年齢を重ねるごとに、「髪にツヤがなくなってパサつくようになった」、「1本1本が細くなって地肌が透けて見える」など、髪にまつわる悩みも増えてきていませんか? パサつきを抑えるためにちょっと重ためのスタイリング剤を使うと、髪がペタ~ッとしてよけいに地肌が目立ってしまう…など、扱いにくいアラフォー女性の髪質。

そこで、パサつきもボリューム不足もしっかりカバーしながら、「今らしさ」もきちんと表現できる、大人のワガママを叶えるヘアスタイルをご紹介します!

【お悩み】パサつく髪と全体のボリューム不足を解消したい!

ボブヘア代表・中澤富見さんにはこんなお悩みが。これを解決するには...

■髪型:丸みと厚みのあるグラデーションボブで解決

完成カット
サイド
バック

中澤さんのHAIR CHART

  1. やわらかさ(柔→硬)  ★☆☆  
  2. ボリューム(少→多) ★☆☆
  3. 髪の太さ(細→太)  ★☆☆
  4. 髪の潤い(乾→潤)  ★☆☆
  5. 白髪の量(多→少)  ★☆☆

髪のボリューム不足が気になるのは、だいたい頭頂部のあたり。ここに分け目を作ると、地肌が透けて見えてしまいます。「このスタイルの特徴は頭頂部あたりから前髪をつくって、前髪に厚みをつくること。この厚みを活かして根元からフワッと立たせるように分け目をつくると、頭頂部に自然なボリュームが生まれ、お悩みもカバーできます」(ディレクター 長谷部しのぶさん)。

このスタイルのもうひとつの特徴が、髪の表面にレイヤーがないこと。「レイヤーは内側に入れ、表面の髪を長くしているので、パサつきが目立ちにくくなっています。また、裾をフェイスラインに沿わせるのではなく、外側に広がるようにしました。これでボリューム感が出て、後頭部に厚みと丸みを出しやすくなっています」

■スタイリング:髪の内側からテンションをかけながら乾かし、前髪はアイロンで根元を立ち上げるのがポイント

このスタイルは特別なブローテクニックがなくても、ふんわりとしたボリュームがつくれるのがポイント。「ドライヤーで乾かすときは、内側から手ぐしで髪をちょっと引っ張るようにしてください。それだけで空気感のあるスタイルに仕上がります」

<老け見えをくい止めるポイント3か条>

□内側から手ぐしでとかしながら乾かして根元から立ち上げ、ボリューム感を出す
□顔にかかる前髪は真っ直ぐにのばし、サイドのふんわり感とメリハリをつけること
□頭頂部は分け目部分から根元からフワッと立たせて、ボリュームアップ

年齢を重ねると、あごのラインや目の下のクマなど『隠したい!』と感じる部分も増えるもの。「そんなときこそ、このグラデーションボブのように毛先に動きをつけて、視線をそらすようなスタイルがおすすめです」(長谷部さん)

ディレクター 長谷部しのぶさん。「こう見えて剣道四段。剣道でストレスを発散しています」

お問い合わせ先

アンフルラージュ 青山
住所/東京都港区南青山4-5-18
TEL:03-6434-7622
営業時間:月~金:11:30~19:30、日・祝日:9:30~17:30 無休

青山の閑静な住宅街にある“安らぎと贅沢”をテーマにしたサロン。個性を引き出すヘアスタイルを提案してくれる、大人の女性の頼もしい味方。

【その他のショートヘアの髪型を見る】
【その他のミディアムヘアの髪型を見る】

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
PHOTO :
古谷利幸〈F-REXon〉
MOVIE :
浪元 一孝〈ビーゴー〉
MODEL :
中澤富見
WRITING :
中島祐美
DIRECTION :
青木 笑