春の花が咲き始め、一気に春らしさを感じる頃合いになってきました。各高級パティスリーからも、桜をモチーフにしたり、春が旬のいちごを用いたりなど、目や舌から春を感じられるようなスイーツが多く販売されています。

本記事では、春の手土産にぴったりな高級パティスリーのスイーツをご紹介します。

もらってうれしい!高級パティスリーの「春の手土産スイーツ」5選

■1:華やかな春の限定ショコラが美しいセレクションボックス/ヴィタメール

スイーツ_1,いちご_1,チョコレート_1,手土産_1,プレゼント_1
「フルーレット ショコラセレクション」5個入 ¥1,750(税抜)

ベルギー王室御用達チョコレートブランド「ヴィタメール(WITTAMER)」からは、春らしい華やかなショコラの詰め合わせが販売されています。

写真は左から、「フレーズ・シャンパン」「セザム・テヴェール」「クール・ローズ」「アプリコット」「シトロン・テ」。ハート型の「クール・ローズ」以外の4種類は春の限定ショコラで、上品なシャンパンといちごの風味を感じられるチョコレートや、金ごまのプラリネに抹茶のガナッシュを重ねたチョコレートなど、フレーバーの違いも楽しめます。

なお、「フレーズ・シャンパン」「クール・ローズ」「アプリコット」のピンク色のショコラ3種類を詰め合わせた3個入のセット(¥1,120 税抜)や、春限定のショコラ単品(各¥290 税抜)での販売も行われています。

淡いピンクのリボンや花柄のパッケージも、春の贈り物にぴったりのデザインですね。こちらは2021年5月31日(月)までの販売です。

問い合わせ先

ヴィタメール

■2:世界最優秀パティシエが手がけるパティスリーがおくる期間限定の焼き菓子/ピエール マルコリーニ

スイーツ_2,いちご_2,チョコレート_2,手土産_2,プレゼント_2
「パティスリー スプリング セレクション」5個入 ¥1,800(税抜)

ミラノで行われた「WORLD PASTRY STARTS 2020」にて世界最優秀パティシエに選ばれ、ベルギー王室御用達ショコラティエでもあるピエール マルコリーニ氏。彼が手がけるブランド「ピエール マルコリーニ(PIERRE MARCOLINI)」からは、期間限定の焼き菓子のセットが登場です。

写真左から、「マルコリーニ チョコレートケーキ」「キャラメルパウンド」「マルコリーニ ダックワーズ」「サブレ ショコラフレーズ with ホワイトチョコレート」の4種計5個の詰め合わせとなります。

オリジナルクーベルチュールを使用した、ピエール マルコリーニで人気の「マルコリーニ チョコレートケーキ」は1/5カットのものが2個入っています。ピエール マルコリーニのいろいろな焼き菓子を少しずつ楽しみたい人にもおすすめしたいセットですよ。

なお、3個入(¥1,000)、8個入(¥3,000)、14個入(¥5,000)も販売されています(いずれも税抜)。8個入以上のサイズは、「マルコリーニ カカオフロランタン」入りとなります。

スイーツ_3,いちご_3,チョコレート_3,手土産_3,プレゼント_3
「チョコレート ストロベリー ケーキ」¥1,700(税抜)

また、同じく「ピエール マルコリーニ」からは、春限定の「チョコレート ストロベリー ケーキ」も販売中。ストロベリーをしっかりと練り込んだ生地とチョコレート生地の2層仕立てのケーキです。中央のストロベリーコンフィチュールがアクセントになった、優しい味わいのスイーツですよ。

これらはすべて「ピエール マルコリーニ」全店にて、2021年5月31日(月)まで販売されています。

問い合わせ先

ピエール マルコリーニ

■3:身体にうれしいいちごのロールケーキ/カドー ナチュール

スイーツ_4,いちご_4,チョコレート_4,手土産_4,プレゼント_4
「ストロベリー ロール」¥2,300(税抜)

東京駅八重洲北口の商業施設「東京ギフトパレット」に常設店を持つ、オーガニックスイーツとお茶の専門店「カドー ナチュール(Cadeau nature)」。大切な方へのギフトはできる限り身体によいものを、というコンセプトから、自然栽培・オーガニックにこだわった素材を使ったギフト商品を展開しています。

そんな「カドー ナチュール」からは、春の手土産にぴったりないちごのロールケーキが登場です。有機の卵、砂糖、小麦粉、牛乳を使い、ひとつひとつ丁寧に作りあげられています。いちごのバタークリームの中には、いちごのジャムが入っており、やさしい味わいのひと品です。

こちらは2021年5月31日(月)までの販売となります。

問い合わせ先

カドー ナチュール

■4:彩りに春を感じるいちご型マカロンや花をあしらったムース/アトリエ ドゥ ゴディバ

スイーツ_5,いちご_5,チョコレート_5,手土産_5,プレゼント_5
「苺のマカロン」¥680(税抜)

チョコレートブランド「ゴディバ」のコンセプトストア「アトリエ ドゥ ゴディバ(ATELIER de GODIVA)」からは、彩り鮮やかな春の商品が多数ラインナップされています。

見た目もいちごなキュートなマカロンは、2021年4月13日(火)までの期間限定商品。フレッシュないちごとコンポートが、マカロンの中に閉じ込められています。赤と白のいちご型で、おいしさだけでなく遊び心もあるひと品です。

スイーツ_6,いちご_6,チョコレート_6,手土産_6,プレゼント_6
「レモン&ムース プラリネ」テイクアウト ¥800、イートイン ¥1,000(いずれも税抜)

春限定のケーキ「レモン&ムース プラリネ」は、プラリネムースでやわらかな酸味のレモンカードを包み込んだひと品です。プラリネフィヤンティーヌの食感と香ばしさがアクセントになっています。

こちらは2021年5月25日(火)までの販売。ちなみに4月13日(火)までは、4〜5名向けのホールサイズ(¥4,000)も取り扱っています。

スイーツ_7,いちご_7,チョコレート_7,手土産_7,プレゼント_7
「フラワリング ホワイトチョコレート&抹茶」テイクアウト ¥780、イートイン ¥980(いずれも税抜)

また、2021年4月14日(水)〜5月25日(火)の期間限定で販売されるのが「フラワリング ホワイトチョコレート&抹茶」です。ホワイトチョコレートムースと抹茶のほろ苦さが絶妙なバランスで組み合わされたケーキに、春を感じさせるお花のデコレーションが素敵ですよね。

5月11日(火)までの期間中は、4〜5名向けのホールサイズ(¥4,000 税抜)も取り扱っています。

なお、「アトリエ ドゥ ゴディバ」の西武池袋本店と大丸京都店ではイートインも可能です。上質なフレッシュケーキに相性ぴったりのアイスを添えて、お好きなドリンクと一緒に楽しめるセットメニューにも注目ですよ。

問い合わせ先

アトリエ ドゥ ゴディバ

■5:桜のマカロンや甘酸っぱいいちごのタルト/パティスリー・サダハル・アオキ・パリ

スイーツ_8,いちご_8,チョコレート_8,手土産_8,プレゼント_8
左から「マカロン サクラ」¥324、「エクレール サクラ」¥561、「マドレーヌ サクラ」¥280(いずれも税込)

パリを拠点とし、世界から注目されているブランドである「パティスリー・サダハル・アオキ・パリ」からは、桜を使った“サクラスイーツ”が3種類と、甘酸っぱいいちごのスイーツが4種類登場しています。

その中のひとつ、「エクレール サクラ」は、毎年人気のサダハル・アオキの代表的な春の定番スイーツです。さくらんぼのお酒がふわりと香り、桜ペーストのほのかな塩気がこの季節ならではのおいしさを奏でます。

「エクレール サクラ」は丸の内店、東京ミッドタウン店、新宿伊勢丹店、渋谷ヒカリエShinQs東横のれん街店のみでの販売、「マカロン サクラ」と「マドレーヌ サクラ」は国内直営全6店舗での販売で、いずれも2021年4月22日(木)までの販売予定です。

スイーツ_9,いちご_9,チョコレート_9,手土産_9,プレゼント_9
左上および右下「タルト フレーズ シトロン」¥950、左中央「パラディ フレーズ」¥950、左下「チーズ ケーク フリュイ ルージュ」¥756、右上「フレジエ」¥928(いずれも税込)

また、いちごを使用したスイーツは全4種類。人気のピスタチオを使った「パラディ フレーズ」は、ピスタチオのコクといちごの酸味が、マカロンのさくっとした食感とともに口いっぱいに広がります。

「タルト フレーズ シトロン」は丸の内店、東京ミッドタウン店、新宿伊勢丹店、渋谷ヒカリエShinQs東横のれん街店、横浜髙島屋店にて2021年3月中旬までの販売、「チーズ ケーク フリュイ ルージュ」は国内直営全6店舗で3月下旬までの販売となっているため、在庫状況は各店にお問い合わせください。

また、「パラディ フレーズ」は丸の内店、東京ミッドタウン店、新宿伊勢丹店、渋谷ヒカリエShinQs東横のれん街店にて、「フレジエ」はこの4店舗に横浜髙島屋店が加わった全5店舗にて販売されています。こちらは2021年5月中旬までの販売を予定しています。

問い合わせ先

パティスリー・サダハル・アオキ・パリ


上質さと高級感の中に、春らしさを感じられる商品が並ぶ各店。ギフトだけでなく、自宅でのティータイムや自分へのご褒美にもぴったりな商品ばかりですよね。

ぜひ春の手土産スイーツで、より春らしい気分を味わってみてくださいね。

※新型コロナウイルスによる緊急事態宣言下では一部情報が変更となる可能性があります。公式HPなどでご確認ください。 
この記事の執筆者
フリーランスの編集者・ライター。システムエンジニア、プログラマ経験を経た後、2015年にフリーランスの編集者・ライターとして、大きく仕事を転向。その後、子育てメディアのコラム執筆や、グルメやスイーツ、ライフスタイルの記事執筆・編集を中心として活動している。二児の母。茨城県民。好きなもの:激辛の食べ物、麺類、インターネットとゲーム。苦手なものは虫。
Twitter へのリンク
EDIT :
小林麻美