うだるような暑さの中、涼しいお店の中でいただくひんやりスイーツは格別。大丸東京店各フロアの喫茶店“デパカフェ”では、季節限定のトロピカルフルーツがたっぷりと入った、ひんやりスイーツや新作を楽しむことができます。

大丸で食べられる!夏にぴったりのスイーツ5選

■1:ソルトウォーターテーブルの「マンゴーとヨーグルトのパフェ」

ソルトウォーターテーブル マンゴーとヨーグルトのパフェの画像
6F/ソルトウォーターテーブル マンゴーとヨーグルトのパフェ ¥1,200 ※提供時間は14時から

都会の中の海辺のテーブルをイメージしたカジュアルなカフェ、ソルトウォーターテーブルではイエローが眩しいパフェが新メニューで登場。マンゴーの甘みと酸味にさっぱりとしたヨーグルトを合わせています。グラノラなども入っているのでザクザク感も楽しめますよ。

■2:イノダコーヒの「クリームソーダ」

イノダコーヒ クリームソーダ3種の画像
8F/イノダコーヒ クリームソーダ¥880

こだわりのコーヒーが味わえるイノダコーヒ。レトロな空間で昔ながらのクリームソーダを楽しむのはいかがでしょうか。フレーバーは3種類。期間によってトロピカル、オレンジ、空色と期間限定で“色々”なクリームソーダが楽しめます。

イノダ自慢のレモンアイスがのったクリームソーダで、常夏の気分を味わえるはず。

■3:イノダコーヒ カラフルフルーツのジュレデザート

イノダコーヒ カラフルフルーツのジュレデザートにコーヒーが添えられた画像
8F/イノダコーヒ カラフルフルーツのジュレデザート(ドリンク付)¥1,550円

イノダコーヒからはもう一品。

新メニューとして登場したデザートは、白ワイン風味のさわやかジュレとフルーツ、エディブルフラワーの上に、ブラッドオレンジのグラニテとこちらにもレモンアイスが。「MAISON DANDOY(メゾン ダンドワ)」のリエージュワッフルも添えた、期間限定のひんやりスイーツです。暑い夏にもさっぱりといただける一皿になっていますよ。

ドリンク(コーヒー、紅茶、カフェオーレ)も付くので、ぜひ素敵なティータイムを楽しんでみてくださいね。

■4:ブルディガラ カフェの「ヴェリーヌ・ペシェ」

ブルディガラ カフェ ヴェリーヌ・ペシェの画像
5F/ブルディガラ カフェ ヴェリーヌ・ペシェ ¥972 ※ドリンク付¥1,512

パンで有名なブルディガラのカフェでは季節限定のスイーツを。桃のムース、クリームにコンポートと、白ワインのジュレが入った夏のさわやかなデザートです。シックな色合いも美しい、桃尽くしの一品。

■5:京橋千疋屋 フルーツパーラー 桃のパフェ

京橋千疋屋 フルーツパーラー 桃のパフェの画像
3F/京橋千疋屋 フルーツパーラー 桃のパフェ¥2,484

京橋千疋屋フルーツパーラーからは、旬の白桃をたっぷり使った期間限定のパフェです。新鮮な桃を堪能できることはもちろん、桃のコンポートソース、桃のシャーベットを使い、夏を贅沢に味わうことができます。


旬の素材を生かしたものや、各店の看板とも言えるスイーツが勢ぞろい。外出が億劫になりがちな季節ですが、大丸東京店なら東京駅直結なので屋外に出る必要もありません。

真夏のリフレッシュにひんやりスイーツを味わってみてはいかがでしょうか?

※掲載した商品はすべて税込です。

問い合わせ先

  • 大丸東京店 
  • 営業時間/月~水・土日祝10:00~20:00、木金10:00~21:00(2F~11F)
    定休日/元日
  • TEL:03-3212-8011
    住所/東京都千代田区丸の内1-9-1

この記事の執筆者
TEXT :
Precious.jp編集部 
2019.8.5 更新
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。