海外マダムに学ぶ、アースカラー配色で着映える方法とは?

着るだけで程よくカジュアルにこなれることができる「アースカラー配色」は、大人のデイスタイルの強い味方として秋冬に人気が高まる色味ですが、一歩間違えると「ラフすぎる」と、格下げ原因になる恐れも。今回は、ミラノやN.Y.のストリートで見つけたオシャレなマダムたちから、都会的に着映える「コツ」を紐解きます。スカーフを加える、ワントーンで着る、ボトムスを変える、など、オシャレ玄人が実践する「こなれポイント」は意外にもシンプル。簡単に真似できる着映えテクニックを、今すぐ日常に取り入れましょう。

オフィスで着映えるアースカラーの着こなし方

■1:洗練美をブラッシュアップする「ワントーン」配色

大人らしさに磨きをかけるならワントーン配色の着映え力

ミニマルなスタイルを都会的に格上げるなら、こちらのマダムのようにワントーンのグラデーション配色を意識して。ミリタリーパンツに合わせたスモークグリーンのスカーフが、絶妙な大人のカジュアルオシャレを完成させています。センス良く取り入れているトートバッグとPCバッグのダブル使いも、お仕事スタイルの参考に!

■2:シンプルを究極オシャレに格上げる「スカーフの力」

大判のスカーフをラフに巻くのがスタイルアップの鍵

スカーフテクニックを参考にするなら、ルイ・ヴィトンのモノグラムバッグ片手に颯爽と歩く、美人オーラ全開のオシャレマダムに注目しましょう。ホワイトシャツ×ダークカラーデニムというオフィスカジュアルの王道スタイルを、スカーフひとつで見事、秋色にアップデートしています。ミニバッグとのダブル使いなど、トレンディーな要素もうまく取り入れた熟練テクニックは見逃せません!

■3:ベージュで美人に着映える「お仕事ワンピース」

ミリタリースタイルをオフィスで着るならレディーな「ベージュ」がマスト!

まだまだ汗ばむ日には、ノースリーブタイプのミリタリーワンピースがオススメです。女性らしいベージュカラーを選べば、お仕事シーンで必須の「きちんと感」も演出してくれます。ポインテッドトウパンプスを合わせて、360度、抜け目のない美人なオフィススタイルを完成させてください。

■4:一点投入で季節感が加速する「スエード素材」

 季節感ある異素材ミックスで最旬スタイルへ

ワードローブに秋服が出そろっていないのなら、まずは1点、季節を感じさせる「素材」を選出しましょう。たとえば、こちらのマダムのように、スエード素材のスカートを取り入れるだけで一気に秋ムード漂うスタイルへと昇華させることができます。シャツは「肩落ち」めに着て、トレンドも意識することで、さりげなく女子力の高さを感じさせることができます。

■5:後輩から憧れられる、洗練の「ワイドパンツ」

「短め丈」のワイドパンツで絶妙バランスを演出

春夏から引き続き注目したいアイテムは、オンでもオフでも、オールシーン使える万能な「ワイドパンツ」です。気温が揺れがちな今、取り入れるなら、季節感と軽やかさ、両方のムードを兼ね備えた「カーキカラー」がベストフィット。抜け感ある短め丈を選べば、大人の抜け感を楽しむことができます。会食や大切な打ち合わせにはホワイトジャケットを合わせて、タイムレスな美しさを醸し出して。

■6:万能ストレートパンツで手に入れる「脚長美脚」

カーキのストレートパンツで難なく体型もカバー

「今日のスタイルが決まらない」と嘆きたくなる朝には、どんなビジネスシーンでも間違のいない、オールマイティーなオフィスコーデに頼りましょう。脚長効果も狙える綺麗めなストレートパンツは体型カバーにも最適。肌寒い日にはトレンチコートをプラスして、好感度も狙えるオフィススタイルを完成させて。

■7:デイ&ナイトで映える大人の「ワークスタイル」

ラメの輝きをオンした最強スタイル

いつもと違ったメリハリあるコーディネートを楽しみたい日には、コートとセットアップで着る大人のショートパンツスタイルに挑戦してみては。ラメニットが編み込まれたトップスをインして、目線が上にいくよう印象づけるのがスタイルアップのコツです。足元には鮮烈のホワイトスニーカーをセットして、オシャレ上級者の称号を手に。

■8:身につけるだけでリュクス感を引き出す「プリント力」

素材選びでさらにクラス感アップを狙って

シンプルなスタイルをラグジュアリーに格上げてくれるのが「プリント」アイテム最大の魅力です。こちらのマダムのように、とろみ素材のトップスやハラコ素材のシューズなど、素材選びにもこだわることで、クラス感もアップします。いつものスタイルにエッジを加えたい日に取り入れたい、上級者な着こなしといえます。

■9:究極スリムにスタイルアップする「Iライン」テクニック

モードが加速する辛口小物でメリハリ効かせて

カジュアルなミリタリースタイルをレディーにスタイルアップするなら、ホワイトスカートを味方につけた、街中でもひときわ目を引くこちらのマダムをご参考ください! 潔いマキシ丈のロングスカートが、究極のIラインを演出しています。サングラスやバッグなど、辛口な小物と合わせて、玄人オーラを放って。

■10:フライデーナイトにも役立つ華やかな「サファリ」スタイル

レディーに着るサファリスタイルは上品な「丈感」が決め手

夜のお出かけに備えて、仕事でも使えるスタイルに扮したい金曜日。上品なニットトップスにパイソンのスカートで大人のサファリスタイルに挑戦してみては。ニットの上品な透け感バランスや、スカートの膝下丈を意識すれば、派手になり過ぎず、デイタイムでも安心して着られます。こなれた大人の佇いが、初めて会う人にも余裕あるキャリア女性のイメージを印象づけてくれるでしょう。

今回は、30代・40代のキャリア女性がそのまま取り入れられる、「アースカラー」を主役にしたオフィススタイルにフォーカスして、簡単に着映えるテクニックを紐解きました。ミラノやN.Y.を闊歩するオシャレなマダムたちが実践する「こなれポイント」は、スカーフを加える、ワントーンで着る、ボトムスを変える、など、意外にもシンプルだと判明。今日からオシャレを格上げできる着映えテクニックを取り入れて、秋スタイルを華麗にブラッシュアップしましょう。

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
EDIT&WRITING :
石原あや乃