ディオールの2018年クルーズ コレクションで注目を集めたのは、カラフルな糸で編まれた色とりどりのミサンガブレスレットでした。一時期日本でも爆発的に普及した「ミサンガ」という響きに、懐かしさを感じる人も多いのでは? 

ディオールからお守りブレスレットが登場

願いを込めて身に着けて、自然に切れたときにその願いが叶うとされているミサンガは、お守りとしてだけでなく、友達や恋人とおそろいで着けて思い出を共有するという楽しみ方もあります。

手元からハッピーを呼び込むディオールのミサンガ

今回、ディオールから登場したのは、ネイティブアメリカンのクラフツマンシップから着想を得たという独特な風合いのミサンガ。アーティスティック ディレクターであるマリア・グラツィア・キウリのデビューコレクションで登場した「CHRISTIAN DIOR J’ADIOR」のロゴが大胆に刻まれた、印象的なブレスレットは、2本セット、4バリエーションで発売を開始しました。

白とピンクベースのミサンガ(2本セット) ¥28,000(税抜)
オレンジとピンクベースのミサンガ(2本セット) ¥28,000(税抜)
水色とピンクベースのミサンガ(2本セット) ¥28,000(税抜)
ゴールドとピンクベースのミサンガ(2本セット) ¥28,000(税抜)
アレンジ次第で自分らしい着こなしへ

着けるだけで自信と勇気を与えてくれるお守りのような存在のミサンガは、重ね付けして個性的な手元を演出したり、大切な人とおそろいで着けてハッピーをシェアするなど、自分らしいセンスでアレンジを加えながら、幸運を手にしましょう!

問い合わせ先

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
EDIT&WRITING :
石原あや乃