2017年8月、リニューアルオープンしたヘルノ 青山店にて、11月10日(金)にカクテルパーティが行われました。リニューアル後にさらにパワーアップした青山店を、Precious.jp編集部がくまなくチェックしてきました!

ヘルノ(HERNO) 青山店の外観

ヘルノの世界観を堪能できるリビングエリア

ヘルノは1984年にイタリアはマジョーレ湖畔の小さな町に誕生した、ラグジュアリーアウターウェアブランド。職人の技を継承しながらも、近年はハイテク素材を用い、伝統と革新が融合した商品を多く世に送り出しています。

奥のリビングエリアにはソファや本棚、電子暖炉が

増床した青山店、店内に入るとまず入ると目に飛び込んでくるのが、フラノを使用したゆったりしたソファ。壁には本棚が置かれ、電気暖炉が暖かな雰囲気を醸し出しています。まるで家のなかにいるように、くつろいでショッピングを楽しめる空間となっています。

名品「ラミナー コレクション」がじっくり見られるコーナー

そして新しくお目見えしたのが、ヘルノの「ラミナー コレクション」専用コーナー。今ではダウンコートのイメージが根付いているヘルノですが、もともとはレインコートの製造販売からスタートしたブランド。そのルーツにつながる、ゴアテックス🄬などのハイテク素材を使用した、雨や風に強いラインが「ラミナー コレクション」なのです。

奥にはヘルノのキーでもある「水」が流れるウォーターフォールが

「ラミナー コレクション」のコーナーには、ウォーターフォールを配し、水に強いという高い機能性を想起させます。右側にウィメンズ、左側にメンズが配置され、パートナーと一緒にお買い物を楽しむことも。

人気ライン「ラミナー」が大充実

「たためるダウン」の先駆け、セッテデニール

店内で目を引いたのは、こちらの「セッテデニール」。セッテはイタリア語で「7」の意。セッテデニール=「7デニール」、つまり非常に細い糸を使用し、軽量であるということ。

ほかにはない艶やかな素材感とカラーも魅力のセッテデニール

驚くほど軽く、コンパクトになるパッカブルダウンながら、エレガントさも兼ね備えているのは、ヘルノならでは。

内側にある丸いポケットに収納できる仕様だから、収納袋がなくなることもない

今でこそ、パッカブルダウンはあちこちのメーカーから発売されていますが、長年愛され続けているヘルノのパッカブルダウンは、今でも進化を続けています。

イベント当日、入口すぐのところに並んでいたのは、ブランドのラグジュアリーな世界観を象徴した「シグネチャーコレクション」。贅沢な素材を用い、ブラックカラーをべ―スとしたモードクチュールコレクションですが、黒のみの展開と決まっています。ブラックのみだからこそ、クリエイテビティの無限を感じる、多彩なラインナップから目が離せません。

ラグジュアリーなコートが並ぶ、シグネチャーコレクション

ほかにも、キッズコーナーには、大人と同等のハイクオリティなコートがずらり。

大人とおそろいのものもある、キッズコレクション。こちらはガールコーナー

近頃はほかのブティックでも見かけることが多くなった、独自の「服を吊るす」ディスプレイも、ヘルノがずっと貫いてきたこだわりのひとつ。カラーストーリーごとに並べられたヘルノならではのユニークディスプレイで、好みのカラーを見つける楽しさも倍増!

確かに、センターを中心に左右対称にカラーが展開!

カクテルパーティーでは、特別にヘルノラベルの白ワインもお目見えしていました。

特別に用意されたヘルノラベルの白ワイン

今回のリニューアルで、よりラグジュアリーなブランドの世界観を。さらに堪能できる旗艦店となったヘルノ 青山店。伝統と革新を融合させながら進化を続けるヘルノの冬アウターをチェックしに、ぜひ足を運んでみてくださいね。

問い合わせ先

この記事の執筆者
TEXT :
Precious.jp編集部 
2017.11.11 更新
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
EDIT&WRITING :
安念美和子