アマルフィ最古のグランドホテル「ホテル・サンタ・カテリーナ」

エントランス
アマルフィの海岸通り沿い。ノーブルな白のファサードが迎えてくれます

南イタリアのソレント半島の南岸、アマルフィ海岸を一望する丘の上に佇むホテル・サンタ・カテリーナは、1904年に6室のゲストルームで創業。ガンバルデッラ家が4世代にわたり、この地のもてなしを伝える、アマルフィ最古のグランドホテルです。

これまでの顧客にはエリザベス・テーラーやリチャード・バートン、アンジェリーナ・ジョリーやブラッド・ピットの名前も並んでいます。

クリフトップの海岸道路にエントランスを構え、海へと降りていく斜面にわたり、リゾートは展開。

南イタリアの太陽をさんさんと浴びる海に面した斜面の敷地には、手入れの行き届いたガーデンと名産のレモン畑も広がっています。

ビーチクラブ全景
海近くのビーチクラブへは断崖の中をエレベーターで降りていきます

全室にアマルフィの海を望むバルコニー付き

67の客室は本館を中心に、ガーデンの東と西に分かれて建つ「ヴィラ・サンタカテリーナ」と近年加わった「ヴィラ・ロッソ」の2棟、そして「スペシャル・スイート」からなります。すべての部屋に、サレルノ湾を望むバルコニー付き(テラスやガーデン付きも)。

バルコニーでシャンパン
到着したら、まずはバルコニーでシャンパン

室内には、アマルフィ海岸の小さな村、ヴィエトリ・スル・マーレで作られた手描きの陶器タイルや、20世紀初頭のアンティークの内装、凝った化粧漆喰の天井など、視線を変えるごとに胸はずむものが目に留まります。

客室はフェミニンな印象は共通ながら、すべての部屋でデザインが異なり、毎年少しずつリノベーションを加えているので、再訪すればきっと新たな発見があるはず。

寝室
20世紀初頭のインテリアが生かされています

憧れの客室は、レモンの木立の中やクリフサイドに建てられた2棟のみの「スペシャル・スイート」。そのひとつ、「ジュリエッタ・エ・ロメオ・シャレー」はほかの客室から少し離れた、海を見渡す斜面に築かれた2階建て。

インフィニティエッジの温水プールや、ブーゲンビリアに彩られた円形のテラスなどから、誰に気使うことなく、海を存分に愛でられます。サンルームを置くテラスやジャグジー付きのマスターバスルームなど、居心地のいい場所もあちこちに。

スイートのプライベートプール
憧れのスペシャル・スイートのプライベートプール。温水なので通年、快適

海のパノラマビューと、充実の朝食が毎日の楽しみ

レストラン-1
姿が映るほどぴかぴかの、大理石の床のレストラン。海の眺めが食事のスパイスに

レストランは2カ所。本館にある「サンタ・カテリーナ・レストラン」は、鏡のように磨かれた大理石とラピスラズリの床に、美しく整えられた食器とリネン、各テーブルには生花が飾られ、鮮やかなブーゲンビリアに彩られたテラスの向こうには海が広がります。テラスのコーナーテーブルは、まるでティアレア海に突き出たような錯覚も。

レストラン-2
ガラスのテラス席は海にせり出したようなシチュエーション

白いタキシードのウェイターが、満面の笑顔で迎えてくれる朝食から、一日がはじまります。ビュッフェとアラカルトを組み合わせた内容で、その充実ぶりに朝からついつい満腹に。もちろん、朝のシャンパンも冷えています。

レストラン-3
季節の花で彩られた、メイン棟のテラス

本館のエレベーターを下りると、断崖をすり抜けて海近くのスパのフロアへ。ここのスパ、規模は小さいながらに、地中海のハーブなどを使ったフェイシャルやトリートメントがユニークです。

シグネチャーのレモン・マッサージは敷地内の畑でとれたフレッシュレモンをチャクラにのせ、レモン・オイルを使うこの土地ならではのもの。コスメではCARITAも使用しています。

スパ
スパでは敷地内の畑でとれたレモンを使うメニューもあります
海を眺めるシート
特にレストランというわけでもなく、ふと腰かけて、海を眺めるシートも

スパのあるフロアから、別のエレベーターを乗り継いでさらに下がると、海がすぐそばに迫る温水の海水プールのあるビーチクラブに到着。ここには日光浴のためのサンデッキや、春から秋にかけて営業するビーチレストランもあります。そしてレモン畑も。

ビーチクラブ
崖のふもとのビーチクラブ。ホテルゲストだけの秘密のスペース
ビーチクラブのレストラン
春から秋にかけて営業する、ビーチクラブのレストラン。窯焼きピザやパスタなどをサーブ
レモン畑
アマルフィ海岸の名産、レモン。ホテル・サンタ・カテリーナの敷地にはレモン畑も

客室から一望するアマルフィ海岸の眺望、意匠を凝らしたそれぞれの客室、おいしい朝食。ガンバルデッラ家が100年以上伝えてくれる、南イタリアのホスピタリティを感じる滞在が叶えられます。

問い合わせ先

この記事の執筆者
ダイビング雑誌の編集者を経てフリーに。海外旅行専門誌でもビーチを担当。月に1~2回、海外を中心に国内外のビーチリゾートへ通うこと、かれこれ四半世紀以上になる。女性誌の旅記事、ライフスタイル誌の連載、ウェブの連載ほか、共著に『奇跡のリゾート 星のや竹富島』など。世界のビーチガイド「World Beach Guide(http://www.world-beach-guide.com ) 」主催 好きなもの:海でボーッとすること、ボディボード、ダイビング、ビーチパーティー、Jazztronik、H Zettrio、渋谷Room
公式サイト:古関千恵子ホームぺージ
Twitter へのリンク
Instagram へのリンク
WRITING :
古関千恵子
EDIT :
安念美和子、大西瞳(イクシアネクスト)