バターをふんだんに練り込んだ生地を三日月形に焼いたクロワッサンは、サクッとした食感とほんのりした甘みが特徴のパン。そのまま食べてもおいしいのはもちろん、真んなかを切って野菜やハムを挟んでサンドイッチにすれば簡単な朝食やランチにもなります。

ネット上では、そんなクロワッサンをさまざまなアレンジで楽しむ人がいるんです。今回は、なかでも悪魔的においしいアレンジ方法を5つご紹介します。

ネット上で話題!「悪魔的においしいクロワッサンの食べ方」5選

■1:パン・オ・ショコラ

簡単レシピのパン・オ・ショコラ。

クロワッサンに板チョコを挟むだけの簡単レシピなのですが、まさに悪魔的で、ダイエットの敵ともいえるやみつきアレンジです。パン・オ・ショコラはもともとクロワッサン生地でできているので相性は抜群。板チョコとバターを一切れ挟んで軽くトースターで焼いたらそれはもう禁断の味。スライスアーモンドなどを挟んでもおいしいですよ。

■2:ピザ

パリパリのパイ風ピザ生地に!

クロワッサンの上部を少し切り落として、そこにケチャップやピザソースを塗り、スライスした玉ネギやミニトマト、ソーセージやベーコンなどお好みの具材を乗せて、とろけるチーズをかけてトースターで焼くだけ。クロワッサンがピザ生地となり、魅惑のパイ風ピザに変身します。パリパリ食感のピザ生地がたまりません。片手で持って食べられるので、普通のピザより食べやすいのもうれしいポイントです。

■3:フレンチトースト

クロワッサンでつくると、リッチで濃厚な味わいになります。

パンのアレンジでよく登場するのがフレンチトーストですが、クロワッサンでつくると生地の隙間が多いので卵液を吸収するのが早く、液も少なく済むのだとか。もともと生地にもバターがたっぷりと使われているので、食パンでつくるよりもリッチで濃厚な味わいになるそうです。

つくり方は普通のフレンチトーストと同じで、卵と牛乳、砂糖でつくった卵液に浸してからバターをひいたフライパンでじっくりと焼くだけ。「超おいしい!」「これはつくったほうがいい」とネット上でも絶賛されています。

■4:キッシュ

パイシートなしでもキッシュがつくれちゃう!

なんとクロワッサンでキッシュもつくれちゃうんです。つくり方は、クロワッサンを1cm程度の厚さにカットして型に詰めて、フライパンで炒めたベーコンと玉ネギと乗せます。溶き卵と牛乳を混ぜてつくった液を流し入れ、ミニトマトや枝豆など好みの具材ととろけるチーズを乗せたらオーブンで焼いて完成! わざわざパイシートを買ってこなくても、クロワッサンがキッシュの生地になるんです。友人を招いてのホームパーティーにも出せるようなおしゃれ料理が、余ったクロワッサンでできてしまうのはありがたいですね。

■5:パンプディング

クロワッサンで本格的なプディングも!

クロワッサンを使った本格的なスイーツ風アレンジがこちら。テレビ番組で、タレントの北斗 晶さんが紹介して話題となりました。

つくり方は、牛乳と卵を混ぜ合わせたものに、溶かしておいたバニラアイスを加えてよく混ぜます。耐熱容器にクロワッサンをちぎり入れ、そこにバニラ液をたっぷりかけて染み込ませ、500wの電子レンジで7分加熱し、取り出したらコーンフレークをかけてトースターで焼きます。軽く焦げ目がついたら完成!

プディングのふわふわ感と、フレークのサクサク感という食感の対比が面白く、甘さは控えめでいくらでも食べられるスイーツができあがります。アイスをチョコレートやラムレーズンなど違う種類でつくってみると、また違った味を楽しめるそうですよ。


そのままでも十分おいしいけれど、アレンジしたらさらにおいしさの可能性が広がるクロワッサン。コストコやスーパーで売られている大容量パックを買ってきて余ったときには、ぜひ試してみてくださいね。

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
WRITING :
こばやしあさみ