秋トレンド筆頭の「マスタードカラー」

秋トレンドを先取るなら、まずはおしゃれ上級者も注目する「マスタードカラー」ファッションに挑戦したいもの。今回は、ミラノやニューヨークのマダムたちが早くも実践する、「配色」で手軽に秋ファッションへとアップデートする「コツ」を指南します。今から秋まで使えるアレンジテクニックを習得して、センスアップを狙って!

配色でトレンドを先取る「マスタードカラー」の攻略法

■1:スリーブレスコートで「すっきり見せ」

注目すべきは大ぶりのアクセサリー使い

まずは、スリーブレスコートで「マスタードカラー」を取り入れたマダムをキャッチ。深くあいたVネックラインに大ぶりのネックレスを合わせるのがミラノマダムらしいハイセンスポイントです。ブラックの細身ボトムスを選んで「すっきり見せ」効果も狙って。

■2:ワントーングラデーションで小粋にまとめて

体型カバーも叶うアシンメトリーデザイン

忙しく過ごす30代・40代のキャリアウーマンにオススメしたいのは、一枚でこなれるワンピースです。ワントーングラデーションでまとめれば、手軽にセンスアップが叶います。腰元でブランジングして気になる体型もしっかりカバーして。

■3:ブラック小物でメリハリ配色を意識

モードなメリハリ配色で格上げ

秋風を感じつつも、たまに訪れる真夏日。そんな不安定な天候にも対応してくれるエレガントなワンピースは働く女性の強い味方です。モードなメリハリ配色が叶うブラック小物をセンス良く取り入れて、シーズンレスで使えるマスタードカラーファッションを攻略して。

■4:端正なロングジレのキャロライナ・イッサをキャッチ!

絶妙配色で個性的にアレンジ

凛とした端正なロングジレを選んだのはフロントロー常連のキャロライナ・イッサ。個性的にアレンジするなら、色の魔術師が実践する絶妙なスタイリングテクニックを参考に、淡いパープルのワンピースを忍ばせてみては。

■5:レザー小物を合わせて上品な仕上がりに

仕事シーンに必須なのは淑女なワンピース

好感度アップを狙うなら、お仕事シーンで活躍する「淑女なワンピース」が必須。仕立ての良いレザー小物と合わせて品の良さを感じさせて。どこか物足りなさを感じるときには、記憶に残る「赤い口紅」で色づけするのを忘れずに。

■6:完璧すぎないのがオシャレに魅せる「コツ」

ストローハットで「ハズす」のが粋

オシャレな大人のオフィススタイルとして注目すべきは、トレンドカラーのセットアップスタイルです。ストローハットのハズし技や、ラフにまくった袖元が、男前な一面も発揮。完璧すぎないスタイリングがオシャレに魅せる最大の「コツ」です。

■7:こなれ感を演出する袖のアレンジに注目!

オーバーサイズでトレンドを意識

トレンド感を意識するなら、オーバーサイズのコートをワンピース仕立てに着るのが今どきオシャレを叶えるポイントです。袖元を絞ってパフスリーブっぽく着るとこなれ感もグレードアップ。光沢のある生地選びで華やいで。

■8:ワイドパンツを女性らしくまとめた好例

ライン入りパンツでトレンディに

海外セレブも注目するのが、モード&スポーティーを完成させるライン入りパンツ。ストレートワイドのシルエットならカジュアル過ぎず、シックな印象に。上品なトップスやヒールと合わせてレディーにまとめるのが大人おしゃれの鉄則です!

■9:ユーモアも加味した個性派スタイル

トレンドを先取るざっくりニット

肌寒さを感じ始めたら、トレンドを先取るハイネックのざっくりニットを1枚選んで。ボトムスはミニマルに、人気急上昇中のファーアイテムやユニークなサングラスなど遊び心の光るアクセサリーを携えた黄金バランスで、ファッショニスタを演じて。

■10:柄ミックスで、装いもアーティスティックに

アート性を発揮するグラフィカルな配色

マスタードカラーを個性的にアップデートするなら、アニマル柄のジャケットが好相性。異素材を組み合わせたモダンアートのようなグラフィックデザインが、自分らしいスタイルへと導くポイントです。

今回は、独自のスタイリングルールで個性的に着映える海外マダムたちから、秋ファッションを先取る「マスタードカラー」の着こなしテクニックを紐解きました。「モダンモードが叶う配色」や「トレンディーな小物使い」など手軽にセンスアップする「コツ」を盗んで、今から秋まで使える「マスタードカラー」ファッションをデイリーに取り入れてみていただければと思います。

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
PHOTO :
Kinta Kimura
EDIT&WRITING :
石原あや乃