立秋を迎えてもなお残暑が厳しいこの季節。髪の長い女性にとって、鬱陶しさを軽減する「まとめ髪」は死活問題ですよね。とはいえ、忙しい毎日のなかでは、「こなれた雰囲気に髪をまとめる」のは、なかなか難しいのが現実です。「暑いから」「時間がないから」「パーティー風にしたいから」などの理由で、1パターンなまとめ髪になってしまっていませんか?

実はきちんと下準備さえしておけば、こなれた雰囲気をつくり出すのは意外と簡単な「まとめ髪」。今回は、ねじって留めるだけの簡単テクニックながら、凛とした華やかさが生まれる「ツイストアレンジ」のスタイリングのコツを、3つのステップでお伝えします。

凛とした華やかさが生まれる、「ツイストアレンジ」のつくりかた

ブロッキングをしてねじるだけ!

ねじって留めるだけで、横顔に華やかさが生まれる!

両サイドの髪を3つに分けて、ねじって合わせていくだけ。髪のブロッキングをきちんとすれば、テクニックなしで失敗なく、アクセントのあるまとめ髪が完成します。毛束をとって結び目に巻き付け、ゴムを隠すことで、より洗練された仕上がりに。

■STEP1:髪を前後に分け、3つのパートにブロッキング

(手順は左から右へ)

■左右の耳のラインから後ろの毛を後ろでひとつにゴムで結ぶ。
■中央の写真は横から見たところ。
■左のブロックの髪を、こめかみ上の分け目から前髪に向かって3パートに分けます。後ろの毛束からくるくると外向きにきつめにねじっていき、後ろにまとめた髪の結び目上の位置でダッカールピンで押さえましょう。

■STEP2:毛束をひとつずつくるくるとねじり、後ろの髪とまとめる

(手順は左から右へ)

■真ん中のパートの毛束をSTEP1と同じようにねじり、押さえておきます。
■顔周りのパートの毛束も同じようにねじります。
■ねじった3本の毛束を押さえていたダッカールピンを外し、真ん中の毛束と合わせてゴムで結びます。

■STEP3:左右を同じようにねじってまとめ、仕上げに毛束をゴムに巻きつける

(手順は左から右へ)

■右側ブロックの髪も左側ブロックと同様に3パートに分け、それぞれねじって押さえておきます。
■左側ブロックと同じく、右側ブロックも真ん中の毛束と合わせ、ゴムでひとつに結びます。
■後ろにまとめた髪から毛束を少しとり、ゴムを隠すようにくるくると巻き付け、毛先をピンで留めたら完成です!

まとめ髪の下準備のポイント3つ

 

■1:トップに逆毛を立ててボリュームと高さを出す。
■2:結ぶ位置は耳上から指2本分上が目安。
■3:毛先をカールして艶とまとまり感を出す。

この3つの下準備ポイントをおさえるだけで、ただのひとつ結びとは洗練度が歴然と違う、大人の女性の風格がただようまとめ髪にすることができます。

以上、ねじって留めるだけという簡単なテクニックながら、凛とした華やかさが生まれる「ツイストアレンジ」のスタイリングのコツをご紹介しました。シンプルなひとつ結びのスタイルでも、「ねじる」というアクセントを加えるだけで、こんなにも新鮮な表情に生まれ変わるのです。

この記事の執筆者
TEXT :
Precious.jp編集部 
BY :
『Precious8月号』小学館、2014年
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
PHOTO :
青柳理都子
STYLIST :
富岡百合子
HAIR MAKE :
masato(marr)、尾花ケイコ
MODEL :
YOUKI
EDIT&WRITING :
黒木治美、笠井直子(Precious)
RECONSTRUCT :
難波寛彦