なんとも暑い夏が続きますね。真夏の8月を心地よく過ごすコーデの鍵といえば、「白いアイテム」。そんな白アイテムを中心にしながら、「シワになりにくい」「下着が透けない」「ボディラインが目立たない」といった、「白を着る日」に感じるストレスさえも回避するコーディネートを、着回し形式でご紹介します。ただでさえ暑苦しい夏を、快適に美しく過ごすには、「白」のもつ爽やかなパワーを借りない手はありません!

主人公は、海辺の自宅と都会の仕事場を行き来する女性を想定。カジュアル・リッチな「白の1か月コーディネート」、1日目です。

【8月1日(火)】
ロングジレをジャケット代わりに、真夏の「知的エレガンス」を演出!

アドバイザーを務めるレストランの打ち合わせのため、都内のオフィスへ

サングラス¥38,000(ケリング アイウエア ジャパン〈サンローラン〉)、ピアス¥525,000・バングル[右手]¥127,000・[左手]¥1,560,000(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ¥249,000(JIMMY CHOO)、靴¥34,000 (コール ハーン ジャパン)

湘南の自宅から車を走らせ、都内へと向かう通勤日。清々しい白だけを重ねることで生まれたクールな表情に、クライアントの期待もふくらんで。フリーランスだからこそ気を配りたいオンスタイルには、ラフなTシャツはご法度! 知的なブラウスに合わせたロングジレが、ジャケットの役割を果たす強い味方に。

今日のメイン白アイテムは「3.ロングジレジャケット」&「4.シルク100%のアシメトリートップス」

3.ロングジレジャケット¥308,000(三崎商事〈マロ〉)、4.シルク100%のアシメトリートップス¥151,000(キートン)

3.ロングジレジャケット
夏ワードローブに一枚あるとジャケット以上に活躍。素材はラフィアのようなさらっとした肌触りのコットン。横うねのある織り地が着映え効果を約束する。肩先が隠れるキャップスリーブも魅力です。

4.シルク100%のアシメトリートップス
アシメトリーに入ったプリーツが印象的なノースリーブトップス。肩周りはコンパクトに、すそに向かって広がるAラインは、ウエスト周りの体型カバーにもひと役買って。あたりが出にくい、程よく肉厚なシルクジョーゼットを贅沢に使用。

とろみ素材のフルレングスボトム

とろみ素材のフルレングスボトム¥57,000(マックスマーラ ジャパン〈マックスマーラ〉)

緩やかな落ち感×フレアシルエットで、スカートにも劣らぬ気品が漂う。上質なツイル生地が長時間はいても美しさをキープしてくれます。

PROFILE

立野リカさんが演じる主人公女性
東京の広告代理店に勤めるも、以前から興味のあったフリーランスのフードコーディネーターに転職。L.A.留学で、オーガニック料理や最新のマクロビオティックの知識を深める。現在は地元の湘南に自宅兼スタジオを構え、レストランやカフェのレシピ考案や料理教室、ケータリング業など多岐にわたって活躍。夫と愛犬と暮らす湘南の自宅と、東京を行き来するデュアル・ライフスタイル。

※価格はすべて税抜です。

この記事の執筆者
TEXT :
Precious.jp編集部 
BY :
『Precious8月号』小学館、2017年
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
PHOTO :
熊澤 透(人物)、佐藤 彩(静物)
STYLIST :
大西真理子
HAIR MAKE :
重見幸江(gem)
MODEL :
立野リカ(Precious専属)
COOPERATION :
アウディ、UTUWA、AWABEES、PROPS NOW
EDIT&WRITING :
廣田沙羅・竹市莉子(HATSU)、喜多容子(Precious)
RECONSTRUCT :
難波寛彦