「SHIBUYA PUBLISHING & BOOKSELLERS」で見つけた、心身を“立て直す”本

「SHIBUYA PUBLISHING & BOOKSELLERS」の心身を“立て直す”本コーナー

渋谷の東急本店から代々木公園へ抜ける“奥渋”エリアのムーブメントを牽引している「SHIBUYA PUBLISHING & BOOKSELLERS」は、出版社と小売が合体した書店。本好きなスタッフによる、独自の選書や本棚づくりにファンも多い。

「今、展開している『立て直す本』という企画は、個人的に体調を崩したことがきっかけでした」と店長の粕川さん。

「自分自身も健康にまつわる本を探していたのですが、同時に売れている本を観察していたら、広義で心身を整えるための本が売れていることに気づいて。それらは詩集や哲学書、レシピ本といった、一見するとそのものではないのですが、読み手に響くものを展開しています。

夜遅くまで忙しく働くお客様も多いので、心身のバランスを整えてパフォーマンスアップにつなげたい、と考える方に響いているのかもしれません」

■1:人気鍼灸師が実践する現代版の養生法で、体の立て直しを!
『絶対に死ぬ私たちがこれだけは知っておきたい健康の話「寝る・食う・動く」を整える』

『絶対に死ぬ私たちがこれだけは知っておきたい健康の話「寝る・食う・動く」を整える』著者=若林理砂 ミシマ社 ¥1,600(税抜)

仕事漬けの日々で、体が悲鳴を上げているプレシャス世代の必読本。「寝る時間は決める」「野菜を多く食べる」「運動はラジオ体操だけでいい」など、本書につづられる養生を3か月続けたら、きっと体の調子がよくなるはず!

■2:本来の自分へと心を立て直してくれる幸福論
『私の生活技術』

著者=アンドレ・モーロワ 訳=中山眞彦 土曜文庫 ¥795(税抜)

フランス人哲学者による、生き方の根本を見つめ直すきっかけをくれる随筆集。「考える」「愛する」「働く」「人を指揮する」「年をとる」ための技術や問題点を考察。忙殺されて、心が乱れそうになったときに読みたい一冊。

■3:自分が今、何を必要としているかを立て直すには「片づけ」が大切!? 
『片づけたい』

著=赤瀬川原平、阿川佐和子ほか 河出書房新社 ¥1,600(税抜)

島崎藤村からジェーン・スーまで、古今の作家たちがつづったエッセイ32編。片づけられる人もいれば、片づけられない人もいて、そこからにじみ出るそれぞれの人柄に、ふと、自分の人生観までもが立ち直ってゆく感覚を覚えるはず。

SHIBUYA PUBLISHING & BOOKSELLERS

SHIBUYA PUBLISHING & BOOKSELLERS

問い合わせ先

  • SHIBUYA PUBLISHING & BOOKSELLERS 
  • 営業時間/11:00~23:00(日曜は~22:00)、イベント等により変更あり
  • 定休日/不定休
  • TEL:03-5465-0588
  • 住所/東京都渋谷区神山町17-3 テラス神山1F

※本記事は2019年4月7日時点での情報です。

PHOTO :
よねくらりょう
EDIT :
本庄真穂
TAGS: