ボブスタイルにする人が多い肩ラインのミディアムレングス。まとまりやツヤが出やすいボブは、髪のダメージやパサつきをカモフラージュしやすいこともあり、40代以降の方から人気があります。ですが、まとまりがある故に遊び心のあるスタイリングがしにくく、いつも同じスタイルになりがちです。

そんな中、毛先が肩でナチュラルにハネる、遊び心の効いたスタイルを提案してくれたのがPEEK-A-BOO NEWoMan新宿店・店長の栗原貴史さん。

「今回ご提案するのは、レイヤーを主軸に軽さを出した外ハネスタイル。毛先が肩に自然と当たってカールし、大人の女性にふさわしい軽さと空気感を演出しています。毛先がスカッとしているスタイルは老け見えの原因になるので、顔まわりはマッシュベースで重みを残しながら、毛先をハネさせてエアリーに遊ばせるのがポイントです」(栗原さん)

長めの前髪をサイドに流すことで、額に抜けをつくり、ベース型の輪郭を目立たせない工夫も。揺れる毛束とやわらかくハネる毛先が魅力的な大人のミディアムヘア。お手本スタイルがこちら!

■髪型:肩でハネる毛先と顔まわりでしなやかに動く毛束が魅力。空気感たっぷりエアリーヘア

ベース型のミディアムヘア代表:園部知美さん(47歳/アパレル販売員)の場合

完成
サイド
バック

モデル着用分: ワンピース¥28,000(シップス 渋谷店 TEL:03-3496-0481)

園部さんのHAIR CHART

  1. やわらかさ(柔→硬)★★★
  2. ボリューム(少→多)★★★★
  3. 髪の太さ(細→太)★★★
  4. うるおい(乾→潤)★★★
  5. 白髪の量(多→少)★★★★

髪がうねりやすく、湿気の多い夏場はハネたりまとまらなかったりするのが悩みだという園部さん。

「うねる癖を矯正するのではなく活かしたのがこのスタイル。肩ラインで自然と毛先がハネるようにカットで調整しているので、自宅でのスタイリングも簡単です。透明感のあるベージュ系のカラーもこだわり。くすみがちな40代の肌をパッと明るく見せてくれます」(栗原さん)

■スタイリング: 内巻きはストレートアイロンで作ると自然なカールに!

「スタイリングで外ハネをつくると、わざとらしくなったりすることもあるので、全体は内巻きにしておいて肩ラインで自然とハネさせるのがコツです」(栗原さん)

スタイリング前

■1: トップの根元を起こす

頭頂部を指のひらでこすりながらドライヤーの熱を当てる。

■2: つむじ周りの毛束をブローする

根元にブラシを当てて持ち上げるようにブローするのがポイント。

■3: 耳前の毛束をストレートアイロンで内巻きに

下に引っ張るのではなく、持ち上げながら内巻きに。ブローするようなイメージでアイロンを当てると◎。逆サイドも同様に。

■4: 耳後ろの毛束も内巻きにする

3と同じように耳後ろの毛束も持ち上げながら巻く。逆サイドも同様に巻いて。

〈ベース型ミディアムヘア スタイリングのコツ3か条〉

  1. ■地肌をこするように乾かして根元を立たせる!
  2. ■毛束を持ち上げながら内巻きにすると自然なカールができる
  3. ■パサつきが気になる時は仕上げにワックスで整えて

「自然なカールをつくる秘訣は、内巻きにする時に毛束を持ち上げること。ブローするようにストレートアイロンを毛先に滑らせるだけでナチュラルに仕上がります」(栗原さん)

PEEK-A-BOO NEWoMan新宿店・店長の栗原貴史さん。その人ならではの個性を引き出しながら、骨格に合わせて似合わせるスタイルを得意とする栗原さん。「髪型やスタイルに年齢は関係ないと思っています。その人のライフスタイルを考え、似合うスタイルを常に提案しています」

問い合わせ先

PEEK-A-BOO NEWoMan新宿
住所/東京都新宿区新宿4-1-6 NEWoMan新宿4F
TEL:03-5361-6003
営業時間:11:00~21:30
定休日:不定休

オリジナリティーを追求した感性と個々の魅力を存分に引き出す確かな技術でもてなしてくれる極上サロン。

 

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
PHOTO :
古谷利幸〈F-REXon〉
EDIT&WRITING :
青木 笑