10月の外出におすすめしたいファッション・コーディネートを、ラグジュアリーファッション誌『Precious』から厳選してご紹介します。上品なコーデからカジュアルなコーデまで、どれも大人の魅力を向上させる、洗練されたスタイリングばかりです。ぜひ、秋のおしゃれの参考にしていただければ幸いです。

【目次】

10月のエレガントファッションコーデ

海外の一流ブランドはもちろん、さまざまなおしゃれを経験してきた大人の女性たちに愛されてきた、カシミヤを中心とした上質なアウターを得意とするブランド、MIKAKO NAKAMURAの2019年秋冬アイテムを使ったコーディネートをまずは6パターン、お見せします。


【1】黒プルオーバー×黒スカート

カシミアフラノのプルオーバー『ミーナ』・ウールシルクのスカート・シルクのスカーフ(オールウェイズ〈MIKAKO NAKAMURA〉)、サングラス(ケリング アイウエア ジャパン〈グッチ〉)、ピアス・右手のバングル・リング・左手のバングル・リング(ポアレ ジャポン〈オーレリ ビデルマン〉)、靴(セルジオ 撮影/熊澤 透 BY:『Precious10月号』小学館、2019年
カシミヤフラノのプルオーバー『ミーナ』・ウールシルクのスカート・シルクのスカーフ(オールウェイズ〈MIKAKO NAKAMURA〉)、サングラス(ケリング アイウエア ジャパン〈グッチ〉)、ピアス・右手のバングル・リング・左手のバングル・リング(ポアレ ジャポン〈オーレリ ビデルマン〉)、靴(セルジオ 撮影/熊澤 透 BY:『Precious10月号』小学館、2019年

その1つ目は、プルオーバーにひざ下丈のスカートを合わせ、シルクのスカーフで首元を盛り上げた、シックで女らしい装い。

プルオーバーは、控えめなAラインシルエットを生かした、MIKAKO NAKAMURAの最もアイコニックなデザインのひとつ。襟やそでの開き具合が女らしく、そでぐりのカットもボディをコンパクトに見せて、どんなボトムを合わせてもスタイルアップがかないます。

【2】グレープルオーバー×白パンツ

プルオーバートップス『ミーナ』( オールウェイズ〈MIKAKONAKAMURA〉)、パンツ(スローウエアジャパン〈インコテックス〉)、リング(ステディ スタディ〈トムウッド〉)、ネックレス(マダマ 伊勢丹新宿店)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious10月号』小学館、2019年
プルオーバートップス『ミーナ』( オールウェイズ〈MIKAKONAKAMURA〉)、パンツ(スローウエアジャパン〈インコテックス〉)、リング(ステディ スタディ〈トムウッド〉)、ネックレス(マダマ 伊勢丹新宿店)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious10月号』小学館、2019年

上品なライトグレーのカシミヤフラノ地にミンクファーをあしらい、至福の質感をグラデーションで見せるプルオーバーに、白パンツを合わせた「冬の白」コーディネート。ファーのボリューム感と呼応して腰周りが隠れる長め丈が、よりシックな印象を加えています。

【3】ピンクマント×白ニット×白スカート

ダブルフェースカシミアのマント『ジーン』・スカート(オールウェイズ〈MIKAKONAKAMURA〉)、ニット(リーミルズ エージェンシー〈ジョン スメドレー〉)、ピアス・バングル・リング(ラリック ジャパン)、グローブ(真下商事〈デンツ〉)バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン)、靴(ジャンヴィト ロッシ ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious10月号』小学館、2019年
ダブルフェースカシミヤのマント『ジーン』・スカート(オールウェイズ〈MIKAKONAKAMURA〉)、ニット(リーミルズ エージェンシー〈ジョン スメドレー〉)、ピアス・バングル・リング(ラリック ジャパン)、グローブ(真下商事〈デンツ〉)バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン)、靴(ジャンヴィト ロッシ ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious10月号』小学館、2019年

量感たっぷりの贅沢なマントなら、最愛の洗練色を全身にまとってインパクトのある装いがかないます。マントはもともと格の高さや知性を象徴するもの。秋のニット&スカートスタイルにも、さらりとまとうだけで、クラス感がアップして。タートルニットとひざ下丈のレーススカートは、アウターを脱いでもレディに見せられる、頼れる装い。ラリックのユニークなデザインのジュエリーが個性を際立たせます。

【4】ライトブルーマント×ブルーブラウス

ダブルフェースカシミアのマント『ジーン』・シルクのブラウス(オールウェイズ〈MIKAKO NAKAMURA〉)、ピアス・リング(イセタン サローネ〈シンティランテ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious10月号』小学館、2019年
ダブルフェースカシミヤのマント『ジーン』・シルクのブラウス(オールウェイズ〈MIKAKO NAKAMURA〉)、ピアス・リング(イセタン サローネ〈シンティランテ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious10月号』小学館、2019年

清冽な水と雲ひとつない青空を思わせる「パールブルー」は、2019年秋冬のシーズンカラー。動くたびに揺れるしなやかなマントを主役に、ネイビーのブラウス&パンツでシックにまとめたスタイリング。スタンドカラーがコートの立ち襟のように、ブラウスの女らしい胸元を引き立てています。

【5】黒コート×白ブラウス×ライトブルーパンツ

ミンクのコート『ルナ』・ブラウス(オールウェーズ〈MIKAKO NAKAMURA〉)、デニム(エドウイン〈ジョーズ・ジーンズ〉)、ピアス・リング(ステディ スタディ〈トムウッド〉)黒のミンクファーコートを白シャツ×デニムで着るさりげなさがエレガント!62 撮影/熊澤 透 BY:『Precious10月号』小学館、2019年
ミンクのコート『ルナ』・ブラウス(オールウェーズ〈MIKAKO NAKAMURA〉)、デニム(エドウイン〈ジョーズ・ジーンズ〉)、ピアス・リング(ステディ スタディ〈トムウッド〉)黒のミンクファーコートを白シャツ×デニムで着るさりげなさがエレガント!62 撮影/熊澤 透 BY:『Precious10月号』小学館、2019年

美しい光沢をもつ黒のミンクファーで仕立てられた、最高に贅沢で飽きのこないノーカラーコート。ファーにも流行があるといわれるなか、この名品シルエットなら永遠。

サイドスリットで軽やかな印象があるので、カジュアルに着て日常的に楽しみたい。白シャツやTシャツ、シルクのドレスなど、中は薄着が断然、こなれてかっこいい。

【6】キャメルコート×黒ニット×黒パンツ

ダブルフェースカシミアのコート『ルナ』・シルクのパンツ(オールウェイズ〈MIKAKO NAKAMURA〉)、ニット(リーミルズ エージェンシー〈ジョン スメドレー〉)ピアス・バングル(エストネーション〈アリギエーリ〉)、時計(ポアレ ジャポン〈ポアレ〉)、グローブ(真下商事〈デンツ〉)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン)、靴(ブルーベル・ジャパン〈フランチェスコ ルッソ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious10月号』小学館、2019年
ダブルフェースカシミヤのコート『ルナ』・シルクのパンツ(オールウェイズ〈MIKAKO NAKAMURA〉)、ニット(リーミルズ エージェンシー〈ジョン スメドレー〉)ピアス・バングル(エストネーション〈アリギエーリ〉)、時計(ポアレ ジャポン〈ポアレ〉)、グローブ(真下商事〈デンツ〉)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン)、靴(ブルーベル・ジャパン〈フランチェスコ ルッソ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious10月号』小学館、2019年

顔と首のバランスが美しく見えるコンパクトなネックラインのノーカラーコートは、黒のタートルニットですっきりと強調。艶のあるスティックパンツでシャープに、華やかにまとめたい。

【7】グレーコート×ベージュパンツ

帽子『Q.S.ライン』(ボルサリーノ ジャパン)、コート(キートン)、パンツ(ウールン商会〈ペセリコ〉)、バングル(ブルガリ)、 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious10月号』小学館、2019年
コート(キートン)、パンツ(ウールン商会〈ペセリコ〉)、帽子『Q.S.ライン』(ボルサリーノ ジャパン)、バングル(ブルガリ)、 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious10月号』小学館、2019年

ライトベージュの中折れ帽とダブルフェースのコートで、颯爽とした印象に。帽子の前をつまんでフロントピンチを際立たせると、よりハンサムな表情を楽しめる。

【8】キャメルコート×黒ニット×黒パンツ

帽子(ボルサリーノ ジャパン)、‘ペセリコのトレンチジレ・‘ジェントリー ポルトフィーノのニット(ウールン商会)、パンツ(アクリスジャパン〈アクリス〉)、手袋(アマン〈アルポ〉)、時計・ブレスレット・リング(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious10月号』小学館、2019年
ペセリコのトレンチジレ・ジェントリー ポルトフィーノのニット(ウールン商会)、パンツ(アクリスジャパン〈アクリス〉)、帽子(ボルサリーノ ジャパン)、手袋(アマン〈アルポ〉)、時計・ブレスレット・リング(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious10月号』小学館、2019年

トレンチタイプのロングジレにタートルネックニットと細身パンツを合わせ、ティファニーの「ティファニーT」などのジュエリーで、シャープ感を盛り上げたスタイリング。合わせた深みのあるカーキがかったブラウンの中折れ帽は、今季初登場の上質なカシミヤ素材。写真のようにフロントピンチを入れて楽しむのはもちろん、サイドクラウンに丸みをもたせてフェミニンな雰囲気を楽しめるのも魅力。

【9】キャメルケープ×グレーニット×ライトブルーパンツ

カシミアケープ・カシミアのタートルネックニット・デニムパンツ・ピアス・ブーツ/すべて予定価格(セリーヌ ジャパン〈セリーヌバイ エディ・スリマン〉)、チェロケース(マツオ商会〈BAM FRANCE〉) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious10月号』小学館、2019年
カシミヤケープ・カシミヤのタートルネックニット・デニムパンツ・ピアス・ブーツ(セリーヌ ジャパン〈セリーヌバイ エディ・スリマン〉)、チェロケース(マツオ商会〈BAM FRANCE〉) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious10月号』小学館、2019年

クラシックなケープをはおり、ロングブーツを履いて颯爽と歩く。フランス映画でカトリーヌ・ドヌーブが、そんなヒロインを演じていました。力強く、エレガントで自信に満ちているのに、どこかミステリアスな印象を与えるこのベーシックな組み合わせが、今また新鮮に映ります。ケープの大きな立ち襟が、より端正で格調高い雰囲気に。ロングブーツやニーハイブーツが復活している2019年らしいバランスです。

【10】黒ジャケット×白ブラウス×グレンチェックスカート

カシミアフランネルのジャケット・ブラウス・キュロットスカート・スカーフ・ベルト・ブーツ/すべて予定価格(セリーヌ ジャパン〈セリーヌ バイ エディ・スリマン〉) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious10月号』小学館、2019年
カシミヤフランネルのジャケット・ブラウス・キュロットスカート・スカーフ・ベルト・ブーツ(セリーヌ ジャパン〈セリーヌ バイ エディ・スリマン〉) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious10月号』小学館、2019年

一見すると正統派トラッドだけれど、圧倒的にモダンなバランスで着るのが2019年の秋ムード。たとえばテーラードジャケットは今の気分を反映して、やや長め丈で肩幅のあるデザインを男っぽくはおって。

クラシックなチェックのキュロットスカートは、ベルトできちんとウエストマーク。白シャツの襟元には優雅にシルクジョーゼットのプリントスカーフを添えます。そんなマスキュリンとフェミニンの絶妙なさじ加減が、かっこいいこなれ感を生んで。

【11】ベージュワンピース

ウールツイルのドレス・ベルト・サングラス・ブレスレット・バッグ・ブーツ/すべて予定価格(セリーヌ ジャパン〈セリーヌ バイ エディ・スリマン〉) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious10月号』小学館、2019年
ウールツイルのドレス・ベルト・サングラス・ブレスレット・バッグ・ブーツ(セリーヌ ジャパン〈セリーヌ バイ エディ・スリマン〉) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious10月号』小学館、2019年

セリーヌの「トリオンフ」モチーフのプリーツドレスは、オンタイムにふさわしい知性を備えた、女らしいアイテムです。フリルの襟、しなやかに揺れる程よい幅のプリーツ、控えめなパフスリーブ、そして仕上げには上質感のあるベルトを。ベーシックカラーでまとめても、匂い立つような華があるので、サングラスで少しだけハードな味付けを。

【12】柄ジャケット×黒ニット×チャコールグレーキュロット

ジャケット・シャツ・カシミアのクルーネックニット・チャコールグレーのキュロットスカート・ピアス・リング・バッグ・ブーツ/すべて予定価格(セリーヌ ジャパン〈セリーヌ バイ エディ・スリマン〉) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious10月号』小学館、2019年
ジャケット・シャツ・カシミヤのクルーネックニット・チャコールグレーのキュロットスカート・ピアス・リング・バッグ・ブーツ(セリーヌ ジャパン〈セリーヌ バイ エディ・スリマン〉) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious10月号』小学館、2019年

英国調チェックのクラシックなジャケットは本来、カントリーテイストを備えているだけに、大人の女性が都会的に着るなら、思いきりモードなテイストを加えたいもの。ニーハイブーツを合わせて、シャツのフリルをのぞかせて、黒を中心に合わせてシャープに仕上げるのが正解です。

【13】ベージュコート×白シャツ×ブラウンパンツ

コート (コロネット〈グレンフェル〉)、シャツ (エスケーパーズ〈ブーリエンヌ〉)、パンツ (スローウエアジャパン〈インコテックス〉)、ピアス・ブレスレット・リング (ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ (トッズ・ジャパン) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious10月号』小学館、2019年
コート (コロネット〈グレンフェル〉)、シャツ (エスケーパーズ〈ブーリエンヌ〉)、パンツ (スローウエアジャパン〈インコテックス〉)、ピアス・ブレスレット・リング (ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ (トッズ・ジャパン) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious10月号』小学館、2019年

顔周りに機能的な装飾が多いトレンチは、ネックレスやネクタイ感覚のあしらいで、すっきりと色を差すのがおすすめ。華やかかつ、スマートに仕上がります。

【14】グレージャケット×白ニット×白スカート

ジャケット・スカート・バッグ・靴・ニット(ブルネロ クチネリ ジャパン)、ネックレス(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious10月号』小学館、2019年
ジャケット・スカート・バッグ・靴・ニット(ブルネロ クチネリ ジャパン)、ネックレス(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious10月号』小学館、2019年

歩くたびにリズミカルに揺れるプリーツスカートが、ミディアムグレーの大きめジャケットの緊張感を和らげてくれます。足元はあえて重めのショートブーツが旬のバランス。ボリュームスカートとボックスシルエットの男前ジャケットの甘辛バランスが新鮮です。

【15】ライトブルーコート×グレーニット×白スカート

コート・ニット・スカート(ebure)、ピアス(ウノアエレ ジャパン〈ウノアエレ〉)、バッグ(ジャンニ キアリーニ 銀座店) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious10月号』小学館、2019年
コート・ニット・スカート(ebure)、ピアス(ウノアエレ ジャパン〈ウノアエレ〉)、バッグ(ジャンニ キアリーニ 銀座店) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious10月号』小学館、2019年

カシミヤ100%のラグジュアリーなリバー素材で、長く愛用できるようにムダをそぎ落としたebureのコートに、端正なタートルニットとロングスカートを合わせた、清潔感漂うコーディネート。

シンプルを極めながらも、肩を落とした優しげなショルダーラインや、細見え効果を狙った、やや前振りのコクーンシルエットなど、旬も意識したコートのデザインが際立ちます。

【16】キャメルジャケット×黒ブラウス×黒パンツ

ジャケット(アマン〈カバナ〉)、ブラウス(wb)、パンツ(チェルキ〈トモウミ オノ〉)サングラス(ケリング アイウエア ジャパン〈ボッテガ・ヴェネタ〉)、バッグ(ロベルタ ディ カメリーノ)、靴(ジャンヴィト ロッシ ジャパン) 撮影/小林美菜子 BY:『Precious10月号』小学館、2019年
ジャケット(アマン〈カバナ〉)、ブラウス(wb)、パンツ(チェルキ〈トモウミ オノ〉)サングラス(ケリング アイウエア ジャパン〈ボッテガ・ヴェネタ〉)、バッグ(ロベルタ ディ カメリーノ)、靴(ジャンヴィト ロッシ ジャパン) 撮影/小林美菜子 BY:『Precious10月号』小学館、2019年

主役のジャケットは、ウール地にボンディング加工を施し、ハリを与えたスポーティなテーラード。ヒップを覆うたっぷりとしたロング丈が特徴です。着こなす際には、可憐なボウタイ付きのブラウスをインにして、襟元を優しく和らげる工夫を。ワイドボトムで黒をつなげれば、こっくりとしたキャメル色との大人配色が完成します。ワイドパンツは、フェミニンな落ち感のあるものを選べば、立ち姿もエレガントに見せられます。

【17】グレージャケット×パープルブラウス×黒スカート

ジャケット(チェルキ〈ステファノ〉)、ブラウス(三喜商事〈ストラネス〉)スカート(MOGA)、ベルト(wb)、バッグ・靴(JI MMY CHOO)、バングル(ポアレ ジャポン〈オーレリー ビデルマン〉) 撮影/小林美菜子 BY:『Precious10月号』小学館、2019年
ジャケット(チェルキ〈ステファノ〉)、ブラウス(三喜商事〈ストラネス〉)スカート(MOGA)、ベルト(wb)、バッグ・靴(JI MMY CHOO)、バングル(ポアレ ジャポン〈オーレリー ビデルマン〉) 撮影/小林美菜子 BY:『Precious10月号』小学館、2019年

ステファノのテーラードジャケットは、本格的なメンズを思わせる、ていねいな仕立てと端正なチャコールグレーが魅力。このメンズライクなジャケットとフェミニンなプリーツスカートをつなぐのは、ジャケットの上から締めたオーバーベルト。視線が上に行き、ボリュームボトムもバランスよく着こなせます。

【18】白ニット×キャメルスカート

スカート(コロネット〈エアロン〉)、ニット(アマン〈アンスクリア〉)、チョーカー・ブレスレット・リング(アルテミス・ジョイエリ)、バッグ(JIMMY CHOO)、靴(Theory luxe) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious10月号』小学館、2019年
ニット(アマン〈アンスクリア〉)、スカート(コロネット〈エアロン〉)、チョーカー・ブレスレット・リング(アルテミス・ジョイエリ)、バッグ(JIMMY CHOO)、靴(Theory luxe) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious10月号』小学館、2019年

キーとなるのは、部分的にプリーツを入れたボリュームあるひざ下丈スカート。こっくりとしたマスタードイエローは、どんな色とも相性抜群。トップスにはコットンリブの深Vニットを合わせて。肩とひじに当て布をした遊びのあるデザインが、明るくナチュラルなカジュアルを印象づけます。

【19】ベージュカーディガン×ダークブラウンニット×黒スカート

スカート(三喜商事〈ストラネス〉)、カーディガン(マックスマーラ ジャパン〈ウィークエンド マックスマーラ〉)、ニット(三喜商事〈ストラネス〉)、ペンダント・バングル・リング(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious10月号』小学館、2019年
カーディガン(マックスマーラ ジャパン〈ウィークエンド マックスマーラ〉)、ニット(三喜商事〈ストラネス〉)、スカート(三喜商事〈ストラネス〉)、ペンダント・バングル・リング(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious10月号』小学館、2019年

主役はソフトな羊革のレザータイトスカート。つかず離れずのフィット感。着こなしは、ダークブラウンでシャープにまとめたインナーに、グレージュニットが自然体のこなれ感を与えて。

【20】ベージュコート×ネイビーブラウス×ブラウンスカート

コート(バーバリー・ジャパン)、ブラウス(三喜商事〈バンフォード〉)、スカート(キートン)、ベルトバッグ(バーバリー・ジャパン)、時計(パテック フィリップ ジャパン)、ブーツ(JIMMY CHOO) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious10月号』小学館、2019年
コート(バーバリー・ジャパン)、ブラウス(三喜商事〈バンフォード〉)、スカート(キートン)、ベルトバッグ(バーバリー・ジャパン)、時計(パテック フィリップ ジャパン)、ブーツ(JIMMY CHOO) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious10月号』小学館、2019年

シックな辛口配色、ベルトバッグや型押しロングブーツの迫力で、シルクブラウスとひざ下丈スカートの着こなしをキレよく。

主役のひざ下丈トレンチコートは、バーバリーの歴史的なトレンチのディテールを踏襲しつつ、肩にきちんと収まるセットインスリーブで、すっきりとした印象に。

10月のカジュアルファッションコーデ


【1】柄カーディガン×白シャツ×黒パンツ

帽子『シーズナル2019』(ボルサリーノ ジャパン)、カーディガン・シャツ・パンツ(ブルネロ クチネリ ジャパン)、リング(ホワイトオフィス〈ジジ〉) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious10月号』小学館、2019年
帽子『シーズナル2019』(ボルサリーノ ジャパン)、カーディガン・シャツ・パンツ(ブルネロ クチネリ ジャパン)、リング(ホワイトオフィス〈ジジ〉) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious10月号』小学館、2019年

ロングのたっぷりとしたカーディガンに、襟がコンパクトなシャツ&レザーパンツを合わせたモードカジュアル。着こなしを辛口に引き締める黒の帽子で、リッチカジュアルが完成します。黒の異素材ミックスが、立体的で品のある女性に導いて。

【2】柄ニット×デニムパンツ

ニット・デニムパンツ/すべて予定価格(セリーヌ ジャパン〈セリーヌ バイ エディ・スリマン〉) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious10月号』小学館、2019年
ニット・デニムパンツ(セリーヌ ジャパン〈セリーヌ バイ エディ・スリマン〉) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious10月号』小学館、2019年

トラッドが恋しいこの秋は、カジュアルなニットも、伝統的なフェアアイル柄のブラッシュドニットが気分。ブラウンをベースに、控えめな色使いのモチーフがシック。襟元はゆったりとしたオフタートルというバランスも、女性らしくまとめるカギに。

【3】チェックジャケット×ライトブルーブラウス×ベージュパンツ

ジャケット(ブラミンク)、ブラウス(三喜商事?アルビーノ テオドロ?)、パンツ(Theory luxe)、ベルト(wb)、サングラス(ケリング アイウエア ジャパン?グッチ?)、時計(ポアレ ブティック ホテルニューオータニ店)、バッグ(JIMMYCHOO)、靴(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉) 撮影/小林美菜子 BY:『Precious10月号』小学館、2019年
ジャケット(ブラミンク)、ブラウス(三喜商事〈アルビーノ テオドロ〉)、パンツ(Theory luxe)、ベルト(wb)、サングラス(ケリング アイウエア ジャパン〈グッチ〉)、時計(ポアレ ブティック ホテルニューオータニ店)、バッグ(JIMMYCHOO)、靴(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉) 撮影/小林美菜子 BY:『Precious10月号』小学館、2019年

メインのテーラードジャケットは、ブラウン系を基調にした英国調チェック。ビッグなボックスシルエットが2019年秋冬の気分です。女性らしく優しく見せるために、チェックのなかの1色=サックスブルーのブラウス×上品ベージュのパンツで、全体を明るいトーンに仕上げれば、こなれた印象の着こなしに。ウエストINのきちんと感を強調する太ベルトで、スタイルアップを計るのがポイント。

【4】ベージュコート×黒ニット×チェックパンツ

コート(サンローラン〈サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ〉)、ニット(トラデュイール)、パンツ(プラチナ JAPAN〈プラチナ01〉)、バッグ(サンローラン〈サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious10月号』小学館、2019年
コート(サンローラン〈サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ〉)、ニット(トラデュイール)、パンツ(プラチナ JAPAN〈PT01〉)、バッグ(サンローラン〈サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious10月号』小学館、2019年

黒タートルニットとチェック柄パンツで仕上げた、シンプル&ベーシックな装いに、サンローランのコンパクトなトレンチコートを重ね、きりりとウエストマーク。チェーンショルダーをさりげなく手にする、こなれた女らしさの演出も、差がつくポイントです。

【5】グレーニット×ライトグレーパンツ

ニット(スローン)、カットソー(エージー ジャパン)、パンツ(ボーダレス〈ロータ〉)、ピアス・スカーフ・ブレスレット(エルメスジャポン)、バッグ(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン)、靴/オーダー価格(J.M. WESTON 青山店) 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious10月号』小学館、2019年
ニット(スローン)、カットソー(エージー ジャパン)、パンツ(ボーダレス〈ロータ〉)、ピアス・スカーフ・ブレスレット(エルメスジャポン)、バッグ(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン)、靴/オーダー価格(J.M. WESTON 青山店) 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious10月号』小学館、2019年

カシミアシルクの大判ストールを、ミラノマダムのように小粋に巻いた、グレーのグラデーションコーディネート。濃淡の異なるグレーを重ねることで、奥深さが出て、洗練された女性に見せることができます。ニットのすそから白のカットソーをちらりとのぞかせて、濃淡グレーの着こなしにメリハリを。「レイラの庭・ブロック」と名付けられたストールは、天国のように美しい庭の情景が描かれた、気品あふれる一枚。

【6】黒ニット×グレースカート

ニット(ムーレー銀座店〈ムーレー〉)、スカート(ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店〈マディソンブルー〉)、サングラス(プロポデザイン〈propo〉)、時計(ヴァシュロン・コンスタンタン)、バッグ(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン)、靴(トッズ・ジャパン) 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious10月号』小学館、2019年
ニット(ムーレー銀座店〈ムーレー〉)、スカート(ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店〈マディソンブルー〉)、サングラス(プロポデザイン〈propo〉)、時計(ヴァシュロン・コンスタンタン)、バッグ(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン)、靴(トッズ・ジャパン) 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious10月号』小学館、2019年

フランネル素材のハリ感のあるスカートを選んで、コンサバに見せないのも、グレーのスカートスタイルをフレッシュに見せる秘訣。ざっくりとした黒のニットに、メタリックシルバーのボディバッグを合わせて、印象をモダンに引き締めて。

【7】キャメルニット×グレーパンツ

ニット/10月上旬入荷予定(ドゥロワー 六本木店〈ドゥロワー〉)、パンツ(アオイ〈ファビアナフィリッピ〉)、サングラス(アイヴァン PR)、バングル(ウノアエレ ジャパン)、バッグ(ピーチ〈ヴィオラドーロ〉)、靴(J.M. WESTON 青山店) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious10月号』小学館、2019年
ニット(ドゥロワー 六本木店〈ドゥロワー〉)、パンツ(アオイ〈ファビアナフィリッピ〉)、サングラス(アイヴァン PR)、バングル(ウノアエレ ジャパン)、バッグ(ピーチ〈ヴィオラドーロ〉)、靴(J.M. WESTON 青山店) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious10月号』小学館、2019年

ふんわりとしたカシミヤのニットとウールパンツのベーシックスタイルこそ、シック配色でセンスよく。重心を軽やかに見せる白スニーカーは、履き口にあしらわれたキャメルのレザーがポイントに。

【8】グレーシャツ×オレンジパンツ

‘シャルべのシャツ・‘ドゥロワーのパンツ(ドゥロワー 六本木店)、ネックレス・リング(TASAKI)、ストール(ボーダレス〈ベグ アンド コー〉)、バッグ(トッズ・ジャパン)、靴/オーダー価格(J.M. WESTON 青山店) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious10月号』小学館、2019年
シャルべのシャツ・ドゥロワーのパンツ(ドゥロワー 六本木店)、ネックレス・リング(TASAKI)、ストール(ボーダレス〈ベグ アンド コー〉)、バッグ(トッズ・ジャパン)、靴/オーダー価格(J.M. WESTON 青山店) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious10月号』小学館、2019年

なめらかなフランネルの比翼シャツには、オレンジの発色が美しいコットンウールのパンツを合わせて、溌剌とした装いに。遊び心が光るグレーのラビットファーバッグで楽しげなアクセントを。

【9】イエローニット×白カットソー×グレーパンツ

ニット・バッグ(J&M デヴィッドソン青山店)、カットソー(スローン)、デニム(ゲストリスト〈アッパーハイツ〉)、ピアス・ネックレス・ブレスレット(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、靴(J.M. WESTON 青山店) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious10月号』小学館、2019年
ニット・バッグ(J&M デヴィッドソン青山店)、カットソー(スローン)、デニム(ゲストリスト〈アッパーハイツ〉)、ピアス・ネックレス・ブレスレット(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、靴(J.M. WESTON 青山店) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious10月号』小学館、2019年

休日の定番ボトムとして新スタンダードに浮上した、グレイッシュデニムときれい色ニットでチャーミングに。白のカットソーをニットからのぞかせて、さらに肌色を明るく。

【10】グレーニット×ピンクスカート

カーディガン・ニット(スローン)、スカート(クルチアーニ 銀座店)、ピアス(showroom SESSION〈ヒロタカ〉)、バングル(エスケーパーズ〈タプレイ〉)、バッグ(JIMMY CHOO)、靴(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious10月号』小学館、2019年
カーディガン・ニット(スローン)、スカート(クルチアーニ 銀座店)、ピアス(showroom SESSION〈ヒロタカ〉)、バングル(エスケーパーズ〈タプレイ〉)、バッグ(JIMMY CHOO)、靴(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious10月号』小学館、2019年

繊細なシェルピンクのプリーツスカートを楽しむ日こそ、ダークグレーのツインニットで甘さを中和させて。スカートは、軽やかなシルク素材にランダムプリーツを施した精巧なつくりで、大人のフェミニンスタイルを盛り上げてくれます。

【11】黒コート×ボーダーニット×白パンツ

コート・ニット・パンツ(サンローラン〈サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ〉) 撮影/土屋文護(TRON) BY:『Precious10月号』小学館、2019年
コート・ニット・パンツ(サンローラン〈サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ〉) 撮影/土屋文護(TRON) BY:『Precious10月号』小学館、2019年

大人の女性にこそ着てほしいカジュアルアウターが、サンローランのムートンのダッフルコート。毛皮面だけでなくスエード面もていねいになめされた上質な革だから、着心地も軽やか。やわらかな温もりを感じさせながらも、シルエットはすっきりとして丈は長め。着るだけで、洗練されたリュクスなカジュアルムードが漂う一着です。ボーダーニットと白パンツを合わせれば、冬らしいマリンカジュアルのできあがりです。

【12】ライトグレーニット×白トップス×ブルーパンツ

靴『グランドラ』(クリスチャン ルブタン ジャパン)、トップス(三喜商事〈バンフォード〉)、ニット(チェルキ〈ボクー〉)、パンツ(スローウエアジャパン〈インコテックス〉)、サングラス(サンライズエージェント〈カトラー アンド グロス〉)、バングル(ウノアエレ ジャパン〈ワンエーアールバイウノアエレ〉)、バッグ(アマン〈エレメ〉) 撮影/戸田嘉昭・池田 敦(パイルドライバー) BY:『Precious10月号』小学館、2019年
トップス(三喜商事〈バンフォード〉)、ニット(チェルキ〈ボクー〉)、パンツ(スローウエアジャパン〈インコテックス〉)、サングラス(サンライズエージェント〈カトラー アンド グロス〉)、バングル(ウノアエレ ジャパン〈ワンエーアールバイウノアエレ〉)、バッグ(アマン〈エレメ〉)、靴『グランドラ』(クリスチャン ルブタン ジャパン) 撮影/戸田嘉昭・池田 敦(パイルドライバー) BY:『Precious10月号』小学館、2019年

温かみのあるニットやパンツ、もこもこバッグで構成された、秋のリッチカジュアル。透明なPVCとレザーのコンビにウッドヒールを合わせた、異素材MIXパンプスとサングラスで光沢感をプラス。寒さが深まれば、ソックスを合わせると、おしゃれの楽しみが広がります。

【13】白ニット×ライトベージュパンツ

ニット(ドゥロワー六本木店〈ドゥロワー〉)、パンツ(マディソンブルー)、サングラス(アイヴァン 7285 トウキョウ)、ストール(HAUNT代官山/ゲストリスト〈ジョンストンズ×ハウント〉)、バッグ(アマン〈ザネラート〉、靴(アマン〈ペリーコ〉) 撮影/戸田嘉昭・池田 敦(パイルドライバー) BY:『Precious10月号』小学館、2019年
ニット(ドゥロワー六本木店〈ドゥロワー〉)、パンツ(マディソンブルー)、サングラス(アイヴァン 7285 トウキョウ)、ストール(HAUNT代官山/ゲストリスト〈ジョンストンズ×ハウント〉)、バッグ(アマン〈ザネラート〉、靴(アマン〈ペリーコ〉) 撮影/戸田嘉昭・池田 敦(パイルドライバー) BY:『Precious10月号』小学館、2019年

白~ベージュのグラデーションコーデに、ピンクメタリックのヒール靴が映える、クリーミー配色の着こなし。旬のチェックをストールで取り入れ、トラッド感をしっかりプラス。パンプスは新しく開発された木型「アニマ」を使った、履き心地が進化したペリーコのアイコンモデル「アネッリ」。