港区に位置する赤坂。オフィスやテレビ局、複合施設などさまざまなビルや施設が立ち並び、多くの人が行きかうスポットとなっています。また、大使館も多く、国際色豊かであることも魅力のひとつなのではないでしょうか。

業界人や著名人も多く通うことから、グルメの質も高く、昔からの名店も多いといえます。

今回は、そんな赤坂の人気店の中でも、焼鳥に焦点を当て、プレステージなレストランの予約を得意とする『一休.comレストラン』にて口コミ高評価のお店と、料理人の顔が見えるグルメ・レストランサイト『ヒトサラ』でシェフがオススメするお店の中から、大人の女性におすすめしたい、美味しい焼鳥をいただけるお店を3軒、厳選しました。

どの店も落ち着いてゆったりと焼鳥を楽しめるところばかりなので、恋人や友人、家族と訪ねてみてくださいね。

【目次】

個室で堪能する赤坂の焼き鳥


【1】赤坂 ざんまい

赤坂 ざんまい
赤坂 ざんまい 情報提供:一休.com

赤坂見附駅から徒歩たった30秒。ビルの6Fにあり、アクセス抜群の「赤坂 ざんまい」。目の前で調理してもらえるカウンター席は、デートはもちろんお一人でも気軽に利用することができます。さらに少人数から20名まで対応可能な個室は、会食やパーティにも最適なのではないでしょうか?

こちらのお店では、極上の比内地鶏と、銚子港から直接届く獲れたての魚介、自然農法や有機栽培で育てた、新鮮な野菜でつくられる料理を味わうことができます。

鶏肉は比内地鶏の雌鶏のみを入荷し、その日のうちに捌き、即日提供というこれ以上ない新鮮さが魅力。60~70種の豊富な日本酒もあるため、お酒とのペアリングを楽しみたい方にもおすすめです。

赤坂 ざんまい
赤坂 ざんまい 情報提供:一休.com

日本三大地鶏のひとつとしても知られる秋田比内地鶏。この高級な鶏肉が、国産備長炭を使用し高温で一気に焼き上げられており、旨味をぎゅっと閉じ込めた絶品の鶏料理となっています。

「串焼き」はもちろんのこと、「極上ももの焼きたて叩き」、「比内地鶏の竜田揚げ」、「鶏すき焼き」や「親子丼」など、鶏本来の旨みを味わえる単品メニューもおすすめ。

豊富な日本酒や焼酎は、米・水・技とすべてにおいてこだわり抜き、蔵元が最高の造りと認めた限定の大吟醸酒を仕入れているなどこだわりを強く持っています。ぜひ、焼鳥と一緒にいただいてみては。

そんなこちらのおすすめのコースは、「【個室確約】雪コース 有機野菜を使用した前菜や銚子港天然刺身、自慢の串焼きなど新鮮食材を楽しむ全9品 6,480円」、「【個室確約】風コース 先付や極上もものタタキ、天然の魚料理など旬食材を贅沢に使用したおすすめ全9品 7,560円」などがあります。

問い合わせ先

  • 赤坂 ざんまい
  • 営業時間/月~金/11:30~14:00、17:30~23:30、土/17:30~22:00
    定休日/日・祝
    席数/49席(個室9室)
    喫煙可否/時間帯禁煙 ※ランチタイムは完全禁煙
    TEL/03-5549-4718
    住所/東京都港区赤坂3-8-1 赤坂アルトビル 6F

赤坂 ざんまい の詳細・Web予約はこちら >>

赤坂で高級焼き鳥を楽しむ


【1】いやま 赤坂

いやま 赤坂
いやま 赤坂 情報提供:一休.com

赤坂駅、溜池山王駅、赤坂見附駅の各駅より徒歩5分圏内の好立地で、デートや友人との食事会にも最適な「いやま 赤坂」。店内はカウンター席、テーブル席、半個室席などさまざまな席が用意されています。

メインのカウンターは贅沢にイタリア直輸入の大理石が使用されており、奥行きもゆったりと広く座り心地の良い席となっています。テーブル席は最大12名まで利用可能できるため、人数の多い食事会にもおすすめ。店内奥にある4~6名用の半個室ソファー席は、まるでリビングのようにゆったりとくつろげるスペースとなっています。

鶏肉は刺身で味わうこともできるほど、鮮度抜群。60年以上も伝承され続けている濃厚タレを絡めた究極の焼き鳥が楽しめます。国内最高水準の極太紀州備長炭を使用することにより、肉脂をしっかりと閉じ込めた状態で食せるのも魅力。店の雰囲気にも、料理にもこだわりが徹底しています。

いやま 赤坂
いやま 赤坂 情報提供:一休.com

三代に渡って受け継がれた秘伝の濃厚タレは京橋で30年、相模原で20年、赤坂で10年と、年月を経て旨味を増しているそう。焼き鳥は、食べるペースに合わせて焼きたてを一串ずつ絶妙の間合いで提供してくれます。

使う鶏肉は、富士山、南アルプスの大自然の恵を受け、ストレスなく健やかに育った甲州健味どり。ビタミン、ミネラル、ポリフェノールなどがたっぷりと含まれており、十分なコクと旨味があります。肉厚でジューシー、風味豊かな味わいで、仕込みは明け方に丸々一羽の姿で届いた丸鶏の解体から始まり、その日に捌くというこだわりぶりです。

こちらのお店で人気のコースは、店の伝統を感じられる「【一番おすすめ創業以来62年の歴史「時コース」】絶品フォアグラのモツなど鮮度を生かした厳選8串&料理2品 3,290円」、新鮮なお刺身をいただける「【極上鮮度の刺し盛り&お食事付】備長炭で焼き上げた厳選素材の7串とお料理5品!大満足の 心コース 3,900円」などです。

問い合わせ先

  • いやま 赤坂
  • 営業時間/月~金/18:00~翌3:00、土/18:00~23:00
    定休日/日・祝
    キャパシティ/28席
    喫煙可否/全席喫煙可
    TEL/03-3585-7766
    住所/東京都港区赤坂3-6-13 アニマート赤坂B1F

いやま 赤坂 の詳細・Web予約はこちら >>

【2】鳳(おおとり)

鳳
 情報提供:ヒトサラ『シェフがオススメするお店』

ビルの地下1階にある「鳳」は、大人が通う隠れ家的の店。和風の落ち着きある空間は、ちょっとかしこまった会食にもおすすめ。美味しい料理をいただきながらの歓談は、きっと和やかに進むこと請け合いです。

カウンターには、ヒノキの一枚板を使用。しっかりとした厚みは風格に満ち、貫禄すら感じられます。カウンターに立つ料理人の客席の間には仕切りがなく、自然に会話できる工夫がなされているのだとか。

火力には土佐備長炭を使用していますが、お洒落な装いの方も気軽に訪れてほしいという思いから、煙が上がらないよう無煙ロースターが設置されています。

カウンターは一人客も楽しめるように、スペースが広めにとられているほか、個室は掘りごたつで過ごしやすく、洗練された贅沢なひとときを過ごせるような、細かな気配りが感じられます。

鳳
 情報提供:ヒトサラ『シェフがオススメするお店』

朝挽き鳥を使用した焼鳥は絶品。コースはさまざまにあり、美味しい部位を余すとこなく食べたい場合は「鳳コース」、満遍なく焼鳥の種類を楽しみたい場合は、肉・つくね・レバー・野菜などが食べられる「卯月コース」がおすすめです。

また、「料理の美味しさは調味料にも左右される」との思いから、みりんは甘いお酒としても美味しく飲める「三河みりん」、醤油は愛媛から取寄せたものを使用しているのだそう。

日本酒にもこだわっており、信頼している蔵元から仕入れた地酒を提供してくれています。鶏肉に合うかどうかを、ひとつひとつ吟味しながら仕入れた地酒は、どれも焼鳥との相性が抜群。蔵元とは、顔が見える付き合いを大切にしているとのことで、ラインナップにはその思いが感じられます。

ちなみに、焼鳥はテイクアウトも可能。赤坂3丁目内であれば、出前を頼むこともできます。先に電話をしておくと、待たずに受け取れるのでおすすめです。

問い合わせ先

  • 営業時間/平日/17:00~02:00 ※個室希望の場合は20:30までに入店、予約はコースのみの対応、土/17:00~23:00 ※土曜日は不定休
    定休日/不定休 ※土曜日は不定休
    予算/ディナー 7000円 ※席代700円(コースの場合はコース代金に含まれる)
    席数/35人(宴会・パーティー時着席:32人)
    喫煙可否/禁煙席あり ※2019年カウンター席は禁煙。電子タバコ可
    TEL/03-5575-3008
    住所/東京都港区赤坂3-12-18 第8荒井ビルB1F

鳳 の詳細・予約はこちら >>

※本記事で紹介したプランの価格はすべて税込です。
※本記事は2019年7月31日(水)時点での情報をもとに作成しています。

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。