アートのようにグラフィカルで造形的なシューズを得意とする仏ブランド、ピエール アルディ。2017年5月18日(木)〜5月22日(月)の5日間、「ピエール アルディ 東京」でアーカイブのシューズをモチーフにした写真展が開催されています。

「ピエール アルディ 東京」でアーカイブのシューズをモチーフにした写真展が開催

スイスの名門アートスクールの学生たちとのコラボレーション

photo : Angélique Stehli(ECAL)

昨年秋、国際的な写真フェア「Paris Photo(パリフォト)」期間中にパリのピエール アルディのブティックでも開催されたこの写真展は、デザイナーのピエール・アルディとスイスの名門アートスクール、ECAL(ローザンヌ美術大学)のフォトグラフィー専攻の学生たちとのコラボレーションによるもの。アーカイブコレクションから選ばれた15型のアイコニックなシューズをテーマに、才能ある学生たちがそれぞれの観点から撮影した作品が並びます。

自由でフレッシュな感性による靴の表現

photo : Cécilia Poupon(ECAL)
photo : Benjamin Hurni(ECAL)

今回の写真展のディレクションを手掛けたのは、自身もECALで学び、フォトグラファーとして活動しながらECALで教鞭を執るフィリップ・ジャリジョン氏。「このプロジェクトはECALからピエール・アルディ氏に打診をして実現したもの。ファッションとフォトグラフィーの融合を目指した卒業制作として、1年をかけてじっくり進めました。ピエール・アルディ氏とアーカイブから選んだ15点の靴をくじ引きによって学生たちに割り当てし、好きに表現してもらったのです。最新作であれば雑誌などで見たイメージに感化される恐れがありますが、アーカイブをテーマにすることで、学生たちはトレンドに左右されない自由な発想で制作することができました。若い世代はオープンマインドで業界のしがらみもなく純粋。今回のみならず、講師として彼らに接することで自身の創作にも刺激を受けています」(フィリップ・ジャリジョン氏)

 ピエール・アルディが「学生たちとコラボレーションすることで、互いにとてもよい刺激を受け、素晴らしい作品を創ることができました」と語り、学生たちもビジネス的な制約なしでのびのびと作品に取り組めたというこのプロジェクト。会場では「ウォーク ウィズ ピエール アルディ」というタイトル通り、立体的に展示された作品の間を歩きながら鑑賞することができます。

写真展にあたってピエール・アルディ氏も来日!

左からピエール・アルディ氏、フィリップ・ジャリジョン氏、ECALのディレクター、アレクシス・ゲオルガコポウロス氏、ミロ・ケレール氏。ゲオルガコポウロス氏が手にしているのは今回の作品をまとめたカタログ。

写真展前日に開催されたレセプションには、ピエール・アルディ氏、フィリップ・ジャリジョン氏、ECALのディレクター、アレクシス・ゲオルガコポウロス氏、ミロ・ケレール氏が来場。自身も長くアートスクールで講師を務めていたアルディ氏も、今回のように大規模な生徒とのコラボレーションは初めてだそう。「ファッションではなく写真を学ぶ生徒たちによる表現が新鮮で、すべてにわたってサプライズのあるプロジェクトでした。特に、アイテムの見せ方や周囲とのコミュニケーションの取り方については今後の自分の活動にも影響があるかもしれません。とにかく楽しくておもしろかったので(笑)、また機会があればこういった試みをしてみたいですね」(ピエール・アルディ氏)

ぜひ会場で実際に作品を体感して、フレッシュな靴の表現、ひいては写真とファッションの関係性に思いを巡らせてみてはいかがでしょう。開催を記念して数量限定発売されるオリジナルトートバッグと作品をまとめたカタログもお見逃しなく。

数量限定のトートバッグ¥1,000、すべての作品を収録した「ウォーク ウィズ ピエール アルディ」カタログ¥1,800(ともに税抜)
会場は青山の「ピエール アルディ 東京」の地下1F。

■写真展「ウォーク ウィズ ピエール アルディ」
会場/ピエール アルディ 東京 地下1F
会期/2017年5月18日(木)〜5月22日(月)
営業時間/12:00〜19:00
TEL : 03-6712-6809
www.pierrehardy.com/
住所/東京都港区南青山 5-5-25 南青山郵船ビルA棟103 号

この記事の執筆者
TEXT :
Precious.jp編集部 
2017.7.1 更新
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
クレジット :
取材・文/門前直子