リラックス感が漂い、おうち時間や近所への買い物にもぴったりなニットパンツを使ったコーディネート。

おしゃれな海外セレブも、リッチさが感じられる色や素材を取り入れて、こなれた印象に仕上げていたので、ご自身のコーディネートの参考にしてください。

きちんと見えるのに着やすさパーフェクト!海外セレブの「ニットパンツ」コーデ4選

■1:ジャスミン・トゥークスは…ロングカーデとの3点セットなら知的さはもちろん今どきのリラックス感十分な着こなしに

パンツ_1
足元はフラットシューズの永遠定番ともいえる、シャネルのバレエシューズで品よく女性らしくまとめています。

世界一美しいスタイルの持ち主で10頭身モデルのジャスミン・トゥークスがニースの空港で見かけられたときの着こなしです。

夏らしくスパイシーな味わいが特徴のテラコッタカラーは、着ているだけでおしゃれに見える色味なので、ぜひ取り入れてみませんか?

ジャスミンは、そんなカラーをカーディガン、インナー、パンツと3点セットで着こなして、スタイリッシュさ抜群です。

リブ編みの縦のラインがIシルエットを強調して見せてくれています。

トップスを前の部分だけパンツにインしているので、より脚長効果をもたらし、ドロストパンツのリボンがデザインポイントに。

おうち時間はもちろんですが、移動が多い旅にも着心地がよく便利なアイテムなので、ぜひ取り入れてみては。

■2:ジジ・ハディッドは…ホワイトのスポーティーなセットアップは清潔感たっぷりなヘルシーコーデが完成

パンツ_2
タートルネックなので、ヘアはすっきりひとつにまとめて。これがシャープな味つけになって、よりアクティブに見えます。

恋人のゼイン・マリクとの間に第1子を妊娠中と、5月に報道されたばかりで話題になっているジジ・ハディッド。

N.Y.で見かけられた日のコーディネートは、上下とも白のスポーティーなセットアップでスマートに仕上げていました。

トップスはたっぷりとしたサイズですが、ウエストが見える短め丈でモードな印象に。

パンツも細身でフィット感があり、スタイリッシュさ抜群。BIGシルエットのトップスと好バランスです。

白スニーカーとパンツの間に、淡いラベンダーカラーのソックスを。

ちょっと分量多めに見せているので、全身のアクセントカラーになっています。

■3:ヘイリー・ビーバーは…オーバーサイズのトップスでゆるっと!大人の余裕のあるリッチさを光らせて

パンツ_3
足首をちらっと見せてグッチのファー付きスリッパをコーディネート。バッグとともに引き締め効果につながります。

さまざまなテイストのおしゃれを自由自在に着こなす姿がいつもかっこいいヘイリー・ビーバーは、夫のジャスティン・ビーバーとランチに出かけたとき、美脚シルエットに見えるパンツをキャメルのセットアップで着こなしていました。

トップスは肩の落ちたルーズシルエットで、大きめのボタンがあしらわれていて、首元に抜け感をもたらしています。フープピアスがリッチなニュアンスづけに。

パンツはベルト付きで、トップスをフロントだけイン。シルエットはややフレアに広がり、丈は短めなので、こなれたカジュアルさをアピール。

このデザインは、リブの効果もあってスタイルがよく見えるから、ニットパンツを購入するときはこんなタイプを選ぶのがおすすめです。

■4:ルーシー・へイルは…おうち時間を楽しむのに最適な着心地のよさ重視のアクティブコーデ

パンツ_4
両手を空けるためにバッグは斜めがけが◎。よりアクティブなムードがアップします。

アメリカのテレビドラマ「プリティ・リトル・ライアーズ」で人気になった女優、ルーシー・へイルが2020年4月8日、コロナ渦で愛犬と散歩中のワンシーンです。

自宅の近所なのか、片手にマグカップを持つ姿はご愛嬌。

まさに#stayhome中のコーディネートとして、ニットパンツを愛用していました。

赤のスエットに合わせていたのは、ナチュラルなスラブ調の風合いが際立ったニットパンツです。

メリハリのある配色が切れよく、爽やかなスポーツテイストにマッチしています。

ストンとしたはきやすいラインで、薄手の素材がリラックスしたおうち時間にぴったり。

キャップやスニーカーといった小物合わせでも、軽快さを確実にアップしています。


動きやすくストレスのないニットパンツは、近所への買い物をしたりおうち時間はもちろん、旅やドライブといったアクティブな場面にも最適です。

セットアップなら、きちんと見えながら今っぽい印象にも仕上がります。

肌寒さもある梅雨の時期に取り入れて、リラックスムードの着こなしを楽しみましょう。

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
PHOTO :
AFLO
EDIT&WRITING :
佐野有紀