最高級のカシミアやウールで知られるLORO PIANA(ロロ・ピアーナ)。男女を問わず、世界中の「本物の価値を知る」エグゼクティブたちから圧倒的な支持を得るイタリアブランドです。今回は、改めてロロ・ピアーナにフォーカス。テキスタイルへのこだわりから名品、今季の新作まで、ブランドの魅力をたっぷりとご紹介します。

ロロ・ピアーナが教えてくれる、真のラグジュアリーとエレガンスとは?

■1:​最高級の素材を求め、産地をサポートするサステナブルな姿勢

ルーツを遡れば200年ほど前、19世紀の初頭に毛織物商人として北イタリアでビジネスをスタートしたロロ・ピアーナファミリー。その後、20世紀に入り、高級ウールやカシミアなどに特化したオートクチュールのためのファブリックサプライヤーとしての地位を確立します。

80年代に絶滅の危機に瀕していたビキューナ*を保護するため、ペルーに投資をスタートしたことを皮切りに、中国やアルゼンチンなど、優れた原材料の産地に対して本格的なサポートを始めます。

*「神の繊維」と称される、非常に繊細な毛をもつ希少な動物
ドキュメンタリー『Cashmere – The Origin of a Secret』より①
リュック・ジャケ監督との共同制作によるドキュメンタリー『Cashmere – The Origin of a Secret』より、世界でもっとも細いカシミア繊維をうむヒルカス山羊。

ロロ・ピアーナが世界中を探求して見出し、サポートを続けてきた最高級の素材…例えば、先出のビキューナにカシミア、ザ・ギフト・オブ・キングス®という登録商標をもつメリノウール、さらには蓮の茎から作られるロータス・フラワー®。

いずれも産地と強い協力関係を築き、現地の人々と一丸となって素材の品質向上とサステナブルな生産体制を探求している点が特徴です。

原材料となる動物や生産の様子など、サステナビリティの実現に向けた取り組みを美しい画像によって描きだすのが、『皇帝ペンギン』でアカデミー賞を受賞したリュック・ジャケ監督とロロ・ピアーナが共同制作したドキュメンタリー。

三部作のうち、現在は第1弾の『Cashmere – The Origin of a Secret』がロロ・ピアーナの公式サイト内で公開中。テキスタイルがうまれる環境や生産者の様子を3年に渡って追いかけた作品は必見です。

ドキュメンタリーはこちら

ドキュメンタリー『Cashmere – The Origin of a Secret』より②
ドキュメンタリー『Cashmere – The Origin of a Secret』より。モンゴルと内モンゴルの過酷な自然環境のもと、土地とその地に生きる動物を熟知した山羊飼いたちの姿が描かれています。

■2:​希少なテキスタイルを心地よく、洗練されたウエアに仕立てる職人技と感性

最高級かつ希少な原材料も、それをいかす技術とテクノロジー、感性なしに美しいウェアは完成しません。ロロ・ピアーナでは、生産者との強い繋がりをいかして素材への研究を続け、厳しい生産管理のもと、うっとりするようなテクスチャーと軽さを備えたウエアを生み出しています。

カシミアの生産風景
カシミアの生産風景。機械で繊維をほぐし、コーミングして整えたのち、手作業で束をつくります。この束が糸の原料となる「トップ」です。

生地を「買う」のではなく、「つくる」のがロロ・ピアーナ。原産地とイタリアで丁寧に洗毛したのち、繊維1本1本をほぐして糸から生地をつくります。希少な産地と丹念な作業によってうまれる無二の生地。その生地を美しく仕立てるのが、イタリアに息づく職人技とサルトリア(テーラリング技術)、そしてタイムレスな価値あるものをうむ感性です。

糸の染色
糸のもととなる束「トップ」の状態で染色することで、むらなく染めることができます。

■3:20年以上愛されているメンズシャツ「アンドレ」のウィメンズ版がデビュー!

カシミアや高級ウールのイメージが強いロロ・ピアーナですが、布帛の名品も見逃せません。ブランドを代表するアイコニックなアイテムのひとつが、コットンリネンのメンズシャツ「アンドレ」。1998年に誕生して以来、「1枚でも重ね着してもきまる」とスタイリッシュなイタリア紳士たちから圧倒的な支持を受ける名作です。

シャツ「ネオ・アンドレ」
フロントを開けても縫い目が見えないように仕立てられた見返しが特徴。シャツ「ネオ・アンドレ」 ¥106,000

その「アンドレ」に、今季(2020年春夏)待望のウィメンズバージョンが初登場! 一見シンプルな白シャツですが、オープンにしてもラフになりすぎないよう計算された襟からフロントにかけてのつくりや丸みを帯びたカフスなど、こなれたシャツスタイルをかなえるディテールが凝縮されたデザイン。着るほどにその魅力が実感できる名品です。

詳細はこちらから

■4:纏う人の魅力を引き立てる、洗練されたウエアたち

ロロ・ピアーナのウエアに、わかりやすいロゴやマークはついていません。最高級の素材を柔らかく、軽く仕立てて、うっとりするほど快適な着心地を提供する…その信念のもとには、ブランド名を強調する必要はないのです。そして、奇抜なデザインとも無縁。シンプルで洗練されたデザインの、纏う人の魅力を引き立てるウエアがそろいます。

ベルト付きのリネンジャケット
ベルト付きのリネンジャケット(写真左) ¥326,000

例えば、新作のリネンジャケット。「アンドレ」同様シンプルに見えて、縫い目が見えない縫合や美しいドレープをうむパターンメイキングなど、着るほどにわかる魅力が詰まった1着です。

詳細はこちらから

リネンシルクのニットドレス
リネンシルクのニットドレス(予約販売中) ¥231,000

ロロ・ピアーナならではの上品な柄物にもご注目を。今季はジャカード編みのボートネックドレスが登場。落ち着いたカラーリングで、開放感と大人の洗練をあわせもったアイテムです。

詳細はこちらから

■5:アートピースさながらの限定ブランケット

ロロ・ピアーナはブランケットやタオル、スリッパなどホームコレクションも充実。今回は、なかでも限定品のエクスクルーシブなブランケットをご紹介します。

プリント・ブランケット「オン・ザ・バンド」
プリント・ブランケット「オン・ザ・バンド」 ¥643,000【縦140×横185cm】

高度な職人技を必要とするプリント・ブランケットは、数量限定アイテム。コレクターもいる人気商品で、スエードの縁取りとカラフルで緻密なプリントが特徴。こちらには1930年代の上海・外灘の様子が描かれています。

詳細はこちらから

プリント・ブランケット「ゴルフ」
プリント・ブランケット「ゴルフ」 ¥643,000【縦140×横195cm】

プリント・ブランケットのモチーフは街やスポーツなどさまざま。こちらは「ゴルフの聖地」と称されるスコットランドのセント・アンドリューズで、1930年代に開催されたゴルフの試合風景を描いたシリアルナンバー入り。ゴルフ好きにはたまらないアイテムです。

詳細はこちらから


世界最高のテキスタイルを追求し、産地のサポートを含めてサステナブルなブランドのあり方を追求するロロ・ピアーナ。今回はその素材へのこだわりの一端や定番アイテム、新作などをご紹介しました。トレンドと一線を画す、真のラグジュアリーとエレガンスを教えてくれるブランド、それがロロ・ピアーナだといえるでしょう。

※掲載した商品はすべて税込み価格です。

問い合わせ先

ロロ・ピアーナ ジャパン

TEL:03-3572-0303

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
EDIT :
石原あや乃
EDIT&WRITING :
門前直子