食べログで2年連続「パン百名店」に選ばれたベーカリー、パネッテリア・アリエッタの「ぷるぷる生プルマン」とは?

東京・五反田などに店舗を構え、添加物不使用で素材にこだわった体に優しいパンを提供しているベーカリー、パネッテリア・アリエッタ。食べログで2年連続「パン百名店」に選ばれ、全国のパン好きに支持されている人気店です。

添加物不使用で天然酵母や国産小麦を使ったパンを提供するパネッテリア・アリエッタ。

そのパネッテリア・アリエッタで8月中旬から新商品の生食パン「ぷるぷる生プルマン」が発売されます。

とろける口どけがたまらない「生食パン」の秘密

「立てないほどの柔らかさ・とろける口どけ・幸せの甘さ」を追求してつくられた、パネッテリア・アリエッタの生食パン。

「プルマン」というのは角食パンの意味。アメリカの鉄道会社・プルマン社が19世紀末に製造した食堂車で角食パンを焼いていたのですが、この車輛が「プルマンカー」と呼ばれていたため、その車輛の形に似た角食パンのことを「プルマン」と呼ぶようになったそう。

パネッテリア・アリエッタのお店のロゴにも、この「プルマンカー」が描かれています。

パネッテリア・アリエッタのロゴ。

今回、販売する「ぷるぷる生プルマン」は、「立てないほどのやわらかさ・とろける口どけ・幸せの甘さ」を追求した生食パン。

最高級小麦をブレンドし、生クリームは従来パネッテリア・アリエッタでつくられているパンの、なんと4.6倍もの量を使用。さらに、長時間熟成発酵することで、これまでにない「ぷるぷる」な食感を実現しました。

「ぷるぷる生プルマン」のおすすめの食べ方は?

「ぷるぷる生プルマン」1斤¥480、1.5斤¥680(ともに税抜)

自慢の優しい舌触りと、小麦の甘さを実感するため、購入当日はぜひそのまま生食で。2日目は、トーストして生とはまた違ったサクサクの食感を味わってください。

あらかじめスライスしてラップをかけ、冷凍しておけば、3日目以降もトーストすることで2日目のようなサクサク食感と小麦の甘さを感じることができますよ。


パネッテリア・アリエッタ五反田店の店舗外観。

販売店舗は、パネッテリア・アリエッタ五反田店、メゾンイチ代官山店、メゾンイチ西馬込店、メゾンイチ東京都写真美術館店、MADUイクスピアリ店、MADU越谷レイクタウン店、Butterららぽーと甲子園店の7店舗。

ぜひ、この機会に「ぷるぷる生プルマン」の優しい甘さと、とろける口どけを味わってみてくださいね。

問い合わせ先

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
TAGS: