カツサンドは、食パンにカツをサンドすれば簡単にできてしまいますが、「高級カツサンド」となると、条件があるはず! それを探るべく、高級カツサンドを取り扱っているホテルニューオータニ 東京と京王プラザホテル 東京にお聞きしました!

ホテルニューオータニ 東京「クラシックポークカツサンド」

クラシックポークカツサンド(ビュッフェサイズ)

まずはホテルニューオータニ 東京の伝統の「クラシックポークカツサンド」から。現在、ロビー階にあるメインバー「バーカプリ」のアラカルトメニューにおける提供(¥2,600 ※税・サ別)に加え、館内ラウンジやダイニングではビュッフェ用のひと口サイズの提供もされています。

そのクラシックポークカツサンド特徴とこだわりを、ホテルニューオータニ 東京の大竹孝行料理長に教えていただきました。

「厳撰したポークロースを、秘伝のマリネで丁寧にうま味とやわらかさを引き出し、サクッとジューシーに揚げます。ホテルオリジナルブレンドの特製ソースにくぐらせ、シャキシャキのコールスローと共に、焼きたてのトーストでサンド。余計なものは入れない、ホテル伝統のクラシックなカツサンドです」

「ホテルニューオータニ 東京の高級カツサンド」5つのこだわり

クラシックポークカツサンド(ビュッフェサイズ)

このポークカツサンドのおいしさを決定づけるこだわりにはどんなものがあるのでしょうか?

1:素材の下ごしらえ
「しっかりと筋切りを行い、丁寧にマリネして旨みを引き出すという素材の下ごしらえは重要と考えます」

2:厚めのパン
「パンは、ソースとカツに負けない厚めのパンを採用することも条件です」

3:主役を引き立てる深みのある味わいのソース
「主役であるポークカツを引き立てるソースも大切です」

4:シャキシャキ食感
「たっぷりのコールスローを合わせ、シャキシャキ食感を豊かに感じていただきます」

5:バランスと一体感
「カツ、パン、ソース、コールスローそれぞれが主張し過ぎない、バランスと一体感も条件だと思います」

最も贅沢な食べ方は?

そしてクラシックポークカツサンドを最も贅沢に食べる食べ方も教えていただきました!

「ホテルで、揚げたてのカツを挟んだできたてをお楽しみいただくのが、一番の贅沢かと存じます。時間が経つと、ソースがパンに染み込んでしまうため、できたての状態を味わうのをおすすめします」

「バー カプリ」

「ガーデンラウンジ」

「VIEW&DINING THE SKY」


京王プラザホテル 東京「ポークカツサンド」

続いては、京王プラザホテル 東京のアートラウンジ「デュエット」で提供中の「ポークカツサンド」について、京王プラザホテル 東京の洋食料理長のひとりである渋田和実氏にお聞きしました!

ポークカツサンド¥2,400(税・サ込)

「ポークカツサンドは、厚く切った食パン、千切りキャベツ、生パン粉で揚げた折爪三元豚・佐助、特製ソースを使ってつくっています」

「京王プラザホテル 東京の高級カツサンド」6つのこだわり

シンプルながら、高級感漂うポークカツサンド。こちらも高級カツサンドといえますが、それを決める条件にはどのようなものがあるのでしょうか?

1:歯応えのあるブランド肉を使用
「ポークは岩手県久慈ファームによる“折爪三元豚・佐助”のロース肉を直接購入し使用しています。歯応えのある肉質が特徴です」

2:3つの食感を重視
「やわらかなパン、キャベツのシャキシャキ感、カリッとしたポークカツの3つの食感を重視しています」

3:ポークカツのカリッとした食感
「カリッとした食感は、生パン粉を十分に使用して揚げることで出しています」

4:厚みをあえて抑える
「最近は、肉厚のカツサンドが多いなかで、当社の場合は、食べやすさを重視し、全体的にそれほど厚みはないものの、肉本来の歯応えを大事にしたカツでご提供しています」

5:ホテル配合の特製ソースを使用
「やわらかな食パンに、千切りにしたキャベツをたっぷりと乗せ、ホテル配合の特製ソースを絡め、その上に揚げたカツを乗せ、再度特製ソースを加えています」

6:胡麻とフレンチマスタードによるアクセント
「胡麻のコクとピリッとしたフレンチマスタードの味わいもアクセントになっています」

最も贅沢な食べ方は?

そしてポークカツサンドを最も贅沢に食べる食べ方も教えていただきました!

「食事としてではなく、お酒のおつまみとして楽しむのもおすすめです。ホテルのバーで、店の雰囲気とカクテル・ウィスキー等のお酒とを一緒に楽しむのは贅沢な時間をお過ごしいただけるかと思います」

アートラウンジ「デュエット」


いかがでしたでしょうか。それぞれのカツサンドはどちらも高級感たっぷりな厳選された素材やシェフの技、そして食べる人への配慮が効いていました。そのジューシーでやわらかで食べ応えのある高級カツサンド、ぜひ味わってみてはいかがでしょうか?

問い合わせ先

この記事の執筆者
TEXT :
Precious.jp編集部 
2019.6.17 更新
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
WRITING :
石原亜香利