シンプルで楽なワンツーコーデも魅力的ですが、スタイリングの幅をぐっと広げてくれるレイヤードも捨てがたいですよね。ただ、一歩間違えるとゴテゴテした印象になってしまったり、子供っぽく仕上がってしまうのも事実。

本記事では、雑誌『Precious』6月号141ページでモデルの立野リカさんが着用した、洗練されたHERMÈS(エルメス)のレイヤードルックを詳しくご紹介します。

エルメスが提案する、大人のための洗練されたレイヤードルック

トップス_1,パンツ_1,ファッションニュース_1
雑誌『Precious』6月号でモデルの立野リカさんが着用したエルメスのスリーピース
PHOTO:浅井佳代子 STYLIST:大西真理子 HAIR:hiro TSUKUI(Perle) MAKE:三澤公幸(3rd) MODEL:立野リカ(本誌専属)

シンプルななかに伝統と技術が凝縮されたジレ、トップス、パンツ

スリーピース
スリーピース(参考色) 左から ジレ¥423,000・エプロン風トップス¥338,000・パンツ¥439,000(税抜)

エルメスの春夏コレクションで発表されたジレ、トップス、パンツからなるスリーピースは、まさに大人のためのレイヤード。無駄な装飾を削ぎ落とした無地のワントーンで一見シンプルな印象ですが、実は伝統と技法が凝縮されたルックなのです。

ジレ
ジレのバックスタイル。ウエスト後ろの両サイドを留めたステッチにもご注目を。このステッチも、身体を締め付けないストレスフリーな着心地と立体的なシルエットに一役買っています。

張りと上品な光沢感をもつモヘア混の素材で仕立てたマニッシュな3点の根底に息づくのは、メンズスーツのサルトリア(テーラリングの技術)。伝統的な仕立ての技術を応用することによって、身に付けたときに初めてその美しさを実感できる構築的なシルエットが実現しました。

例えば、ウエストのシェイプを形作るジレのダーツ。メンズライクなジレを、女性らしさが引き立つアイテムへと変化させた逸品です。

ディテール
パンツのサイドに入ったスポーティなダブルライン

ワークウエアへのオマージュがいきるクロスバックのエプロン風トップスや、2本のリボンテープをサイドにあしらったワイドパンツも、高級馬具工房にルーツをもつエルメスならでは。シンプルでシックな印象ながら、大人の遊び心が感じられるデザインです。


ベーシックなナチュラルカラーで合わせやすく、もちろん単品でも活躍しますが、レイヤードによってさらなる魅力を発揮するのがこのスリーピース。重ねることで立体感や「今」の気分が際立ちます。

洗練された素材と色使いに、すっきりと美しいシルエット。ディテールに宿るクラシックな技法と遊び心。これぞ目の肥えた大人のおしゃれ心を満たす、究極のレイヤードルックといえるでしょう。

問い合わせ先

エルメスジャポン

TEL:03-3569-3300

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
PHOTO :
唐澤光矢(RED POINT)
WRITING :
門前直子
EDIT :
石原あや乃