夏に取り入れたい爽やかな大人のスカートコーデ集。可愛くも大人らしくも叶えてくれるスカートの着こなし方を、フレアスカート、ロング・マキシスカート別にファッション誌『Precious』から集めました。スニーカーに合わせても、リゾートで着ても大活躍の大人のスカートコーデを楽しんてください。

【目次】

大人のフレアスカートコーデ


【1】フレアスカート×ノースリーブシャツ

シャツ(キートン)、スカート(トラディショナル ウェザーウェア 青山ウィメンズ店)、カーディガン(スローン)、バングル(エスケーパーズ〈LIZZIE FORTUNATO〉)、バッグ(トッズ・ジャパン)、靴(アマン〈ペリーコ〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious5月号』小学館、2019年
シャツ(キートン)、スカート(トラディショナル ウェザーウェア 青山ウィメンズ店)、カーディガン(スローン)、バングル(エスケーパーズ〈LIZZIE FORTUNATO〉)、バッグ(トッズ・ジャパン)、靴(アマン〈ペリーコ〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious5月号』小学館、2019年

清涼感のあるオールホワイトで鮮度を上げて。春はグレージュのシルクカーディガンをはおって、夏は一枚で、とコーディネートをスライドできるのも、ノースリーブシャツのうれしい点です。ウォータースネークを部分使いした構築的なバッグやボリュームバングルで、大人の迫力を添えるのも忘れずに。

【2】フレアスカート×シャツ

シャツ・スカート・バッグ・靴(ラルフ ローレン〈ラルフ ローレン コレクション〉)、ピアス・ネックレス・リング・バングル(TASAKI〈 M/G TASAKI〉) 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious5月号』小学館、2019年
シャツ・スカート・バッグ・靴(ラルフ ローレン〈ラルフ ローレン コレクション〉)、ピアス・ネックレス・リング・バングル(TASAKI〈 M/G TASAKI〉) 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious5月号』小学館、2019年

とろみのあるシルクの質感や襟先の長いロングカラーでエレガントなムードを演出する品のいい白シャツをフレッシュに着こなすには、ひざ下丈のプリーツスカートやモダンなデザインのパールジュエリーで、軽快さを加えるのが効果的です。白シャツはフォーマルシャツに用いられるダブルカフスを採用。気品あふれるシルク素材に映える白蝶貝のボタンが、さりげないしぐさまで優雅に演出してくれます。

【3】フレアスカート×ノースリーブトップス

ニット(スローン〈スローン〉)、‘アダワスのスカート・‘ヒロタカのピアス・バングル(showroom SESSION)、バッグ(スーパー エー マーケット〈VANINA〉)、靴(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious6月号』小学館、2019年
ニット(スローン〈スローン〉)、アダワスのスカート・ヒロタカのピアス・バングル(showroom SESSION)、バッグ(スーパー エー マーケット〈VANINA〉)、靴(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious6月号』小学館、2019年

サマーホワイトの鮮度を上げる、大人の肌見せ。下半身が重く見えるロングスカートには、ノースリーブトップスで肌を出して抜け感をつくるのが効果的です。さらに足元もヌーディーなフラットサンダルを選択しましょう。

【4】フレアスカート×Tシャツ

Tシャツ(エイトン 青山)、スカート・ペンダント・リング・バングル/右手・左手(ファンエンパイヤ)、バッグ(J&M デヴィッドソン 青山店)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious6月号』小学館、2019年
Tシャツ(エイトン 青山)、スカート・ペンダント・リング・バングル(ファンエンパイヤ)、バッグ(J&M デヴィッドソン 青山店)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious6月号』小学館、2019年

「パーフェクト ショートスリーブ」と名付けられた天竺Tシャツは、リピーターが後を絶たない定番名品。腕の収まりをよくするために、袖山を高く設計。着心地のよさにつながるうえ、丸みを帯びた大人の体型をカバーしてくれます。シックな色調のバーガンディカラーが洗練されたムード。着こなしは袖口を折り返してアレンジを加えて。Tシャツと同色のスカートを合わせてワンピース風に。

【5】フラワー柄フレアスカート×Tシャツ

バッグ『シシリー 58』・スカート・Tシャツ・ブレスレット(ドルチェ&ガッバーナ ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious6月号』小学館、2019年
バッグ『シシリー 58』・スカート・Tシャツ・ブレスレット(ドルチェ&ガッバーナ ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious6月号』小学館、2019年

クラシックな気品が香るフラップタイプのハンドバッグ『シシリー 58』は、フェミニンな着こなしとも好相性。黒のTシャツで気負いなく着こなしたピンクベースのリリー柄フレアスカートとバッグの色を、さりげなくリンクさせて。バッグが醸す上質モードな迫力が甘さを程よく抑えてドラマティックに華やぎつつ、媚びのない大人の女性らしい佇いをかなえてくれます。

【6】フレアスカート×ノースリーブトップス

ニット(ブラミンク)、スカート(ebure)、ベルト(コロネット〈ミラ・ショーン〉)ピアス・ブレスレット(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(ブルーベル・ジャパン〈マーク クロス〉)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious7月号』小学館、2019年
ニット(ブラミンク)、スカート(ebure)、ベルト(コロネット〈ミラ・ショーン〉)、ピアス・ブレスレット(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(ブルーベル・ジャパン〈マーク クロス〉)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious7月号』小学館、2019年

ボリュームあるロングプリーツのスカートは、動くたびに流れが出るよう工夫された細かいアコーディオンプリーツのラップタイプ。リネン風の加工を施したポリエステルオーガンジーのさらっとした肌触りも魅力です。

【7】フレアスカート×シャツ

シャツ・スカート(マディソンブルー)、バングル(エスケーパーズ〈リジー フォルトゥナート〉)、バッグ(TOMORROWLAND〈TOMMASO CANDRIA〉)、靴(ブルーベル・ジャパン〈フランチェスコ ルッソ〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious7月号』小学館、2019年
シャツ・スカート(マディソンブルー)、バングル(エスケーパーズ〈リジー フォルトゥナート〉)、バッグ(TOMORROWLAND〈TOMMASO CANDRIA〉)、靴(ブルーベル・ジャパン〈フランチェスコ ルッソ〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious7月号』小学館、2019年

モカベージュの端正シャツと両サイド下がりのフレアスカートは、注目のリネン仕立て。エレガントシルエットを旬の気分で着こなせます。質感の異なるナチュラル小物で、色調とシルエットにメリハリをつけましょう。

【8】フレアスカート×ノースリーブトップス

プレインピープルのスカート・ムーニュのバッグ(プレインピープル丸の内)、トップス(スリードッツ青山店)、サングラス(ケリング アイウエア ジャパン〈カルティエ〉)、ネックレス(インドゥエリス)、ブレスレット(チェルキ〈ギャレッタ〉)サンダル(コロネット〈パロマ バルセロ〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious8月号』小学館、2019年
プレインピープルのスカート・ムーニュのバッグ(プレインピープル丸の内)、トップス(スリードッツ青山店)、サングラス(ケリング アイウエア ジャパン〈カルティエ〉)、ネックレス(インドゥエリス)、ブレスレット(チェルキ〈ギャレッタ〉)サンダル(コロネット〈パロマ バルセロ〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious8月号』小学館、2019年

ラップ風のデザインや大きめな共布リボンがフェミニンな印象をもたらすスカート。ライトグレー×カーキの奥行きのあるニュアンス配色を生かすよう、バッグや靴もナチュラル素材を選びましょう。

【9】フレアスカート×Tシャツ

Tシャツ(アクネストゥディオズ アオヤマ)、スカート(アオイ〈ファビアナフィリッピ〉)、ピアス・ネックレス・バングル(TASAKI〈TASAKI〉) バッグ(エドストローム オフィス〈サイモン ミラー〉)、靴(ジャンヴィト ロッシ ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious8月号』小学館、2019年
Tシャツ(アクネストゥディオズ アオヤマ)、スカート(アオイ〈ファビアナフィリッピ〉)、ピアス・ネックレス・バングル(TASAKI〈TASAKI〉)、バッグ(エドストローム オフィス〈サイモン ミラー〉)、靴(ジャンヴィト ロッシ ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious8月号』小学館、2019年

鎖骨がのぞく女らしい白Tシャツとアシンメトリーな裾がモード感を醸すチュールスカートで、こなれたフィット&フレアシルエットに。清涼素材のバッグやきれい色の華奢ヒールで繊細な個性をトッピング。白Tシャツはボートネック、コンパクトな袖、広めの身幅で、着丈は短め。このバランスが着やせ効果を発揮します。

【10】フレアスカート×ブラウス

スカート(ブラミンク)、ブラウス(Vince 表参道店〈ヴィンス〉)、バッグ・靴(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン)、ネックレス・ブレスレット・リング(シャンテクレール 東京店)、時計(パテック フィリップ ジャパン)、サングラス(ルックスオティカジャパン〈プラダ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious8月号』小学館、2019年
スカート(ブラミンク)、ブラウス(Vince 表参道店〈ヴィンス〉)、バッグ・靴(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン)、ネックレス・ブレスレット・リング(シャンテクレール 東京店)、時計(パテック フィリップ ジャパン)、サングラス(ルックスオティカジャパン〈プラダ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious8月号』小学館、2019年

コクのある赤みブラウンが大人好みの「クローブ」。キリッとした印象を極めるために、シャープでエレガントな黒との組み合わせが正解です。スカートとほぼ同色でそろえた上質レザーのバッグ&靴が、絶妙配色の洗練オーラを高めます。メインのスカートは、裾の揺れるラップ風デザインにモダンな遊び心が光るデザインです。

大人のロング・マキシスカートコーデ


【1】ロングスカート×Tシャツ

Tシャツ・スカート・バッグ・靴(ブルネロクチネリ ジャパン) 撮影/川田有二 BY:『Precious5月号』小学館、2019年
Tシャツ・スカート・バッグ・靴(ブルネロクチネリ ジャパン) 撮影/川田有二 BY:『Precious5月号』小学館、2019年

シアーなシルク仕立てのマキシスカートを合わせ、ヘルシーな色香を演出。リゾート慣れした大人の、女性らしいディナースタイルにも最適です。

【2】マキシスカート×ブラウス

スカート・ブラウス(アングローバル〈イレーヴ〉)、イヤリング・ブレスレット(三越日本橋本店 本館3階ミグジュアリー〈ドナテラ・ペリーニ〉)、バッグ(モワナ メゾン GINZA SIX)、靴(ジャンヴィトロッシ ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious6月号』小学館、2019年
スカート・ブラウス(アングローバル〈イレーヴ〉)、イヤリング・ブレスレット(三越日本橋本店 本館3階ミグジュアリー〈ドナテラ・ペリーニ〉)、バッグ(モワナ メゾン GINZA SIX)、靴(ジャンヴィトロッシ ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious6月号』小学館、2019年

前身ごろはフラット、バックシェイプはウエストからヒップにかけて立体感をもたせ、独自の細見えバランスを追求したAラインのマキシスカート。上質なコットンフィンクスを用いたオリジナルの高密度チノツイルは、ヴィンテージ加工を施して、こなれた風合いに。ドルマンスリーブのふんわりとしたプルオーバーをタックインで着て、女性らしいメリハリシルエットに仕上げましょう。

【3】マキシスカート×Tシャツ

Tシャツ・スカート・ネックレス・サンダル(ブルネロ クチネリ ジャパン)、ピアス(チェルキ〈ギャレッタ〉)、バングル(アルテミス・ジョイエリ) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious8月号』小学館、2019年
Tシャツ・スカート・ネックレス・サンダル(ブルネロ クチネリ ジャパン)、ピアス(チェルキ〈ギャレッタ〉)、バングル(アルテミス・ジョイエリ) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious8月号』小学館、2019年

コットンポプリン素材で仕上げたマキシ丈のスカートは通気性がよく、シャリ感のある肌触りで夏旅に活躍。ほんのり丸みを帯びたエッグシェイプのシルエットが、モダンな雰囲気を表現。白のTシャツでコンパクトにまとめれば、スタイルアップもかないます。

大人のスカートコーデ ゾートスタイル


【1】リネンスカート×シャツ

シャツ(キートン)、カオスのスカート・ホリー ライアンのピアス・バングル(カオス丸の内)、サングラス(プロポデザイン〈propo〉)、バッグ(ブルーベル・ジャパン〈マーク クロス〉)、靴(オデット エ オディール 新宿店〈イル サンダロ オブ カプリ〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious5月号』小学館、2019年
シャツ(キートン)、カオスのスカート・ホリー ライアンのピアス・バングル(カオス丸の内)、サングラス(プロポデザイン〈propo〉)、バッグ(ブルーベル・ジャパン〈マーク クロス〉)、靴(オデット エ オディール 新宿店〈イル サンダロ オブ カプリ〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious5月号』小学館、2019年

海辺で過ごす週末など、リラックス感を取り入れたいシーンでは、リネンのカシュクールスカートを合わせて、爽やかに。カプリ島でバカンスを楽しむマダムのように、かごバッグやトングサンダルでクリーンな白シャツに抜け感をもたらしましょう。

【2】レザースカート×Tシャツ

スカート(スプラス インターナショナル〈ロゥタス〉)、カットソー(ebure〈ebure〉)、ブレスレット・リング(ラリック銀座店)、バッグ(ピエール アルディ 東京)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious6月号』小学館、2019年
スカート(スプラス インターナショナル〈ロゥタス〉)、カットソー(ebure〈ebure〉)、ブレスレット・リング(ラリック銀座店)、バッグ(ピエール アルディ 東京)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious6月号』小学館、2019年

薄く、軽いゴートレザーで季節を問わず活躍する、スリムなスカート。一枚でさらりと着たいTシャツは、しなやかな薄手より程よく地厚なほうが、カジュアルでも着くずれせず、きちんとした印象に。そんなスポーティーなたたずまいには、レースアップのサンダルで、初夏の爽やかな抜け感をプラスしましょう。

【3】プリーツスカート×ブラウス

ブラウス・スカート(ebure)、ピアス・バングル・リング(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(ブルーベル・ジャパン〈マーク クロス〉)、靴(アマン〈イル サンダロ オブ カプリ〉) 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious7月号』小学館、2019年
ブラウス・スカート(ebure)、ピアス・バングル・リング(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(ブルーベル・ジャパン〈マーク クロス〉)、靴(アマン〈イル サンダロ オブ カプリ〉) 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious7月号』小学館、2019年

ライトベージュ×オフホワイトのフェミニンスタイルに、ゴールドに輝くジュエリーとサンダルがリッチな引き締め効果を発揮。スクエアフォルムのカゴバッグで、季節感を品よく香らせましょう。

ドロップショルダーのブラウスと、オフ白の薄地プリーツスカートにトップスと同素材のパネルを重ねるラップデザインスカート。プリーツスカートは裏地付きで、単品でも活躍。自然なシワ感とさらりとしたタッチを備えたレーヨンベース素材です。

【4】アシンメトリースカート×ノースリーブシャツ

シャツ・スカート(エイトン 青山)、サングラス(アイヴァン 7285 トウキョウ)、時計(ヴァシュロン・コンスタンタン)、バッグ(J&M デヴィッドソン 青山店)、靴(エストネーション〈マノロ ブラニク〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious7月号』小学館、2019年
シャツ・スカート(エイトン 青山)、サングラス(アイヴァン 7285 トウキョウ)、時計(ヴァシュロン・コンスタンタン)、バッグ(J&M デヴィッドソン 青山店)、靴(エストネーション〈マノロ ブラニク〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious7月号』小学館、2019年

パッチポケットを配したノースリーブシャツと、長いベルトやアシンメトリーなプリーツで躍動感を添えたラップデザインスカート。エレガントなシルエットを若々しく見せるディテールが新鮮です! 格上の個性が香る小物で大人の余裕を添えましょう。

【5】スリットスカート×シャツ

スカートとスニーカーを合わせた大人カジュアルコーデ


【1】チュールスカート×スニーカー

スカート(アオイ〈ファビアナフィリッピ〉)、Tシャツ(Theory)、靴(リエート〈サントーニ〉)、その他/私物 撮影/熊澤 透 BY:『Precious5月号』小学館、2019年
スカート(アオイ〈ファビアナフィリッピ〉)、Tシャツ(Theory)、靴(リエート〈サントーニ〉)、その他/私物 撮影/熊澤 透 BY:『Precious5月号』小学館、2019年

チュールスカートは、たっぷりギャザーを寄せた4枚重ねで、足首がちらりとのぞくロング丈。薄く、やわらかなシルバーグレーのチュールが波打ちながら重なり、響き合って醸し出す陰影がリュクスな印象の決め手です! 白のTシャツやフラットシューズで気負いなく着こなせば、ヘルシーな色香と優雅さ、モード感…多彩な魅力が香り立って。若い世代の装いとは一線を画す、大人の女性らしい奥行きのある着こなしが楽しめます。

【2】チュールスカート×スニーカー

スカート(アオイ〈ファビアナフィリッピ〉)、ニット(スローン〈スローン〉)、サングラス(プロポデザイン〈propo〉)、ピアス(ウノアエレジャパン〈ウノアエレ〉)、靴(J.M. WESTON 青山店)、その他/私物 撮影/熊澤 透 BY:『Precious5月号』小学館、2019年
スカート(アオイ〈ファビアナフィリッピ〉)、ニット(スローン〈スローン〉)、サングラス(プロポデザイン〈propo〉)、ピアス(ウノアエレジャパン〈ウノアエレ〉)、靴(J.M. WESTON 青山店)、その他/私物 撮影/熊澤 透 BY:『Precious5月号』小学館、2019年

やわらかなグレーの陰影を宿しながら軽やかに躍動するロング丈のチュールスカート。黒のハイネックトップスに合わせて、着る人の個性をいきいきと物語るシック&シンプルの「今」を楽しみましょう。

【3】ロングスカート×スニーカー

シャツ・スカート(アングローバル〈イレーヴ〉)、ピアス(アルテミス・ジョイエリ)、バングル(チェルキ〈ギャレッタ〉)バッグ(J&M デヴィッドソン青山店)、靴(トッズ・ジャパン) 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious7月号』小学館、2019年
シャツ・スカート(アングローバル〈イレーヴ〉)、ピアス(アルテミス・ジョイエリ)、バングル(チェルキ〈ギャレッタ〉)バッグ(J&M デヴィッドソン青山店)、靴(トッズ・ジャパン) 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious7月号』小学館、2019年

キャメルカラーのシャツとロングスカートを合わせたフィット&フレアシルエットを、巾着バッグとスニーカーでさらりとカジュアルダウン! エレガントなシルエットとスポーティーな小物のミックステイストが、大人の女性らしいおしゃれ感度の高さを思わせます。セットアップはスタンドカラーが今らしい、胸ポケット付きの長め丈シャツと、アシンメトリーなラップデザインが軽やかな動きを演出するロングスカート。ハリのあるコットン素材です。

夏の大人のスカートコーデ関連記事