外出する前はヘアスタイルがきちんとおさまっていたのに、ちょっと汗ばむと広がりとうねりが出てしまう…ってこと、ありますよね。特にショートの場合、ちょっと髪が伸びてくるとうねりが出やすく、思い通りのスタイルにならなくてうっとうしい思いをしている、という方も多いのではないでしょうか。

ショートヘアを落ち着かせるポイントは「ヘアサロンでの、レイヤーの入れ方」にあります。どこにレイヤーを入れるとまとまりのあるスタイルになるのかを、セレブリティの御用達サロン・六本木美容室で教わりました。

【お悩み】パサつき、うねりを解消したい!

ショートヘア代表・川田なゆかさんのお悩みを解決するには...

■髪型:耳から上にレイヤーを入れ、うねりを抑えるショートボブに

完成カット
サイド
バック

川田さんのHAIR CHART

  1. やわらかさ(柔→硬)  ★★☆
  2. ボリューム(少→多) ★★★
  3. 髪の太さ(細→太)  ★★★
  4. 髪の潤い(乾→潤)  ★★☆
  5. 白髪の量(多→少)  ★☆☆ 

スタイルに動きを出すために髪を『すく』テクニックも。ただし、『すき過ぎ』にはご注意を。「特に毛量のある人は、すき過ぎるとまとまりにくくなり、ちょっとしたことで広がったり、うねったりしてしまいます。髪の表面がフラットではなくなるので、ツヤも出にくくなります。広がりにくく、うねりを目立たせなくするには、耳より上のところにレイヤーを入れること。頭頂部は根元を立たせるようにアイロンをかけておくと、ボリューム感も生まれます」(スタイリスト 柿澤つかささん)

パサつきを抑えるには、カラー選びにもポイントがあるとか。「イエロー系の色味は髪がパサついて見えるので、私はブルー系の寒色をおすすめしています。ハイライトをウィービングして入れているので、根元に白髪が生えてきても目立ちにくいんですよ」

■スタイリング:分け目の根元を立たせるようにアイロンをかけ、トップにボリュームをつくりましょう

「分け目の髪を立ち上げるとき、アイロンで髪を挟まずに押しあてるのがポイント。立ち上がったら、すぐに髪を戻さず粗熱を取ってから他の髪となじませるようにしてください。このひと手間で、立ち上がりのキープ力に差が出ます」

<老け見えをくい止めるポイント3か条>

□頭頂部の根元を立ち上げて高さを出し、ボリュームにメリハリ感をつくる
□ブルー系の寒色で髪にツヤ感を出す
□カラーリングは1色で済まさず、トーンを変えて立体感をつくる

「髪を短くすればするほど立ちやすくなるもの。スタイルにボリュームをプラスしたいときはレイヤーを入れると、ふわっとしたボリュームが出やすくなります」

スタイリスト 柿澤つかささん。「自分でも酒豪顔だと思いますが、実はまったく飲めません。でもお酒の席は大好きです!」

お問い合わせ先

六本木美容室 白金店
住所/東京都港区白金台4-19-20
TEL:03-3447-4167
営業時間:11:00~20:00 休火曜

1977年に六本木で創業された老舗のサロン。白金の高級住宅街の一角に建ち、落ち着いた雰囲気はまさに隠れ家。丁寧な施術には定評がある。
この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
PHOTO :
古谷利幸〈F-REXon〉
MOVIE :
浪元 一孝〈ビーゴー〉
MODEL :
川田なゆか
WRITING :
中島祐美
DIRECTION :
青木 笑