包丁で格子状の模様をつけてからオーブンで焼いて完成。

もともとロールパンを使っているので発酵の手間もかからず、生地自体が普通のメロンパンよりもしっとりしていておいしいのだとか。とても簡単にメロンパンができてしまうという点でも、お得なレシピですね。

■5:きなこ揚げパン

揚げロールパン

給食で出されるメニューというイメージで、どこか懐かしい揚げパン。ロールパンでつくると、外サクッと、中ふんわりのおいしい揚げパンができあがります。つくり方は簡単で、ロールパンを少量の油で揚げて、きなこ砂糖をつけるだけ。ロールパンは油に浮いてしまうので、油自体は少量でOK。

つくった人からは「外パリッ、中フワッでおいしい」「リピート決定」と絶賛のレシピ。びっくりするほど簡単に手早くできるので、時間のない朝食時や、小腹が空いてすぐに食べたいときにもおすすめです。


シンプルだからこそ、さまざまなアレンジが楽しめるロールパン。ボリュームを出して朝食やランチにするのも、スイーツ的に楽しむのもいいですね。今回紹介したアレンジのなかで気になったものから、ぜひ試してみてくださいね。

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
WRITING :
こばやしあさみ