健康寿命を伸ばし、元気に⻑生きするための最新医学情報を毎回、特集している人気テレビ番組『名医とつながる!たけしの家庭の医学』(テレビ朝日系)。

ヘルスケアや美容、健康を気にかける大人の女性に人気の高い番組で、みなさんの周囲にも「この番組は欠かさず観ている」という方もいらっしゃるのではないでしょうか?

2019年5月14日(火)午後7:00〜の放送は、波乃久里子さん、島田洋七さん、熊谷真実さん、ガダルカナル・タカさんらが出演する2時間スペシャル。「医学界が注目する心筋梗塞の新原因!」と「食事も運動もまったく必要ない、画期的な便秘解消法」の2つのテーマについて放送されます。

©ABCテレビ 右が横手幸太郎先生

■テーマ1:コレステロールの新常識を大公開!今医学界が注目する心筋梗塞の新原因!健康診断では見つからない隠れ悪玉コレステロール「レムナント」とは?

血管の壁にたまって血流の流れを悪くし、脳梗塞や心筋梗塞など命に関わる病を引き起こす、健康長寿の大敵「コレステロール」。悪玉コレステロールの値を気にする人も多いと思いますが、そんなコレステロールの中に今、医学界が注目する恐ろしい存在が隠れていることが判明したそう!

このコレステロールに警鐘を鳴らすのが、名医である千葉大学医学部附属病院副病院長の横手幸太郎先生。コレステロール研究の第一人者の横手先生によれば、この隠れ悪玉コレステロールは、健康診断では調べられていないので、気をつけなければならないのだという。

気になるそのコレステロールの名は「レムナント」。レムナント?英語では「残り物」という意味の英単語ですが…。

レムナントは、従来のいわゆる悪玉コレステロールとは別物で、コレステロール値に問題がないと言われた人にとっても、新たなリスクになっているのだそう。

番組内ではコレステロール値に問題がない8名の一般の方に協力をあおぎ、通常の健康診断では行われない特殊な血液検査を実施。果たして、8名のうち、レムナントコレステロールが基準値を越え、危険な状態にある人は見つかるのでしょうか?

そして、レムナントコレステロールが、心筋梗塞などを発症させるメカニズムとはどんなものなのでしょうか…?

「20代の頃より17㎏太った」(漫才師・島田洋七さん)、「40代の頃に比べ10㎏太った」(女優・波野久里子さん)、「高校時代から体重が変わっていない」(女優・熊谷真実さん)という芸能人ゲストを迎え、レムナントコレステロールはどんな人に増えてしまうのか?

レムナントコレステロールを増やしてしまう2大原因を、横手先生が番組内で徹底解説してくれます。

©ABCテレビ 左から:熊谷真実さん、島田洋七さん、波乃久里子さん、ビートたけしさん

隠れ悪玉!レムナントコレステロールが増えてしまう原因を徹底解明

レムナントコレステロールが増えてしまう原因はなぜなのか、気になるところ。番組では、レムナントコレステロールが多い方の食生活に密着。

40代の頃から野菜中心の食生活を送っているにも関わらず、レムナントコレステロールが高くなってしまっているTさん(68歳・女性)は、トンカツ屋の女将。にもかかわらず「揚げ物はめったに食べない」というTさんの食事の何が、レムナントコレステロールを増やしているのでしょうか? 横手先生が、Tさんの食事の問題点を指摘していきます。

さらに、レムナントコレステロールを減らす方法を横手先生が解説。先生が薦める方法の効果はいかに…。

■テーマ2:便秘を改善する科 名医からの電話1本でしつこい便秘が…食事も運動も必要ない画期的な便秘改善法とは?

エシャロットやキウイフルーツを食べるなど、これまでさまざまな名医の便秘解消法を紹介してきた『家庭の医学』。それでもなかなか改善しないという方のために今回、画期的な便秘改善法が紹介されます。

驚くことに、食事も運動もまったく必要ないというこの方法。一体、どんなやり方なのでしょうか…?

これを教えてくれるのは、久里浜医療センターで便秘外来を開設している水上 健先生。何をやっても治らない便秘患者を救い続けてきた名医がすすめる便秘改善法とは、なんと「水上先生が患者に1本電話をするだけ」というもの。

にわかには信じがたい、魔法のような方法ですが、はたして本当に電話1本でしつこい便秘が改善するのか、気になりますよね。そして名医は肝心の電話で何を話すのか?にも注目。

番組では、40年以上便秘に悩んでいるというふたりの女性のご協力のもと、検証していきます。

©ABCテレビ 右が水上 健先生

さらに、いま急増しているという「けいれん性便秘」についても、水上先生が徹底解説。先生が特に注意してほしいという「けいれん性便秘の見分け方」についても紹介されるので、自分に当てはまるかどうかチェックしてみるのがよさそうです。

名医おすすめ!便秘改善!腸が開く簡単リラックス法

水上先生の病院で患者さんに実践し、非常によい便秘改善効果が得られているという簡単リラックス法も紹介されます(嬉)。このメソッドを、便秘歴20年以上という女性、Mさん(53歳)が実践。

たけし院長も「オレもトイレ行きたくなっちゃった…」と驚いた、その方法とはいったいどんなものなのでしょうか? 是非、番組でチェックしてみてくださいね。

横手幸太郎先生
千葉大学医学部附属病院・副病院長
(よこて こうたろう)代謝内分泌学、血液病学、老年医学を専門分野としている。最新の医療を展開する環境で診療をこなすだけでなく、講演活動やメディアへの出演も行い、精力的に医療の質の向上へ貢献されている名医。
https://www.ho.chiba-u.ac.jp/
水上  健先生
独立行政法人国立病院機構 久里浜医療センター・内視鏡部長
(みずかみ たけし)久里浜医療センターのIBS(過敏性腸症候群)・便秘外来において、消化管がん検診・過敏性腸症候群や便秘などの便通障害に対応されている。患者に対する的確な診断だけでなく、心身ともに安心を運ぶ優しき名医としても有名。
https://kurihama.hosp.go.jp/

番組詳細

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
TAGS: