定番の白シャツでも、今季指名買いしたいのは、スマートな襟元のデザインが決め手のバンドカラーシャツです。そこで、かっこよくこなれた印象に着こなしていた4人の着こなしにクローズアップ。新鮮さがあって、オンもオフタイムも知的な印象に着こなせるので、ぜひおしゃれの参考にしてみては?

スマートな襟元がハンサムな印象を高める!「バンドカラーの白シャツスタイル」4選

■1:ピンクパンツを今どきムードあふれる辛口フェミニンに

足元はヌーディーなデザインのサンダルで抜け感をプラスして。ピンクのパンツが暑苦しくなく、涼感をアピールできます。

最近はモノトーンだけでなく、ピンクやブルーなどのきれい色の着こなしも多いヴィクトリア・ベッカム。この日はバンドカラーシャツを主役に、ピンクの細身パンツを合わせてキリッと着こなしています。

青味系のピンクをクリアな白ですっきりとまとめて、颯爽としたスタイリングに。袖をロールアップしてこなれた雰囲気に着こなすのも、クールさを高めるテクニックです。

■2:個性的なスカートを合わせてもすんなり受け止めるスマートさが魅力

足元は流行の白スニーカーをON。これでスポーティーなテイストに仕上がるから、マストな存在に。

ファッションディレクターのサラ・ラトソンは、異素材をミックスさせた個性派デザインのスカートを、主張が強すぎないバンドカラーシャツで軽快に仕上げています。

ウール×透けるプリーツ加工の素材というスカートだから、コットンのシャツでシャキッと感を加えるのが好バランスに。難しいアイテムには、シンプルなコットンシャツがもつスマートな力を借りてコーディネートするのが正解です。 

■3:メンズライクなシンプルカジュアルに、知的さを加味して品よくクラスアップ

正統派のコーディネートには、ジャケットは肩かけ、ベルトは長めで垂らしたままというラフなアレンジを加えていることも新鮮。

品のいいシンプルカジュアルが得意なモデルのカーリー・クロス。この日はカーキのジャケットのインに、バンドカラーシャツを投入し知的な印象に。ただかっちり見えすぎず今っぽいのは、ややゆるっと淡いピンクのパンツをはいているから。

シャツはいちばん上のボタンを外すと、自然と深めに胸元が開くデザインなので、上半身にはシャープさが際立ちます。ヘアをアップにしてタイトにまとめたことでも、きちんと感を確実に高めています。

■4:デザイン性のあるタイプなら上品なだけでなく旬のモードさも際立つ

フルレングスのパンツのときは、なるべく足先の出たヌーディーサンダルを投入するのがおすすめです。パンツの重たさが払拭されて、軽やかなムードに。

カットワーク風のフェミニンなデザインが施されたバンドカラーシャツを愛用中の女優、キルスティン・ダンスト。ボトムにはハイウエストめのデニムパンツを合わせて、清潔感のある大人のモードカジュアルに仕上げています。

彼女のようにシャツがややソフトな素材だと、よりいっそうエレガントさが高まります。上半身に視線が集まる会食などのシーンに着るのがぴったりの一着です。


知的で顔周りをすっきり見せてくれるバンドカラーシャツは、どんなシーンにも対応できて、大人の女性を美しくフレッシュに輝かせます。セレブたちの着こなしを見ても、清潔感にあふれていて、軽快な装いを表現していました。

ぜひ、新顔アイテムとしてワードローブに迎え入れて、こなれた雰囲気のおしゃれを楽しんでください。

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
PHOTO :
AFLO
EDIT&WRITING :
佐野有紀