ツインニット/ジョン スメドレー パンツ/バーニーズ ニューヨーク バッグ/グッチ 靴/ロジェ・ヴィヴィエ

【9月22日(金) 曇のち晴れ 予想気温(最高):27℃ (最低)21℃】

かつてはまったく興味がなかった色なのですが
スタイリストの犬走比佐乃さんに
「吉川さんの黄み肌にはグリーンが似合うはず」と
おっしゃっていただいたのをきっかけに
おそるおそるトライしたところ、
これが意外と着こなしやすいことを発見!
今ではトップス、ボトムだけでなく小物にも
グリーンが集まってきました。
キーカラーが決まると、配色が楽しくなります。
グリーンと相性のいい黒や紺、ブルーなどで
カラーonカラーの着こなしにも挑戦。
打ち合わせの予定が入っていたこの日は、
きれい目な印象を醸し出せるツインニットに
少し鮮やかなブルーのパンツを合わせました。

ついに3本目に突入した愛用のリップスティック。黄みが強いだけでなく地黒の私の肌色でも、映えてくれるのがうれしい!

色を着る日、少し戸惑うのはメイクアップのカラー。
実は私には、MYリップといいたい一本があります。
それが“ゲラン”の『キスキス ローズリップ』R329。
ティンティッド バームというだけに
保湿効果が高く艶やかで、
ほのかに色づくところが絶妙。
特にCrazy Bouquetと名付けられたR329は
シアー感のあるオレンジ系の赤で、
赤なのにとってもヘルシーなのです。
発色が強すぎないから
服に色があってもバランスがくずれず、
フォーマルなシーンで黒の服などに合わせても
適度な抜け感を与えてくれる──
本当に出番の多いリップスティックです。

(写真/エディターK&J 文/エディターJ)

この記事の執筆者
美しいものこそ贅沢。新しい時代のラグジュアリー・ファッションマガジン『Precious』の編集部アカウントです。雑誌制作の過程で見つけた美しいもの、楽しいことをご紹介します。