髪が細くなると、せっかくブローをしても時間が経つとペタンコになりがち。ボリューム不足のスタイルは、見た目年齢も上がってしまいますよね。

そこで、髪が短くてもボリュームを出せるスタイルと、ボリュームがなくても立体的に見えるカラーリングテクニックをご紹介します。

【お悩み】髪のボリューム不足を解消しつつ、フェイスラインをシャープに見せたい!

ショートヘア代表:弓削雅子さん(39歳/ベビーシッター)の悩みを解決するには…

■髪型:ハイライトで自然な立体感、前下がりのカットであごのラインをシャープに

完成
サイド
バック

弓削さんのHAIR CHART

  1. やわらかさ(柔→硬)★★☆
  2. ボリューム(少→多)★★☆
  3. 髪の太さ(細→太)★★☆
  4. 髪の潤い(乾→潤)★☆☆
  5. 白髪の量(多→少)★★★

正面、サイド、バックの3方向から見ると、それぞれに印象が変わるスタイル。「サイドは前下がりにして、シャープなラインをつくりました。表面にレイヤーを入れ、ちょうど耳のあたりにふっくらとしたボリュームが出やすくなっています」(スタイリスト 佐野みづほさん)

カラーリングにはアッシュベージュを使用。「明るくなった部分をハイライトで残し、それ以外の部分のトーンを調整することで立体感を出します。リタッチするとき、ハイライトを中心にすると白髪が目立ちにくくなりますよ」(佐野さん)

■スタイリング:頭頂部と前髪に立ち上がりをつくり、ボリューム感を演出

頭頂部と前髪の根元に立ち上がりをつくるのがポイント。「頭頂部は毛束の根元からストレートアイロンで伸ばすことで高さを出し、前髪は額の生え際、中央あたりにドライヤーをあてて立ち上がりをつくります。これでボリューム感が出せます」(佐野さん)

 

<老け見えをくい止めるポイント3か条>

  1. □中間にボリュームを持たせ、襟足はスッキリ
  2. □1色で染めずハイライトで立体感を出す
  3. □前下がりのラインであごのラインをシャープに

「白髪を染め続けると髪がどんどん明るい色になってしまいがち。明るくなった部分はそのまま残しておくと、色が抜けていくときにバランスのいいトーンになります」(佐野さん)

スタイリスト 佐野みづほさん。「世界中の猫が大好き!あまりに可愛がりすぎて、8歳になる愛猫から毎日、猫パンチをくらってます」

問い合わせ先

  • ZACC raffine 
  • 住所/東京都港区北青山3-11-7 AO4F
    TEL:03-5468-5882
    営業時間:平日12:00~21:00、土・日・祝10:00~19:00
    定休日:火曜(火曜祝日の場合水曜)
フランス語で「洗練された」という意味を持つraffine。まさにその言葉通りの上質なひとときが過ごせるサロン。

大人のヘアカタログ

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
PHOTO :
古谷利幸〈F-REXon〉
MOVIE :
浪元 一孝〈ビーゴー〉
WRITING :
中島祐美
DIRECTION :
青木 笑