「面長顔のロングヘアは、髪の中間にボリュームが出るパーマスタイルがオススメ。間延び感がなくなり理想の卵型に見せることができます」と話すのは、骨格に合わせた『似合わせパーマ』で40代のさまざまな悩みを解決してきたMAGNOLiA Aoyama店のデザイナー・CHINATSUさん。

コテで巻いたようなウェーブ感は古臭く見えるだけでなく、老け見えの原因になるので絶対にNG!と断言します。

「今回提案するのは、毛束を巻きつけてウェーブを作るパーマではなく、それぞれの段にS字カールをつけてウェーブっぽく見せたパーマスタイル。髪の表面、中段、下段に分け、それぞれにS字カールをつけると、S字カールが上中下と重なり、ウェーブっぽい質感に仕上がるんです」(CHINATSUさん)

『巻きました感』のない自然なニュアンスが魅力的なS字カールのパーマヘア。ナチュラルなボリューム感で面長顔をカバーしつつ、今っぽいこなれた印象になれるのも魅力です。これはぜひ真似したい!

■髪型: 顔まわりのゆるっとカールで華やかさ、色気も手に入る!ロングならではのアンニュイパーマ

面長顔のロングヘア代表:宇野泰子さん(38歳/会社員)の場合

完成
サイド
バック

宇野さんのHAIR CHART

  1. やわらかさ(柔→硬)★★★★
  2. ボリューム(少→多)★★★★★
  3. 髪の太さ(細→太)★★★
  4. うるおい(乾→潤)★
  5. 白髪の量(多→少)★★★★★

「ベースは毛先にウエイトを持たせた重めのロング。毛先が軽いとダメージが目立ちやすく、パーマをかけても美しいカールに見えません。毎日コテで巻いているという方や、ストレートに飽きたという方にチャレンジしていただきたいですね」(CHINATSUさん)

■スタイリング: カールを出してワックスを揉み込むだけの簡単2ステップ

「寝起きはパーマがあまり出ていないので、水分を含ませてカールをしっかりと出してください。水分を含ませることでみずみずしい質感になり、髪のまとまり、束感もアップします」(CHINATSUさん)

スタイリング前

■1: 水分を含ませてパーマを出す

水分を含ませることでウェーブがより出る。

■2: ワックスを揉み込む

パール粒大のワックスを手のひらになじませて、握るように揉み込む。

〈面長顔ロングヘア スタイリングのコツ3か条〉

  1. ■水分をしっかりと与えてカールを蘇らせる
  2. ■毛束を持ち上げながらワックスを揉み込む
  3. ■ワックスにオイルを少し混ぜるとツヤやかに仕上がる!

「ワックスをつける時は『持ち上げながら握る』のがコツ。毛束の重心が上がり、顔まわりが華やかに。重心が下がると、リフトダウンにつながるので注意して」(CHINATSUさん)

MAGNOLiA Aoyama店のデザイナー・CHINATSUさん。「パーマがすぐに落ちてしまう、かかりづらいという悩みを抱える40代の皆様にたくさん来ていただいています。白髪で悩んでいる、エイジングケアに力を入れている、という方のご来店もお待ちしております」

問い合わせ先

MAGNOLiA Aoyama
住所/東京都港区南青山4‐24‐8 アットホームスクエアBF
TEL:03-5774-0170
営業時間:月・水 9:30~21:30/木 11:00~21:00/金 13:00~22:00/土 9:30~19:30/日・祝 9:30~18:30
定休日 火曜・不定休あり

丁寧なカウンセリングで複雑に絡み合う40代の髪悩みを解決。業界トップレベルのパーマ技術は試す価値大。
この記事の執筆者
美しいものこそ贅沢。新しい時代のラグジュアリー・ファッションマガジン『Precious』の編集部アカウントです。雑誌制作の過程で見つけた美しいもの、楽しいことをご紹介します。
PHOTO :
古谷利幸〈F-REXon〉
EDIT&WRITING :
青木 笑