ずっと着ているアウターにマンネリさを感じたら、スポーティーなテイストのブルゾンをワードローブに加えることをおすすめします。

リッチなファー素材や、袖が配色になった異素材ミックスのデザインを選んだりと、大人が着てこそ似合う、技アリのデザインを、かっこよく取り入れているものが今、ブティックには多く登場しています。

本記事では、これらのブルゾンを着こなした、海外のモデルや女優の着こなしを分析。着こなしのコツを解説いたします。

軽快な大人のスポーティーを生む!程モードなニュアンスも漂うブルゾンスタイル4選

■1:ジジ・ハディッドは…ナイロン×もこもこの素材ミックスでこなれたムードを漂わせて

大人コーデ_1
足元はレオパード柄のスリッポンを履いて、クールなアクセントになるスパイスづけを。

モデルのジジ・ハディッドがN.Y.で目撃されたときの着こなしです。

ナイロンベースのブルゾンは、袖にもこもこのシアリングがあしらわれていて、トレンドを取り入れていました。

色のミックスだけでなく、素材もミックスされているので、表情豊かなアクティブさがアピールできます。

インに着たパーカに同トーンの色を投入しているところも、まとまりのある大人のクラスカジュアルが完成。

■2:カロリーヌ・ド・メグレは…カモフラ柄の辛口タイプなら大人のモードを切れよく表現

大人コーデ_2
ボックス型がスタイリッシュなミニショルダーもカーキにして、全身の色味に統一感を出しています。

モデル出身で女優としても活躍しているカロリーヌ・ド・メグレ。

パリコレでSNAPされたときは、Sacai(サカイ)のカモフラージュ柄のブルゾンを主役に、ほかはオールブラックでシックにまとめていました。

ダークめな色味の着こなしなので、重たく見えないよう、シャツの襟元を深く開けている着こなしアレンジもお見事。

カジュアルなブルゾンを洗練されたオールブラックの着こなしに合わせれば、辛口の大人顔モードになるので、ぜひ参考にしてください。

■3:アレクサ・チャンは…ボリュームが出やすいファーはコンパクトなサイズを選べばすっきり

大人コーデ_3
タイツ×ミュールのおしゃれバランスに注目。黒でまとめると、しっくりとなじみやすくTRYしやすい。

モデルののちデザイナーに転身したアレクサ・チャンは、いつもおしゃれな着こなしを披露してくれてSNAPの常連。

このSNAPの日は、清楚なジャンパースカートの装いに、ベージュのファーでできたブルゾンをON。

ファーにボリュームがあるので、ボディラインにぴったりなサイズで腰ジャストな丈をスマートに着こなしていました。

襟のファーが配色になっているデザインも顔周りを明るく彩り、女性らしい印象を高めています。

スポーティーかつラグジュアリーさも十分と、まさに大人が理想とするコーディネートです。

■4:オリビア・パレルモは…切れのよさが光るモノトーンで理想のシンプルスポーティーを完成

大人コーデ_4
ショートブーツからちらっと足首をのぞかせて、抜け感をプラス。この絶妙な肌見せひとつで軽やかな印象に。

毎年冬になると黒のレザーレギンスをヘビロテしている、オリビア・パレルモ。

パリでSNAPされたこの日は、ゆるっとサイズのニットにレザーレギンスをオールブラックでまとめた着こなしに、ブルゾンだけ白をコーディネートしていました。

袖と裾にキャメルのリブ素材が組み合わされている配色は、爽やかでリッチさが漂います。

肩かけしている着方も自然にセンスのよさを印象づけるので、ぜひお手本にしてみてはいかがでしょうか。


スポーティーなブルゾンは単なるアクティブさが高まるだけでなく、ファー素材や異素材の組み合わせ、辛口のプリントなどを取り入れることにより、こなれたおしゃれっぽさを確実に高めてくれます。

ぜひ取り入れてみて、コーディネートを新鮮にアップデートしてみてくださいね。

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
PHOTO :
AFLO
EDIT&WRITING :
佐野有紀